自己PRと長所の違いって何?魅力的な伝え方と注意点も解説

面接での自己PRと長所の違いを教えてください。
面接で自己PRと長所について聞かれた時、どちらも同じような内容を伝えてしまいました。面接の練習をしていても、この2つの質問について違いが分からず、言葉に詰まってしまいます。自己PRと長所に違いはあるのでしょうか。

自己PRと長所はどちらも、ご自身の良いところを伝える、アピールするという点では同じなのですが、内容はそれぞれ異なります。自己PRは仕事をする上での強み、長所は人柄、という認識で回答内容を考えるとスムーズではないでしょうか。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

自己PRと長所の違いって何?魅力的な伝え方と注意点も解説

面接で聞かれる自己PRと長所の違いがよく分からないという人は多いのではないでしょうか?
自己PRは仕事上での強みを、長所は人柄を指します。それぞれの言葉の意味を正しく理解しておくことで、企業に効果的にアピールできるでしょう。
このコラムでは、自己PRと長所の違いについて詳しく解説。質問の狙いを正しく把握し、面接官に好印象を与えられる回答を心掛けましょう。

自己PRと長所の違い

 

自己PRは「仕事をするうえでの強み」、長所は「人柄」と捉えると分かりやすいでしょう。
加えて、それぞれの回答から企業側が何を知りたいのかについても理解しておくと、さらに回答がイメージしやすくなるのでおすすめです。
一般的な企業は、自己PRから「具体的にどのような形で貢献してくれるのか」、長所から「社風に合う人物像か」を判断しています。それぞれの違いや企業側が知りたいことを踏まえたうえで回答内容を考えてみましょう。
具体的な考え方について、以下で詳しく解説していきます。

自己PR

自己PRは、仕事における自分の強み、つまり、ほかの人よりも得意なことを考えてみると良いでしょう。これまで経験したことのある仕事の中から、具体的なエピソードを交えて考えると自然です。その結果、どのような実績を出したのかも加えられると、説得力のある自己PRになります。
売上や達成率など、数字で表すことができない実績でもこれだけミスが減った、これだけ作業効率が上がったという話も好印象に繋げる要素の一つです。
自分の経験を振り返って、些細なことでも自己PRに繋がるような体験がなかったか洗い出してみましょう。
自己PRを考える方法については「自己PRで面接官の心を掴もう!新卒向けに構成作りのコツや例文を紹介」のコラムでもご紹介しています。

長所

長所は、人柄を聞かれているので、性格上の魅力や自信のある点をベースに考えます。どのような人物なのか相手がイメージしやすいような情報を盛り込みましょう。
なかなか自分では分からないときは、友人や家族から「あなたの長所は○○」「あなたは○○な性格」と言われた経験がないか振り返ってみてください。たとえば、明るい、素直、真面目などといった人柄は好まれやすいようです。
面接での長所の伝え方については「例文あり!面接で使える!自分の長所の探し方と伝え方」のコラムでもご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

面接の際に企業が重要視している4つのポイント

面接の際に企業が重要視しているポイントは、「これまでの経験やスキル」「自社の企業風土にマッチしているか」などです。ほかにも、以下のようなポイントを重視しています。

1.自社で応募者がどう貢献できるか

まずチェックされるのは、応募者が自社でどのように貢献できるかという点です。業種や扱う商品、接客業か否かによって、求められる能力や適性は全く異なります。自社内のどのような部分で活躍できるか、面接を通してチェックしているのでしょう。

2.応募者の経験やスキル

高校や大学、専門学校時代に部活動やアルバイトなどでどのような経験をしてきたかが重視されます。転職者の場合は前職時代にどんな役職でどのような仕事をしてきたかも重要視されるようです。志望している企業と同じ業界で働いた経験があったり、専門的な資格やスキルを持っていたりする人は高い評価を受けられる可能性があります。

3.自社の企業風土にマッチしているか

経営者や社員の学歴、年齢構成、職種によって企業の雰囲気は全く異なります。雰囲気に合わない人を採用して輪を乱すようでは企業にとってもマイナスとなるため、企業風土にマッチするかどうかも重要視されるポイントです。

4.長く働き続けてくれるのか

せっかく採用し時間をかけて教育しても、すぐに退職されてしまうと、企業にとっては大きな損失です。そのため、企業は長く働き続ける考えがあるかどうかを面接で確認します。

面接官が面接で重視しているポイントについては「面接官のチェックポイントを理解しよう!これで就活も怖くない!」でも詳しくご紹介しているので、あわせてチェックしてみましょう。

自己PRや長所をアピールする際の11個のポイント

日常生活の中で自己PRや長所を話す場面は多くなく、面接でどう話したら良いか不安を抱く人もいるでしょう。しかし、ポイントを掴めば難しいことではありません。ここでは、自己PRや長所をアピールする際の11個のポイントを紹介します。

1.長所と短所は一貫性を持たせる

自分が短所だと思っているところでも、捉え方によっては長所になります。たとえば、真面目過ぎて融通が利かない性格は、粘り強く最後まで仕事に取り組める性格と言い換えられるでしょう。このように長所と短所に一貫性を持たせることで、よりアピールしやすくなります。

2.自己PRと長所で同じエピソードは話さない

自己PRと長所を別の質問として聞かれているのに、1つのエピソードを使い回すと、人事担当者に「あまりエピソードがないのだな」と思われてしまいます。学校生活や部活動、職場、友人関係などあらゆる場面のエピソードを掘り起こして、重複しないようにしましょう。

3.長所をたくさん盛り込み過ぎない

性格上の魅力を聞かれているとはいえ、いくつも長所を挙げると過剰なアピールと受け取られる可能性があり、結局何が言いたかったのか印象に残らない可能性があります。友人や家族から褒められた点を掘り下げて、コンパクトにまとめるようにした方が効果的なアピールになるでしょう。

4.企業が見ているポイントに沿わない内容は話さない

「面接の際に企業が重要視している4つのポイント」で紹介したポイントに沿わない内容をどれだけ話しても、採用にはつながりにくいです。そのため、企業のホームページや求人広告を見て、どんなタイプの人物を求めているか確認しましょう。企業が重視しているポイントを理解し、しっかりアピールできる自己PRや長所を練り上げることが必要です。

5.内容に具体性を持たせる

面接の際、自己PRや長所として「どんな業務でも頑張れる性格です」と抽象的な話をしても、具体的なエピソードがないと人事担当者も判断できません。その裏付けとなるエピソードを用意することで、どういう人物なのか想像しやすくなり、印象に残りやすくなります

6.模擬面接をして十分に練習をしておく

人の目を見て自分の考えを話した経験が少ないと、面接自体に緊張してしまって、本番でうまく話せなくなる可能性も。模擬面接で十分に練習し、雰囲気に慣れておく必要があります。

7.丸暗記は避けてキーワードだけ覚えておく

面接で話す内容を丸暗記して話そうとすると、棒読みになりやすく感情も伝わりづらくなります。また、一つの単語を忘れたり、面接官から想定外の質問をされたりすることで頭の中が真っ白になり、うまく話せなくなることも多いです。
絶対に外せないキーワードや要点だけ覚えておいて、その場で組み合わせてアピールしましょう

8.内容に矛盾点がないかを確認する

企業の採用担当者は一緒に働くことになるのはどんな人か、やりたい仕事はどんなことか、どんな仕事が得意なのか質問から探ろうとしています。仮に嘘をついて取り繕っても、矛盾していればそこを厳しく指摘され、「何をやりたいか分からない人」と評価されてしまうことも。面接の前にどんな回答をするかシミュレーションし、矛盾点がないかチェックするようにしましょう。

9.自己PRでは自分の強みを伝える

自己PRでは、仕事における自分の強みをアピールしましょう。部活動や生徒会などで担った役職、アルバイトや前職などで任された仕事を振り返り、うまく行ったエピソードを挙げて「自分が入れば会社の役に立てる」ということを知ってもらうことが大事です。

10.長所では自分の人柄を伝える

自分の長所を聞かれたら、人柄を聞かれていると判断して、性格面での魅力や自信があるところを伝えましょう。家族や友人から性格について言われたことを思い出して、長所に言い換えられないかどうか、それを裏付ける具体的なエピソードはないか、事前に考えておく必要があります。

11.自己PRや長所は長い間頑張ったことをアピールする

自己PRを伝えるときや長所をアピールする際には、長い間頑張ってきたことを話すように心掛けましょう。「アルバイトを3年間休まず続けて責任感が身についた」のようにコツコツと継続してきたエピソードを加えること説得力も増し、関心を持ってもらえる可能性も上がるはずです。

自己PRや長所を魅力的に伝えるための構成

自分の強みや長所を分かりやすく伝えるには、構成の仕方にポイントがあります。基本的には、以下のような形で回答内容を構成してみるのがおすすめです。

・結論:「私の強み(長所)は~です」
・根拠:「~という経験を通して自分の強み(長所)を実感(発揮)しました」
・課題:「その際、~という課題がありました」
・行動:「課題をクリアするために~を実践しました」
・結果:「実践した行動によって~という結果になりました」
・貢献:「この強み(長所)を活かし、~という形で御社に貢献できたらと考えています」

構成で意識したいのは、具体性と論理性。つまり、回答内容にオリジナリティーのある情報が盛り込まれているか、順序立てて説明できているかという点が大切です。
伝わりづらい例でよくあるのが、結論を最後に持ってくるもの。相手が一番知りたい結論に辿り着くまでが長く、情報が読み取りづらくなってしまいます。
自己PRや長所に限らず、相手に何かを伝えるときは、上記の項目と順序を意識するクセをつけると良いでしょう。

自己PRと長所の違いを知って魅力的に伝えよう

自己PRと長所の違いを知っておくことで、企業からの質問の狙いを正しく把握し、魅力的に伝えられるようになります。採用担当者によってもタイプが異なるので、1つの模擬回答に頼るのではなく、複数の引き出しから回答を選んで答えられるよう面接練習を重ね、慣れておくようにしましょう。

面接がうまく進められなかったり、疑問が生じたりした場合は第三者の意見を聞くことも効果的。第三者の意見を聞きたいなら、就職エージェントの活用がおすすめです。
就職エージェントのハタラクティブでは、若年層を中心に就職活動を手厚くサポート。プロのアドバイザーがあなたの長所を活かせる仕事をご紹介します。面接対策や書類の添削なども行っているので、1人での就活に不安を感じている方にもおすすめ。サービスの利用は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION