転職の前に!円満退社をするためのテクニックをチェック

転職の前に!円満退社をするためのテクニックをチェックの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職の際に気にしておきたいのが現在の勤務先をどう円満退社するか

    ・円満退社を実現するには、最初に直属の上司に相談する、繁忙期は避けるなどいくつか注意しなければいけないポイントがある

    ・退職が認められたら改めて退職願を提出し、退職日までに引継ぎの準備と、できれば転職活動もできれば進めておく

転職を考えるときは、再就職先とあわせて、今の会社をどう辞めるのかが大きな問題です。退職の仕方に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。できれば円満退社をして、気持ち良く次の会社でスタートしたいところです。トラブルなく退職することは、社会人としてのケジメといっても良いでしょう。円満退社をするにはただ退職願を出せばいいだけではなく、いくつか注意しなければいけないポイントもあります。後任者への引き継ぎも必要です。スムーズな転職のためにクリアしておきたい、円満退社をするためのコツを紹介しましょう。

◆円満退社をするうえで大切なこと

円満退社のためには、いきなり会社に退職願を出すというのはおすすめしません。まず、会社を辞めるという意思表示をする必要があります。そのためにも自分の中の退職への意思を筋道立てて整理し確認しておきましょう。
自分の中の思いを上司などのまわりの人に理解してもらうためにも、それは大変重要なプロセスです。また、退職後に転職活動をするならば、当面の生活費を確保しておく必要があります。

退職するタイミングも大事です。どんなに周囲に気を配ったとしても、退職には後任の準備や各種手続きなどさまざまな業務が発生します。繁忙期の退社はやはり歓迎されません。できるだけ会社が忙しくなる時期は避けるようにしましょう。また、就業規則を確認してしかるべき時期までには会社に報告するようにしたいところですが、もし規則にないならば1ヶ月半から2ヶ月前を目安に申告するようにしてください。

◆退職を告げる

退職の話を最初に切り出す相手は、必ず直属の上司にしましょう。直属の上司を飛び越えて話してしまうと、上司の管理能力を問われかねません。軽い気持ちで同僚に話して、そこから上司の耳に入るというのも何かとトラブルの原因になります。社内の人に相談を持ち掛ける場合は、最初に直属の上司に告げるようにしてください。

直属の上司は相談を受けると、後任をどうするか、退職時期に問題はないかといったことを社長や部長などと話し合って方針を決定するはずです。そこで初めて退職が正式に認められ、社内告知も行われる運びになるでしょう。無用の混乱を避けるためにも、正式に発表されるまでは同僚や先輩などに相談するのも控えておくことをおすすめします。

また、退社理由としては、本音は会社への不満だったとしても個人的な理由にしておくことが円満退社のコツです。
不満を告げると改善策を持ちかけられる可能性もあり、かえって辞めにくくなってしまうことも多々あります。「やりたい仕事が他にある」「キャリアアップしたい」というような前向きかつ誰もが納得できる理由を用意しておくようにしてください。

◆退職までの流れ

退職が正式に認められたら、あらためて退職願を退職日の2周間前までを目安に直属の上司に手渡しするようにしましょう。税金、年金、健康保険、雇用保険などの退職に伴う公的手続きもこの頃から概要を確認しておくようにしてください。

退職日までに引き継ぎを完了させるためには、リスト化した「引き継ぎノート」を作成して、何をいつまでに行うのかスケジュールを立てることをおすすめします。業務の内容、目的、フローなどをまとめて後任者と作業をしながら確認できれば理想的です。作業リスト、関係者リスト、トラブル事例リストなどもあれば、後任者も仕事の全体像を把握しやすくなるのではないでしょうか。

後任者、上司とともに取引先や各部署に挨拶に伺う必要がある場合もあるでしょう。自分が退職した後も業務が滞りなく進むことを取引先に説明して、心配をかけないようにすることも社会人には必要なマナーです。

◆会社に返却するもの・受け取るものの確認

・返却するもの

退職する際には制服、名刺、健康保険証、身分証明書、社章、備品などを返却するようにしましょう。注意しなくてはいけないのが、身の回りの備品の整理です。情報の持ち出し、取引先から受け取った名刺のコピーなどは厳禁です。自分が使っていたパソコンデータも、整理して必要に応じて削除するようにしましょう。

・受け取るもの

年金手帳、雇用保険被保険者証、退職日から1ヶ月以内の源泉徴収票など、いくつか会社から受け取っておかなければいけないものもあるため、もらい忘れることのないようにしてください。退職後に転職先を探すならば、被保険者資格喪失証明書も必要です。退職当日は経費精算、各種手続きなどもあるので早めに出勤するように心がけましょう。

 

円満退社をしてなおかつ次の会社をスムーズに見つけたいとお考えの方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代の若い既卒・フリーター・第二新卒の方のための就職・転職支援サービスです。厚生労働省からも、優良職業紹介事業者としての認定を受けています。就職・転職アドバイザーから、豊富なノウハウを活かしたアドバイスをさせていただきます。事前のカウンセリングで円満退社への道と希望通りの転職を強力にバックアップ。現在の人脈を活かし、次の会社でも思う存分活躍できるような理想的な転職をして、素敵な未来を切り開きましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION