フリーターから正社員になって良かったことは?メリットを紹介

フリーターから正社員になって良かったことは?メリットを紹介の画像

この記事のまとめ

  • フリーターから正社員になると欠勤による減収の心配がなくなる
  • フリーターから正社員になるメリットには、雇用の安定や福利厚生などがある
  • 正社員以外も住宅ローンは借りられるが、失業のリスクがあるので工夫が必要
  • フリーターから正社員になると、さまざまなローンが有利になる可能性がある

フリーターから正社員になりたいと考えている人は多いでしょう。このコラムでは、フリーターから正社員になって良かったことをご紹介。正社員ならではの制度や魅力について解説しています。また、住宅ローンやそのほかのローンについても触れているので、フリーターから正社員への就職を希望している方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

フリーターから正社員になるメリットは?

フリーターから正社員になる最大のメリットは給与面でしょう。もちろん、フリーターとして高い給料を得ている人はいますが、総合的に見ると損をしている場合もあります。

欠勤による減収の心配がない

たとえば、フリーターのAさんは月収30万円かつ6ヶ月ごとの契約更新時に30万円程度の満了金がもらえる仕事に就いていました。この場合、年収で計算すると420万円となるので、正社員よりも高い給料をもらっているように思われます。しかし、Aさんが体調不良で欠勤してしまった場合、給料は発生しません。体調不良が続き長期間の欠勤となると、その期間は収入がまったくないことになります。Aさんのような体験談は決して珍しい話ではなく、場合によっては解雇に繋がる可能性もあるかもしれません。一方で、正社員の場合は、急な欠勤になっても収入が減ることはないでしょう。

安定した雇用

フリーターの場合、年齢や会社の経営状況により勤務時間を減らされたり、退職せざるをえないこともあるでしょう。また、契約の更新がない可能性もあります。こういった場合には、当然のことながら次の仕事が見つかるまで収入はゼロです。月々の生活費を15万円に抑えても、3ヶ月で45万円もの貯金がなくなります。失業保険を受けたとしても、もらえるのは過去6ヶ月間の平均給料の5割から8割程度。状況によっては苦しい生活を送ることになるかもしれません。失業保険については「失業給付金の受給条件と手続き方法は?必要書類なども解説」で詳しく解説してありますので、併せてご覧になってください。
正社員として就職した場合、最初は月収20万円以下ということも多く、ボーナスを含めても最初の数年間は年収300万円を下回る状態が続く仕事も少なくありません。しかし、正社員で就職すると、毎年給料が上がってくる可能性があるうえ、安定した給与が見込めるでしょう。契約期間満了や年齢による退職の可能性もフリーターより低いので、長期的にみて安定した生活が送れるといえます。

退職金や福利厚生の魅力

正社員の場合は、退職金も積み立てられるので定年後も不安が少なく過ごせるでしょう。福利厚生では、通常より安くレジャーを楽しめたり、有給休暇など急な病欠にも安心して休めるのもポイントです。退職金と福利厚生について詳しく知りたい方は「退職金は何年働いたらもらえる?退職金制度の種類と相場を徹底解説!」や「福利厚生には何がある?用意する目的と対象となる人の説明」のコラムもおすすめです。

未経験OK多数!求人を見てみる

マイホームを持てるのは正社員だけ?

マイホームの夢を持っている人は多いと思いますが、購入するためには一括で購入できる場合をのぞいて、住宅ローンを組まなくてはなりません。住宅ローンの審査では、ほとんどの金融機関がその対象を正社員に限っています。最近では頭金ゼロでローンが組めるとも言われていますが、正社員として就職していることが前提の場合が多数です。

派遣社員や契約社員も住宅ローンは借りれる

もちろん、派遣社員や契約社員も住宅ローンの審査に通ることはあります。しかし、住宅ローンは最大で35年もの長期にわたって高額な資金を借入するものなので、現在高い年収を得ているだけでは足りず、将来にわたって安定した収入が見込める人でなければなりません。派遣社員や契約社員の場合、失業のリスクが高いので、頭金を多めに用意するなどなんらかの工夫をしておかないと希望の金額を借りることは難しいといえます。

フリーターより正社員の方がさまざまなローンを組める

住宅ローンに限らずクレジットカードやほかのローンの審査も、正社員として就職し長く勤めている方のほうが圧倒的に有利です。たとえば、フリーターでは金利8%の審査にしか通らない可能性が高いですが、正社員として就職し、信頼の得られる年数を継続して勤務していれば、金利3%の銀行ローンに通り、利息を50万円以上も節約できるということがあります。住宅、自動車など高額なローンを組みたい場合には、目先のお得さや借りれるかどうかだけでなく、先々のことまで考えてプランを組むと良いでしょう。

このほかにも老後のこと、結婚のことなどでフリーターと正社員では大きな差がついてきます。決してフリーターから正社員にはなれないわけではありません。正社員になることに不安や悩みがあるフリーターの方は、ハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブはフリーターから正社員に就職するために頑張る人を支援。マンツーマンで履歴書の書き方や面接時のアピール方法など、正社員への就職にむけて就活アドバイザーがサポートしています。未経験者歓迎の求人も豊富にあるので、まずはご相談ください。

この記事に関連するタグ