試用期間中は社会保険に入れるの?知っておきたい注意点

試用期間中は社会保険に入れるの?知っておきたい注意点の画像

この記事のまとめ

  • 試用期間とは、企業側が従業員の正式な採用を検討するための期間のこと
  • 正社員として採用されている場合は、試用期間中であっても社会保険に加入する
  • 申請に時間がかかるという理由から、「試用期間中は社会保険に加入できない」と告げる企業も
  • 未加入であることがわかったときは、会社へ手続き依頼をするか年金事務所へ相談しよう
  • 「会社選びに不安がある」という人は、エージェントの活用がおすすめ

「試用期間中、社会保険に加入できるか知りたい」という方はいませんか?
このコラムでは、試用期間が設けられている理由や信頼できる就職先を選ぶためのポイントなどをご紹介。興味のある方は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆試用期間が設けられている理由

試用期間とは、企業側が正式な採用を検討するための期間のこと。従業員の適性や勤務態度を見極めるために試用期間が設けられています。
期間の長さの法的な定めはありませんが、1~6ヶ月が一般的です。

試用期間中の給与は、本採用後と同額を支給する会社もあれば、本採用後の賃金より低く設定する企業も。1時間あたりの賃金が最低賃金以上であれば、試用期間中の給与は会社が自由に設定できます。

試用期間は会社側が従業員の適性を判断する期間となりますが、大きなトラブルが生じない限り、試用期間中に解雇されるケースは少ないようです。

ただし、遅刻が多いときや不真面目な態度の場合は、解雇される可能性も。試用期間中も責任を持って仕事に取り組み、会社から信頼を得られるように行動しましょう。

◆試用期間中は社会保険に入れる?

試用期間中は、本採用後と異なる給与を支給する会社があるため、社会保険に関しても加入できるか不安に思う人がいるかもしれません。

正社員として採用された場合は、試用期間中であっても社会保険への加入が法律で義務付けられています。

社会保険が適用される社員について、会社は加入手続きをすることが必要。
しかし、「試用期間中に辞められた場合、手続きに時間がかかる」という理由から、「試用期間中は社会保険に加入できない」と従業員に告げる企業もあるのが現状です。

正社員として採用されているにも関わらず社会保険に未加入である場合は、早めに会社へ手続き依頼をしましょう。もし会社に話しづらい場合や対応してもらえないときは、年金事務所に相談するのも1つの方法です。

トラブルに巻き込まれて被害に遭うことのないよう、上記の内容をしっかり覚えておきましょう。

◆信頼できる就職先を探すなら…

就職・転職活動をしている人の中には、「試用期間中の待遇がよくわからない」「企業の情報収集に不安がある」という方がいるかもしれません。
高いモチベーションで仕事に取り組めるよう、企業を選ぶ際は業務内容や勤務条件、労働環境などをしっかり確認した上で選択することが大切です。

「転職活動は初めて」「一人で就活するのは不安」という場合は、エージェントの活用がおすすめです。

エージェントを活用することで、求人サイトだけではわからない企業の詳細情報を知ることができ、就職・転職に対する不安を解消できるかもしれません。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。
経験豊富な就職・転職アドバイザーが、「未経験歓迎」の求人を含め、厳選した1000件以上のお仕事からあなたにぴったりの求人をご紹介します。

当サービスは、カウンセリングで長所や適性を見出し、マンツーマン体制で応募書類の添削や面接対策などのサポートを行うのが特徴です。

ご利用はすべて無料のため、「自分に合う求人が見つかるか不安」という方は気軽にご相談ください!

関連タグ