新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で大失敗したらどうする?気持ちの切り替えと改善の方法

仕事で大失敗したらどうする?気持ちの切り替えと改善の方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・誤発注、営業車での事故、重要書類の紛失、取引先を激怒させる発言など、ミスの種類はさまざま
    ・大失敗に対して落ち込んだあとは反省や改善が必要
    ・ミスをしてしまったときは誠意ある謝罪対応を心がけよう
    ・ミスが頻発する場合は仕事の適性を考えて転職も検討しよう

仕事中、会社に対して大きな損失を与える大失敗を経験したことがある人もいると思います。
ここでは、ミスの事例と対策についてまとめてみました。仕事でミスが多く、改善したいとお考えの方はぜひお役立てください。

◆仕事の大失敗にはこんな例がある

仕事中のミスにはどのようなものがあるでしょうか。ここでは、よくあるミスの事例をご紹介します。

・誤発注

誤って商品や部品を大量に仕入れてしまうケースです。
たとえば、生鮮食品を誤発注してしまうと期限までに売り切れず、大赤字になってしまいます。発注伝票への記入ミスが原因となり、仕入れ価格で大損失を生み出してしまう事例です。

・営業車での事故

営業車を運転中、自損または他の自動車や人を巻き込んだ交通事故を起こす可能性もあります。
営業担当者にとって、交通ルールを守って事故を起こさないことは前提です。
自動車の修理金額も相当なものですが、事故を起こした相手への損害賠償やご自身のケガなど、さまざまな損失が生まれてしまう大失敗と言えます。

・重要書類の紛失

取引先との契約書や機密レベルの高い案件の企画書など、重要書類を紛失してしまう失敗例です。
紛失を理由に相手方に契約書の再発行を求めることもできなかったり、競合他社に知られると困る企画書を外出中に落としてしまったりすると、会社にとって大きな損害になってしまいます。

・不用意な発言で取引先が激怒

相手にとって失礼な発言をしたことがきっかけで、取引先が激怒してしまうケースも少なくありません。
たとえば、取引先の担当者本人のコンプレックスに触れてしまったり、取引先のライバル会社を褒めるような内容を話したりといった具合です。

◆大失敗の後、気持ちを立て直す方法

ここまでご紹介したような大失敗をした後、落ち込んでしまうのは仕方ありません。

しかし、いつまでもその気持ちを引きずり続けてしまうと仕事にも影響が出てしまいます。気持ちを切り替える考え方について見てみましょう。

・「失敗は誰にでもある」と考える

大失敗に限らず、多くの人は大なり小なりミスを犯しながら成長します。
ミスに対してあなたのことを叱る上司や先輩も、仕事上のミスを犯した経験者です。
大切なことは、ミスを犯してしまった事実よりも、いかにして同じ過ちを繰り返さないように対処するかだと言えます。自分だけが特別な大失敗を犯してしまったと考えないようにしましょう。

・自分を責めても何も生まれない

自分を責めることに気持ちを向けても何も生まれません。ミスを受けたら改善策を考えるほうがよほど生産的です。
当然、会社その他迷惑を掛けた人に対する謝罪は必要ですが、相手もただ自分を責めるだけのあなたを求めていないことは理解しておきましょう。

・長期的な視点に立とう

大失敗に直面している瞬間は自責の念に駆られるものです。しかし、長期的な視点から考えてみると、そのミスはあなた自身の成長につながるものだと思います。
ミスに対する反省を行い、次はどうするのが最善かを考えるとよいでしょう。

◆ミスをした後にすべきことは?

ミスをしてしまったとき、社会人ならすべきことがあります。ここでは、大失敗のあとにやるべきことを見てみましょう。

・関係者に対する誠実な謝罪をする

まずはミスによって迷惑を掛けた相手に謝罪しましょう。
会社の人間はもちろんですが、交通事故ならケガをさせた相手、取引先を怒らせたなら相手の担当者など、迷惑を掛けた人が存在すると思います。
言い訳や責任転嫁をせず、自分の責任であるとして誠実な謝罪を心がけるようにしてください。

・ミスの原因を分析する

なぜ今回のミスが起きたかを分析することは大切です。
交通事故が起きたり取引先を怒らせたりしたときは理由があります。
自分の言動や行動にどのような問題があったかを考え、上司や同僚に相談しながら改善策を考えるようにしましょう。

・自分の仕事のやり方を見直す

ミスが起きたとき、相手に問題があるとしても自分にも非はあったはずです。
特に、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)が行われなかったことに起因するミスは少なくありません。
適切にこれらができていたかを見つめなおし、今後の仕事のやり方を変えていきましょう。

・職場の人間関係を見直す

職場の人間関係をうまく構築できている人は、ミスが起きたときに周りのフォローが受けられます。
人間関係づくりのコツは、日ごろから他の人のミスをフォローできるかどうかです。
ミスが起きたときだけのために人間関係を構築するものではありませんが、ちょっとした普段の心がけの差で自分が大失敗を犯したあとのリカバリーに回ってくれる人も増えるでしょう。

・ミスの原因と仕事の適性を考える

ミスを繰り返してしまう場合、もしかしたら自分がその仕事と合っていないかもしれません。
改善案を考えることも必要ですが、どうしてもミスを頻発してしまう場合は転職も視野に入れるとよいでしょう。


新人にミスはつきものです。しかし、働き始めてからしばらく経ってもミスが減らない場合は、仕事が合っていないことが原因かもしれません。

ハタラクティブは高卒や第二新卒、既卒、フリーターの就職・転職支援サービス。プロのアドバイザーが、退職前の相談や面接対策、面接日時の調整などのサポートをマンツーマン体制で行っています。

ご利用はすべて無料のため、転職を考えている方はぜひハタラクティブへご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ