仕事できる人の特徵とできる人になるためのヒントまとめ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事できる人の特徵とできる人になるためのヒントまとめ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事できる人、仕事できない人の違いは知的スキル、実行力、人間力があるかどうか
    ・仕事をはじめたてはできなくて当然。時間が経過しても仕事ができないと取り組み方を見直してみよう
    ・努力をしてもうまくいかないと感じる時は、仕事が向いていない可能性もある

仕事できる人=「社会性がある」「大人」「頼れる存在」…など、プラスの印象があります。実際に仕事ができる人にはどんな共通点があるのでしょうか?

◆仕事ができる人、できない人

企業は仕事をできる人材を探す時、どんな能力を求めているのでしょう。また、「できる」「できない」をどのように判断しているのでしょうか。それぞれの特徵を比較し、その違いについて考えていきます。

【仕事できる人】

・適宜人に仕事を振ることができる、また自身の許容範囲以上の仕事を引き受けない
・ホウレンソウ(報告,連絡,相談)を徹底している
・自身の目標、会社の目標を常に意識し、やるべきことを理解し細分化できる
・情報に対して敏感
・期限内に業務を終わらせられる
・レスポンスが早い(メール、電話など)
・正確に仕事の進捗管理ができる
・傲慢にならず自らを客観的に評価できる
・異なる意見に耳を傾けられる
・職場の人とのコミュニケーションが円滑
・質問力が高い
・ミスの原因を分析し失敗から学んでいる(時には人の失敗からも学ぶ)
・プライベートの仕事の切り替え上手(休日はリフレッシュし、仕事のストレスをためない

知的スキル・実行力・人間力が高い人ほど仕事ができる人だと思われるようです。仕事を行う上で知識は大切。業務を遂行するためには、知識やスキル、その仕事にマッチングする資格を持っているとより活躍の場は広がるでしょう。

次に、仕事ができない人の特徵を見ていきましょう。比較することで、できる人、できない人の違いが分かるかもしれません。自身に当てはまる点がないか、またはそうならないように気をつけるポイントを見ていきましょう。

【仕事できない人】

・計画的に仕事ができない、期限を意識して仕事をしない
・知ったかぶりをしてわからないことを質問しない
・同じミスを繰り返す
・メモを取らない、またはメモをとるが活用しない
・仕事に対する責任感や決断力がない
・仕事のゴールが何なのかを理解していない
・すぐに「できない」と口にする、言い訳が多い
・整理整頓ができない
・キャリアビジョンがない、曖昧
・仕事に対して受身、自分から動かない
・自己中心的で人の話を聞かない

仕事ができない人と思われる特徵は、できる人の特徵の真逆な印象を与えてしまう人のようです。その中でも特に仕事の期限を守らないことや時間のかかり方(ダラダラと作業をする)といった計画性の低さが「仕事ができない人」と思われがち。仕事をする上で時には「自分って、仕事できないなぁ」と落ち込んだり、歯がゆい思いをすることもあるでしょう。それでも、できないだけで終わらせず、原因や解決策を考えて行動していけば前に進めるキッカケは沢山あります。

◆「仕事ができる人」になるための第一歩

仕事ができないことで、思うような結果が残せないことへのストレスを感じたり、周囲からの冷たい態度や上司から怒られてばかりで仕事が嫌いになってしまったりすることもあるようです。
新しい仕事をスタートさせたばかりの頃はできなくて当然。ですが、時間が経つにつれ、できて当然のことややるべきこと、責任も増えて「仕事できない人」と思われ続けるようでは仕事に対するやりがいを感じなくなってしまうかもしれません。
そこで、仕事できる人になるために手軽に実践できるヒントをご紹介します。

【実践すると良いヒント】

・優先順位を決める(自身オリジナルの作業フロー)
・シミュレーションをする(先読みして行動できるようにする)
・机の上を整理整頓する(業務効率化につなげる)
・残業をやめる(労働時間と仕事の成果は比例しないので、優先順位をつけて計画的に)
・レスポンスを早くする(メールや頼まれごとなど)
・視野を広げる(落ち着いて周囲を俯瞰できる)
・完璧主義をやめる(柔軟性を持つ)
・基本的な挨拶をきちんとする(おはようございます、おつかれさま、感謝や謝罪)

◆仕事ができないのではなく向いていない可能性も?

仕事ができる人になれるよう、ひたむきに仕事と向き合ったところで、いつまで経っても能力がのびない、努力しているのに評価されなかったり、うまくいかなかったりすることも時にはあります。
それは、単に仕事ができないからという理由だけでしょうか?
好き/嫌い、得意/不得意があるように、仕事にも自身の力を発揮できる職種とそうでないものがあるかもしれません。

「この仕事、自分には合わないなぁ…」と思いながら仕事を続けることは、精神的な負担になることも。
無理して続けていても、やりがいや目標を見失ってしまっては働くことにネガティブになってしまいます。

そういった時には、一度環境を見直してみるのもいいかもしれません。

ハタラクティブでは就職のプロがあなたの専任となり、「これだ!」と思う仕事とのマッチングを行い、就職するまでをしっかりサポートします。
過去40,000人程のカウンセリング実績から、あなたに向いている業種や職種を教えてくれる!新天地では力を発揮できるかも?

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ