自己PRで「努力家」をアピールするには?

自己PRで「努力家」をアピールするには?の画像

この記事のまとめ

  • 「努力家」を自己PRに入れるのならば、具体性のあるエピソードを盛り込む
  • 努力家には色々なタイプがあるので、自己PRを通じてどのタイプなのかを伝えよう
  • 「努力家」を自己PRに使う場合、その結果とその経験で何を学んだかを伝える
  • 「努力家」を自己PRで使うならば、必ずしも成功体験でなくて良い

履歴書やエントリーシートで設けられていることが多い「自己PR」。その中で「努力家」であることをアピールしようと考える人は多いでしょう。努力家をアピールするには、どのような努力をしてきたのかを具体的に説明する必要があります。このコラムでは、「努力家」であることを面接でアピールするための方法をご紹介。このコラムで、努力家であることをしっかり伝えるためには、どんなことを意識したら良いか知りましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

自己PRで「努力家」をアピールするには

「努力」という言葉はとても抽象的です。採用担当者にうまく伝えるには、どのような努力をどれくらいの期間継続して行ったのか、具体的に説明する必要があります。
採用担当者は、その応募者が企業でしっかり活躍できるイメージが持てるかを重視しているようです。

同じ努力家でも、短期集中型、長期的に努力していくタイプの2つに大きく分けることができます。
どちらも責任感の強さをアピールできますが、それぞれの特徴によって表現を変化させることで、効果的にアピールすることができるでしょう。

短期型

妥協することなく短期間で集中して取り組む姿勢は、社会人として評価されるでしょう。
特に、臨機応変な対応やスピード感を求められるIT業界などでは、短期間で努力して成果を上げられる人材が評価される傾向にあります。
エピソード部分のみ例文をご紹介します。下記内容を参考に自己PRを作成してみてください。
まずは短期型の例からご紹介します。

<例>
「クライアントから依頼された内容は、期限がとても厳しいものでした。しかし○○といったことに力を入れ、結果として納期までに余裕を持って完了することができ、クライアントにとても感謝してもらえました。この経験を通じて最後まで諦めない姿勢を持ち続けることは大切だと考えています。」

長期型

小さな目標でもコツコツと地道に努力していける人も、社会において評価されます。
物事を計画的に進めることができ、困難や問題にぶつかったとしても諦めずに努力していけるタイプだと考えられるでしょう。
次は、長期型のエピソードについてご紹介します。

<例>
「○○の資格取得を目標に、毎日○○の勉強をしてきました。資格取得をするために、中間目標をいくつか設定し、1つずつ達成していくごとに楽しみを持って取り組むことができました。結果としては不合格となってしまいましたが、現在も諦めることなく、また目標を立てて毎日勉強しています。」

努力した期間も大切ですが、努力の「質」も重要となります。
次のような内容を参考にして、自分がどんなジャンルの努力家なのかを掘り下げていきましょう。

・明確な目標に向かってコツコツ努力する
・ポジティブ思考で努力していける
・自分のためより他人のために努力できる
・ハングリー精神を持って努力している

「努力家」をアピールしたいときの注意点は、精神論で終わらせないようにすることです。
ただ「一生懸命努力しました」と述べても、それは仕事をする上で当たり前と思われる可能性が高いでしょう。

採用担当者は、入社後のポテンシャルがあるかを見極めています。そのため、ただ必死に努力するだけでなく、何に対してどのような努力ができるのか、そしてどのような成果を出せたのか、そのプロセスから結果までしっかり説明できる必要があります。
ただ努力した事実だけでなく、その努力からどのような結果が生まれ、何を得たのかを、具体的なエピソードを用いて伝えるようにしましょう。

自分の長所を伝える方法は「長所と短所の伝え方を詳しく解説!面接で採用されるポイントを紹介!」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせてご覧ください。

「努力家」では自己PR時に実績は必要?

「努力の結果、目標とする成果を実現できる」ことがもちろんベスト。しかし「努力」をしたとしても、必ずしも成果が出るわけではありません。
採用担当者は、努力から生まれた実績そのものより、努力のプロセスからその結果までの全体を見て評価しています。
そのため、特別な実績がないからといってただ努力した事実だけを述べるより、そこから何を学び、次にどう活かせるのかを伝えられるかがポイントです。

ただし、ビジネスでは結果がすべてと考える人は少なくありません。もし結果にうまく結びつけられなかった場合、必ず成長して次に貢献できることを強調するようにしましょう。そしてそれを裏付ける具体的なエピソードを伝えることが大切です。

「努力家」はどう言い換えられる?

自分では努力しているつもりでも、もっと頑張っている人がいたり、人から見たら努力していないように思われたりすることもあります。
また、ただ単に「努力家」であることを伝えても、ほかの応募者に埋もれてしまう可能性があります。そのため、ほかの応募者と差別化できるような「自分らしい強み」を伝えられると良いでしょう。
努力家の具体的な言い換え例は以下のとおりです。

・「私の強みは、チャレンジ精神が強く何ごとにも努力し続けられることです。」
・「私の取り柄は、忍耐強く継続力があることです。」
・「私は、大きな目標に対しても地道に取り組むことができます。」 など

まずは自分の言葉で結論を述べ、そこから裏付けるエピソードを書いていくといいでしょう。
努力家であることをアピールするには、どういった状況で、どんな風に取り組んできたか具体的に表現していくことが重要です。
言い換えの例はあくまでもイメージするための参考として考えましょう。自分らしさを表現するには、一から自分の言葉で考えることが大切です。

自分の長所を伝える方法については「長所は短所に言い換えられるものを選ぼう!自己PRとの違いや書き方例も」や「長所を見つける簡単な方法とは?自分のアピールポイントを理解しよう」のコラムで紹介していますので、参考にしてみてください。

自己PRの書き方に不安がある方は、ハタラクティブの利用がおすすめです。
一人ひとりに就活アドバイザーがヒアリングを行い、応募書類の書き方の指導や添削、面接の指導も行っています。
就職活動で不安がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ