第二新卒の転職で知っておきたいポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒の転職で知っておきたいポイント

公開日:

最終更新日:

【関連記事】
第二新卒のための転職成功の秘訣

・第二新卒として転職活動を始める前にやっておきたいこと

新卒で正社員になった後、入社2年目など比較的早く会社を辞めて再度就職活動をする人を第二新卒といいます。

第二新卒として就職活動する場合、新卒やベテラン転職組とは条件が少し違います。そのため、就職活動に入る前にいくつか準備しておいた方がいいことがあります。
まず、自分の知識や能力の棚卸です。
短期間だったとはいえ、正社員として過ごした期間で学んだ知識や修得した技術があるはずです。また、社会人としてのマナーや基本的な常識も身につけたはずです。
学んだことや身につけたことについて細かい部分を含めて書き出してみることが大切です。書き出すことによって自分の頭の中が整理できますし、せっかく思い出したことを忘れずに保管しておくことができます。
書き出しておけば、履歴書を作成する場合や面接対策をする場合に役立ちます。

次は、会社を辞めた理由の整理です。面接ではほぼ間違いなく前職を辞めた理由を聞かれます。
一般的にはネガティブな理由で辞めたと説明するのは良くないとされていますが、最も大切なことは、自分が辞めた根本的な理由を自分自身で理解しておくことでしょう。
能力的な問題だったのか、人間関係の問題だったのか、もしくは自分自身の忍耐力の問題だったのかなどを冷静に分析することが大切です。
辞めた直後はなかなか冷静になれないでしょう。しかし、転職活動を本格的に始めるタイミングでは、辞めた直後の興奮状態はおさまっているはずですので、自分自身冷静に辞めた理由を整理でき、面接を乗り切る基礎が出来上がるでしょう。

・第二新卒として正社員への転職を目指す場合に理解しておきたいメリット・デメリット

第二新卒として転職活動を成功させるためには、自分自身の置かれている立場や環境を正しく理解した上で、メリットを活かしデメリットを最小化する必要があるでしょう。
第二新卒のメリットやデメリットは、新卒やベテラン転職組と比較することではっきりします。

新卒と比較した場合の第二新卒のメリットは、すでに社会人経験があるという点です。
社会人経験があるということは、正社員として採用された実績があることを意味しますので、採用する企業側も一定の安心感を持って採用検討することができます。
また、新入社員を採用した場合は、新入社員研修から実施する必要がありますが、第二新卒の場合はそのコストをかける必要がないというメリットもあります。そういった企業側から見たメリットを自覚した上で就職活動を行うことが成功へのポイントです。

一方、新入社員と比較した場合のデメリットは、短期間であれ前の会社の仕事の進め方を覚えていることです。
新入社員の場合は、まっさらの状態で仕事を吸収していきますので思い込みがありませんが、第二新卒の場合は、前の仕事との違いに順応するのに時間がかかるケースもあります。新しい会社のやり方に順応する心構えが大切になるでしょう。

ベテラン転職組と比較した場合の第二新卒のメリットは、フレッシュさでしょう。転職組は前職での経験を忘れられず仕事のやり方などを引きずる可能性があり、転職しても新しい職場で力を発揮できないこともあります。
一方、第二新卒の場合は前職の期間は短いためそれほど影響はなく、比較的フレッシュな状態で新職場に早く慣れることが可能というメリットがあります。もちろん、仕事の経験ではベテラン転職組には及ばないでしょう。しかし、自分にはメリットもあるということ自覚して転職活動することが大事です。

第二新卒として転職活動をする場合は、第二新卒としてのメリットを最大限に活かし、デメリットを最小限にとどめることが、転職活動成功のポイントになります。しかし、そういった転職戦術を自分で考えるのは難しいと感じる人も多いでしょう。そんな時はハタラクティブの力を借りることをおすすめします。第二新卒を含めた若者の転職活動に関するノウハウが充実していて、相談にも乗っています。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ