新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職したい…!会社が退職を引き止める理由とは

転職したい…!会社が退職を引き止める理由とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・上司が社員の退職を引き止める理由は、人手不足による負担、タイミングの問題、転職が本人のためにならないという真剣なアドバイスなど
    ・引き止めを防ぐには、繁忙期を避ける、相談の形で退職の時期を打診する、などのポイントを押さえて会社への負担を少なくすることが大切
    ・よくある引き止めのパターンは、労働条件や待遇の改善を持ちかけられる、必要な人材だと言われる、賠償させるといった脅しなど
    ・引き止めには安易に応じず、自分がなぜ退職を決めたのか、転職する必要があるのかをしっかり確認しよう
    ・退職時期を延ばして欲しいなどの相談には、可能な範囲で対応して円満退職を目指そう
    ・一人での転職活動が不安な場合は、プロに相談するのも有効な手段

「会社から強く引き止められたら断りきれないかも…と不安で、なかなか転職に踏み切れない」という方はいませんか?
こちらのコラムでは、企業が社員の退職を慰留するいくつかの理由と、引き止めにあった時の対処法を解説。ポイントを押さえて円満退職を目指しましょう。

◆会社はなぜ引き止めてくるか

企業が社員の退職を引き止めるのには、以下のような理由が挙げられます。

・人手不足で困るから

従業員が少ない会社や、社員一人ひとりの仕事量が多い企業の場合、従業員一人が辞めることによって周囲に負担がかかったり、後任を探さなければならなかったりするため、引き止めにあう確率は高いでしょう。

・タイミングが悪いから

退職を希望する時期が繁忙期だったり、引き継ぎが間に合わなっかたりすると、事業計画やプロジェクトの進行にも狂いが出てしまうかもしれません。「今辞められたら困る」と引き止められた場合は、退職の時期を誤っている可能性が高いといえるでしょう。人事異動の直後なども転職のタイミングには適していません。

・転職が本人のためにならないと考えているから

上司によっては「今転職することが本当に良いのか」「キャリアアップするためにも、もう少し経験と実績を積んだ方が本人のためになるのではないか」など、部下の将来やキャリア形成について真剣に考えてくれていることもあります。
普段から良好な関係を保っている上司が退職を引き止めてくる場合、まずはアドバイスに耳を傾け、本当に退職する必要があるのか、転職のタイミングは今で良いのか、再考してみましょう。


◆引き止めを予防する方法

慰留を回避するためには、前項で挙げたような、会社にとって負担となる状況を最小限に抑えることが大切です。
上司に退職相談を切り出すタイミングは、最低でも退職希望日の1ヶ月以上前に設定します。その際はいきなり「退職を決めた」と言うのではなく、「今後のことでご相談があるのですが…」というふうに伝えましょう。
ここで大切なのは「退職するかどうか」を相談するのではなく、「退職の時期について」相談するということ。相談の形を取って衝撃を和らげつつも、既に退職の意思は固まっているということが伝わらなければ、すぐに引き止められてしまうので要注意です。
また、最初に相談する相手は必ず直属の上司です。たとえ直属の上司と折り合いが悪かったとしても、組織体系の順序を守るのはビジネスマナーだと心得ましょう。


◆引き止められた時の対処法

退社の引き止めによくあるパターンには、以下のようなものがあります。

・条件を提示してくる

引き止めの手段として、給与やボーナスのアップ、労働時間や残業の見直し、その他の待遇改善といった条件を会社が提示してくることがよくあります。
待遇改善は口約束だけで実現しないこともあるので、よく話し合って冷静に判断してください。
また、「労働条件さえ改善されれば働き続けても良い」と思っている人以外は、これらの条件を退職理由にしない方が良いでしょう。

・必要な人材であると言われる

「君がいないと困る」「君は会社にとって必要な人材だ」「プロジェクトの成功には君が不可欠だ」というように、社員としての存在価値に訴えかけてくる引き止めも多いようです。必要とされていることを感じると気持ちが揺れるかもしれませんが、なぜこの会社では続けられないと思ったのか、何を実現するために転職するのかという「退職を決めた理由」を今一度しっかり確認することが大切です。
一方、タイミングが悪いので退職時期を延ばして欲しいと言われた場合は、できる範囲で対応すると円満退職しやすいでしょう。

・脅してくる

「これまでさんざん世話してやったじゃないか」「クライアントに迷惑をかける気か」「他の社員たちに負担をかけるのか」と、情や他の人たちを盾に迫ってくるケースもあります。
中でも「損害賠償を求める」などと高圧的に脅してくる場合は、直属の上司より上の立場の人や人事部に相談しましょう。それでも解決しない場合は、労働基準監督署などの外部機関に相談することも一つの方法です。


退職の意向を伝えたのにも関わらず会社からの引き止めに応じると、「辞めようとした人間」と捉えられ、今までよりも会社に居づらくなってしまうかもしれません。場合によってはその後の昇進や昇給で不利になることもあるため、優柔不断に引き止めに応じないよう、退職理由を振り返り、転職の意思をしっかり固めることが大切です。

もし今、会社からの引き止めにあって困っている、転職したいが引き止めがこわくて踏み切れない、これまでの経験とスキルを活かせる転職先を見つけたいなどのお悩みをお持ちの方は、プロの転職アドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。
若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブでは、転職に関するどんなご相談も承っています。働きながらの転職活動もしっかりサポートしますので、まずはお気軽にご登録ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ