1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職の挨拶をメールでするときのマナーは?

退職の挨拶をメールでするときのマナーは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職の挨拶メールを送るときは、丁寧に感謝の気持ちを伝えよう
    ・社内は退職日当日、社外は退職日の2~3週間前を目安にメールを送ろう
    ・社内の特にお世話になった人には個別に送る
    ・社外の場合は、相手の都合を考え、退職日と後任について明記しておく

退職をする際は、良い印象を残していきたいもの。そのためにも、マナーを守って退職の挨拶をメールで伝えましょう。
今回は、退職の挨拶メールのマナーやポイントを、例文と共に紹介しています。

◆退職の挨拶はメールでもOK?

退職の挨拶をするとき、メールで済ませても良いものか悩んでいませんか?
昨今はメールが普及しており、退職の挨拶もメールですることが多いため、失礼にはあたりません。
ただし、顔を合わせる人には直接伝えたほうが丁寧な印象になるため、状況によって挨拶の仕方を変えるのがベストです。

直接会えない人には、メールで感謝の気持ちと退職する旨を丁寧に伝えましょう。
退職したからといって、関係者と今後一切会わないとは限りません。
「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、最後だからこそマナーを守り、良い印象を残すことが大切です。

◆メール作成・送信のポイント

社内・社外宛に退職の挨拶メールを作成、送信する際のポイントは、下記のとおりです。

【社内】

社内宛の場合、最終出勤日に退職の挨拶メールを送りましょう。
仕事が一段落している定時の1時間前~終業時間の間に送信するのがベストです。
ほかのメールに埋もれてしまわないよう、退職の挨拶であると一目で分かるような件名にしましょう。

退職理由については詳細を書かず、「一身上の都合」で済ましておくのがマナーです。
特に会社に対する不満や愚痴など、ネガティブな内容は避けてください。
また、必要に応じて退職後の私用連絡先を書いておくと良いでしょう。

もし在職中特にお世話になった上司がいた場合は、個別にメールを送ります。
その際に印象深かったエピソードをプラスしておけば、感謝の気持ちがより伝わるでしょう。
一斉送信をする場合は、「To」の欄に自分のメールアドレス、「Bcc」の欄に送り先のアドレスを入力します。

【社外】

社外宛に退職の挨拶をメールで送るタイミングは、退職日の2~3週間前を目安にしましょう。
相手の都合を考慮し、退職日の明記は必須です。

また、取引先に不安を与えないよう、後任者を紹介しておきましょう。
本来なら後任者とともに直接取引先に伺うのがベストですが、どうしても都合がつかない場合はメールでも問題ありません。
社外宛の場合は、私用連絡先は書かないようにしましょう。

◆ケース別の例文

退職の挨拶メールの例文を、社内・社外別に下記に挙げています。
これからメールを作成しようという方は、参考にしてください。

【社内】

件名:退職のご挨拶(ハタラク太郎)

本文:
○○部の皆様、お疲れ様です。
私事で大変恐縮でございますが、このたび一身上の都合により○月末で退職することになり、本日が最終出社日となりました。
本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて大変失礼致します。

在職中は至らぬ点もあったかと思いますが、お世話になりありがとうございました。
皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、感謝しております。
壁にぶつかることも多々ありましたが、多くのことを学ぶことができました。
この会社で培ってきた経験を、今後も活かしていきたいと思います。

今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらご連絡いただけると幸いです。
メール:XXXXXX@XXXXX.jp
携帯:000-0000-0000

最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

【上司】

件名:退職のご挨拶(ハタラク太郎)

本文:
○○部 ☓☓様

お疲れ様です。
私事で大変恐縮でございますが、このたび一身上の都合により○月末で退職することになり、本日が最終出社日となりました。
本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて大変失礼致します。

在職中、☓☓様には本当にお世話になり、ありがとうございました。
入社当初から☓☓様に丁寧なご指導をいただき、大変多くのことを学ばせていただきました。
私がなかなか仕事の成果を出せなかった時、温かい叱咤激励の言葉をかけていただいたことを、今でも鮮明に覚えています。
今後も☓☓様から教えていただいたことを活かし、励んで参りたいと思います。

今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらご連絡いただけると幸いです。
メール:XXXXXX@XXXXX.jp
携帯:000-0000-0000

最後になりましたが、☓☓様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

【社外】

件名:退職のご挨拶(株式会社○○ ハタラク太郎)

本文:
株式会社☓☓ ○○部
△△様

いつもお世話になっております。
株式会社○○のハタラク太郎です。
私事で大変恐縮でございますが、このたび一身上の都合により○月末で退職することになり、本日が最終出社日となりました。
△△様にはこれまで何かとお力添えをいただき、心より感謝しております。
ここに改めてお礼を申し上げます。
本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶となりましたことをお詫び申し上げます。

後任は、同じ部署の□□が務めさせていただきます。
後日改めて□□がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、貴社のご発展とご□□様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。


退職の挨拶のメールは、これまでお世話になった方に感謝を伝えるための大切なマナーです。
自分の今後のためにも、良い印象を残して退職しましょう。

退職の準備についてわからないことや不安なことがある場合は、民間のエージェントを活用するのもおすすめです。
ハタラクティブでは、退職に必要な手続きやマナーなどの相談に丁寧に対応しています。
書類の書き方の指導や面接対策など、転職活動のサポートも行っているので、退職後も安心です。
退職・転職のお悩みは、ぜひハタラクティブにご相談ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる