転職活動中の女性は要チェック!面接時の服装のポイント

転職活動中の女性は要チェック!面接時の服装のポイントの画像

この記事のまとめ

  • 転職活動中の服装はスーツだけに限らずオフィスカジュアルの着用も可能
  • ビジネスシーンにふさわしい身だしなみで面接に臨むことが大切
  • 服装以外でもメイクやヘアスタイルなど細部にまで気を配るようにする
  • 面接前には身だしなみの最終チェックを行うと安心

働く女性が転職を考えるとき、どのような点に気をつけるべきでしょうか。
今回ご紹介するのは、転職の面接にふさわしい服装について。身だしなみはもちろん、それ以外の注意点もまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆転職の面接にふさわしい女性の服装

面接を受けるときの服装は、スーツが無難です。20代前半の女性なら、リクルートスーツの着用も可能。20代後半からは、スーツやジャケットスタイルなど、きちんとした印象を与える服装をチョイスすると良いでしょう。
転職活動では、就活生のようなフレッシュなイメージよりも、即戦力になると思ってもらえる服装を選ぶことが大切だといえます。

場合によってはオフィスカジュアルを取り入れるのもおすすめです。
とはいえ、ラフすぎるスタイルはビジネスシーンにふさわしくないため避けた方がベター。
オフィスカジュアルの概念は不明確なため迷うこともあるかもしれませんが、ビジネスの場に適しているかどうかで判断するようにしましょう。

面接を受ける際は、入社後の働く姿がイメージできるような服装を選ぶと好印象を与えやすいようです。
転職を希望する業界や職種に合わせることが大切だといえます。


◆女性が服装以外で気をつけるべきポイント

転職の面接では、服装以外にどのようなところに気をつければ良いのでしょうか。
ポイントごとにご紹介します。

【メイク】

ナチュラルメイクが基本です。ノーメイクはビジネスマナーが疑われてしまうため注意しましょう。

【ヘアスタイル】

髪の長さに関わらず、顔が隠れないように配慮します。肩よりも長い場合は、後ろで1つに束ねるのがおすすめ。前髪は、横に流したりピンで留めたりして目にかからないように整えましょう。

【持ち物】

鞄や靴、アクセサリーなどは、ビジネスシーンにそぐわない華美なデザインを避けます。面接時の服装と馴染むような、主張を抑えたデザインを選択しましょう。

【爪】

ネイルアートや派手な色のマニキュアは厳禁です。爪が長すぎるのも、清潔感やマナーがないと受け取られる可能性があるため要注意。
爪は短めに切りそろえ、ヌードカラーかクリアのマニキュアを塗るとよりきれいに見せることができます。

【姿勢】

面接時は、イスの背もたれに寄りかからないようにして、背筋を伸ばして座ります。膝とかかとをそろえ、面接官の方を真っ直ぐ向くことがポイントです。

【言葉づかい】

転職となると、一度は社会人としての経験があるということ。コミュニケーション能力や言葉づかいに関しては、就職活動のときよりもしっかりと見られる可能性があるため注意が必要だといえます。
正しい敬語と落ち着いた話し方を意識することが大切です。


◆面接前の身だしなみチェックポイント

面接を受ける前には、身だしなみを再チェックすることが大切。以下の点を確認してから面接に臨みましょう。

ジャケットやスーツにシワや汚れがないか、隅々までチェックします。前もって洗濯するかクリーニングに出しておき、シワが気になるときは必要に応じてアイロンをかけましょう。シワや汚れがあると、それだけでだらしない印象を与えかねません。
インナーは、ボトムスから出ないように注意を払います。

メイクや髪型は派手さを抑え、TPOに合っているか確認しましょう。
爪の長さにも気を配り、マニキュアをする場合は派手すぎない色をチョイスします。

身だしなみは、第一印象を大きく左右するポイントの1つ。
転職活動で気をつけるべきマナーは、服装以外にもさまざまなものがあります。
転職活動に不安がある人は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。
ハタラクティブでは、仕事選びのアドバイスや面接対策など、就職・転職に関するさまざまなサポートを実施。
経験豊富なプロのアドバイザーが、一人ひとりの仕事の悩みに寄り添い解決へと導きます。
サービスはすべて無料のため、まずはお気軽にご相談ください。