通勤時間に感じるストレスの概要と解消方法

通勤時間に感じるストレスの概要と解消方法の画像

この記事のまとめ

  • 早起きや体力の消耗など、通勤時間が長いことにはさまざまなデメリットがある
  • 通勤時間が長いと仕事への集中力やモチベーションが低下する
  • 本を読んだり勉強したりして、通勤時間を有意義に活用しよう

勤務地や交通手段によって、通勤時間は人によってさまざまですが、通勤時間が長いほどストレスは溜まりやすくなると言われています。
当コラムでは、通勤時間が長いことで生じるデメリットや、通勤のストレスによる仕事への影響を解説。
また、ストレスを和らげる方法についても紹介します。
通勤時間が長くてお困りの方はぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆通勤時間が長いと生じるデメリット

通勤時間が長いとどのようなデメリットが生じるのでしょうか。

・早起きしなければならない

通勤時間が長い人ほど早起きをしなければなりません。
さらに、駅までの距離や乗り換えの時間を考えて早めに出ようとすると、睡眠時間が削られてしまいます。
毎晩の帰宅も遅くなるため、人によっては睡眠不足になる可能性も
睡眠の満足度が下がるとストレスを感じやすくなってしまいます。

・会社に行くのが億劫になる

特に満員電車の場合、パーソナルスペースが狭くなることでストレスに繋がってしまいます。
立ちっぱなしでぎゅうぎゅう詰めになるため、「また満員電車に乗らなければならない」と思うと億劫になってしまう人も。

・体力を消耗する

通勤は時間だけでなく体力も消耗しています。
仕事よりも通勤で体力を使っているという人も多いのではないでしょうか。

通勤は1日だけでなく毎日続くので、通勤時間が長いと身体的にも精神的にも疲れ果ててしまいます。
また、帰宅してからプライベートの時間が少ない上に、疲れ切って何もしたくなくなるのもデメリットとして挙げられるでしょう。

◆通勤のストレスは仕事にも影響が!

長い通勤時間で体力を使うことで、仕事での集中力が散漫になる場合があります。
集中力が低下することでミスが積み重なり、プレッシャーやストレスを感じてしまう人もいることでしょう。
このような悪循環に陥ってしまうと、仕事へのモチベーションが低下する可能性があります。
ストレスに加えて睡眠不足も感じていると業務効率が下がってしまいます。
また、ストレスが原因で体調を崩してしまう人も。
通勤時間によってもたらされるストレスは、仕事に影響してしまうので注意が必要です。

◆通勤のストレスを和らげるには?

通勤時間を短くするためには引っ越しをするしか打開策がありませんが、実現するのは難しいという人は多いでしょう。
通勤時間中の過ごし方を工夫すれば、ストレスを軽減できるかもしれません。
本や新聞を読んだり、スマートフォンでニュースを見たりして、通勤時間を有意義に使ってみませんか。
資格の勉強をしてスキルアップするのも1つの手です。

また、通勤時間が長い人ほど運動不足になると言われています。
運動不足はネガティブな感情を引き起こしやすくなるため、運動をして気分をスッキリさせましょう。
階段を使うなど、日々の生活の中で意識して少しの運動を取り入れるだけでも、ストレスを軽減できます。

「仕事内容や勤務地など希望条件に合う求人が見つからない」「転職を考えている」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
転職支援サービスのハタラクティブでは、20代に特化して転職活動をトータルサポートしています。
プロのアドバイザーがマンツーマンの体制で対応し、カウンセリングを通してあなたの希望条件にマッチする求人を紹介。
書類の書き方や面接のマナーなども指導しているので、転職活動が初めての方も安心してサポートを受けられます。
ハタラクティブによる手厚いサービスを活用し、理想の転職先に出会いましょう。