PCスキルって何?就職で見られるスキルのホントのところ

PCスキルって何?就職で見られるスキルのホントのところの画像

フリーターから正社員を目指して就職活動をする時に、何を身につけておけばよいでしょうか。就職先によっては、フリーターの期間で身につけたPCスキルが役に立つかもしれません。 実際に、一般的な企業で求められているPCスキルについてまとめてみました。必要なスキルを見極めて、フリーターから正社員を目指しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

メールソフト

今はどの職場でもパソコンを使っているといっても過言ではありません。そのため、就職する際に、志望者のPCスキルをチェックする企業が多いようです。
プログラマーやシステムエンジニアなどのIT関係の職種の場合は、プログラミングなどの高い情報処理スキルが求められます。IT関係の職種でない場合は、そのような高度なPCスキルは求められませんが、PCの基本操作を行えることは必須であることが多いです。

業務を行ううえで、メールを情報伝達の手段として日常的に使用している企業は少なくありません。
業務の指示、結果の報告、会議の招集など、その用途は様々です。そのため、採用にあたり、メールを使えることを最低限の条件であると考えている企業も多いです。
メールをやりとりするには、タイピングのスキルが必要になります。ある程度のスピードでタイピングができないとメールを書くのに時間がかかってしまいます。
最近では、ほとんどの職場や家庭でPCが使用されているため、フリーターの方もメールを使用したことがある人は多いでしょう。
フリーターの期間中に、タイピングの速度について意識してみるのも良いかもしれません。

文書作成ソフト

企業で働いていると、業務報告書や配布資料の作成を行う機会が多いです。それらの文書を作成するときは、文書作成ソフトを使用することになります。
よく用いられている文書作成ソフトは、Microsoft Office製品の中のMicrosoft Word です。
家庭で使用するPCにもプリインストールされていることが多いため、使用経験がある人は多いでしょう。
文書を作成するには、メールと同様にタイピングのスキルが必要になります。また、それだけでなく、書式の変更や画像の挿入など、文書作成に必要な操作を行える必要があります。

作成した文書は多くの人に読まれたり、セールスのための資料として用いられたりすることも少なくないです。
そのため、読みやすく説得力のある文章を考える能力も必要になります。
しかし、いくら文章を考える能力が高くても、ソフトの操作スキルが十分でなければ、意図通りの文章を作成することは困難になってしまいます。
文書作成が必要な職場は多いですし、完成度の高い文書を作成できる社員は貴重なので、就職の際に文書作成ソフトの操作スキルをチェックされる可能性は高いです。このスキルを身につけておけば、フリーターからの就職活動で大きなポイントになりうるかもしれません。

プレゼンテーションソフト

企業ではプレゼンテーションを行う機会が非常に多いです。複数の部署間で行われる会議や同じグループ内でのミーティングなど、その規模は様々です。
近年では、TV会議システムを用いて遠隔地の人に対してプレゼンテーションを行うケースも増えています。
プレゼンテーションでは資料をプロジェクターで投影したり、大きなモニタに映したりすることで、大勢で見られるようにするのが一般的です。
資料はワープロソフトなどで作成することもありますが、多くの場合はプレゼンテーションソフトで作成することになります。

よく使用されるプレゼンテーションソフトはMicrosoft Office製品の中のMicrosoft PowerPointです。文章だけでなく、アニメーションなどの視覚的効果を用いることが可能で、上手く使えば、聞き手に情報を効果的に伝えられます。
就職後にプレゼンテーションの機会がある企業が多いため、就職の際に使用経験について問われることは少なくありません。
フリーターの方でも、学生時代に発表やイベントで使用したことがある人は多いのではないでしょうか。

フリーターから正社員を目指すなら、就職支援のハタラクティブがおすすめです。数多くのフリーターの就職活動を支援してきた専任のキャリアアドバイザーが、マンツーマン体制であなたの就職をサポートさせていただきます。
フリーター向けの求人を多数ご用意してお待ちしています。

この記事に関連するタグ