新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 社会不適合者におすすめの仕事12選!就職しても続かないことの対処法も紹介

社会不適合者におすすめの仕事12選!就職しても続かないことの対処法も紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・社会不適合者が仕事を続けられないのは、集団行動が苦手などさまざまな特徴があるから
  • ・社会不適合者には自分が好きな分野で時間に縛られない仕事などが向いている
  • ・社会不適合者にも警備員やWebライターなど向いている仕事はたくさんある
  • ・社会不適合者が仕事探しを行うときには、まず自分自身の特徴を自覚することが大事
  • ・社会不適合者が自分で仕事を見つけられない場合は、第三者に相談してみよう

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

「自分は社会不適合者かも?」「仕事が続かない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
社会不適合者は会社勤めは難しいといわれていますが、この世の中には向いている仕事もたくさんあります。
本コラムでは、社会不適合者におすすめの仕事を12個紹介。また、社会不適合者が就活を成功させるためにするべきことも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事が続かない社会不適合者の定義

社会不適合者とは、その字の通りに社会に適合できない人のことです。
「仕事が思い通りにいかないのはなぜ?」「自分には他の人と違うところが多いようだ」などと疑問や不安を抱えている方は、社会不適合者である可能性があります。

仕事を辞めたり転職したりする前に、社会不適合者と気づくことにより、就職活動を有利に進める対策を見つけられる可能性が高くなります。

自分は社会人に向いていないのでは?と今後の人生に不安を抱えている方は、社会人としてやっていく方法などを紹介しているコラム「社会人に向いていない人ってどんな人?特徴や性格は?」をチェックしてみてください。

社会不適合者の性格に関する12の特徴

まずは、社会不適合者の性格に関する主な特徴を紹介します。

1.責任感がない

社会不適合者には、責任感をもたずに責任転嫁もしやすい人が多いです。
自分の間違いを認めることが苦手で、ミスを他の人のせいにして、面倒なことは避けて自分の仕事を投げ出すことも平気で行います。

2.自己中心的

協調性がなく、自己中心的なことも社会不適合者の特徴です。
他人の話を聞くことも苦手で、常に自分のことだけを考えているため、自分の話ばかりをして、思い通りにいかないと不機嫌になることも珍しくありません。

3.他人に興味がない

社会不適合者は、他人に興味を持たない特徴をもっています。
そのため、本人には全く悪気がなくても周りから批判をかってしまい、良好な人間関係を築きにくく、プライバートでも友人が少ない傾向にあるようです。

4.感情の起伏が激しい

社会不適合者には感情のコントロールが苦手な特徴もあるため、突然陽気になったと思えば、不機嫌になることもあります。
自分でもあまりにも感情の起伏が激しいと感じていれば、社会不適合者を疑った方がいいでしょう。

5.空気を読めない

社会不適合者の多くが、その場の空気を読めません。
そのため、周囲の人を驚かせる行動をとることも多く、仕事中のシリアスな場面で突然笑いだしたり、平気でしてはいけないことをしたりなどして、上司から頻繁に怒られることも特徴として挙げられます。

6.自信過剰

自信過剰でナルシストなことも社会不適合者の特徴の一つです。
能力以上のことでも自信をもって行うことから、仕事でミスを起こしやすく、会社に大きな損害を与えてしまうこともあります。

7.プライドが高い

プライドが高い人も社会不適合者には多く、自分に非があっても謝れません。また、他人の手柄を妬んだり、他の人の陰口を言ったりする特徴もあります。

8.劣等感が強い

異常なほどのコンプレックスを抱えていたり、劣等感が強過ぎたりするのも、社会不適合者の特徴です。
常にマイナスのことを考えているため、簡単なことでも積極的行わない人も少なくありません。

9.人間不信

社会不適合者には人間不信な人が多く、信頼関係を築かなくてはできない仕事を苦手としている特徴があります。
常に人を疑っているため、仕事相手も本気で心を許すことなく、意思の疎通も上手くいきません。

10.人嫌い

社会不適合者には人が嫌いな人が多く、人との触れ合いを極力避ける傾向にあります。
人に合わせることも苦手なため、どうしても孤立しやすくなるのが特徴です。

11.被害妄想をしやすい

社会不適合者は被害妄想が強く、常に周りが自分の悪口を言っているなどと勘違いしやすい特徴があります。
このような方はより人間不信に陥ってしまう可能性も高いです。

12.飽き性

社会不適合者の特徴には飽き性も挙げられます。
好きなことでもすぐに飽きてしまう人が多いので、長く同じことを続けることに苦痛を感じてしまいます。

自分は社会不適合者だから仕事をしないで自由に生きたいと思っている方は、自由に生きるために必要なことなどが書かれているコラム「自由に生きるとは?勘違いした末路は?自分らしく働ける仕事選びを解説!」を参考にしてみてください。

社会不適合者の行動や発言に関する9つの特徴

次に、社会不適合者の行動や発言に関する主な特徴を9つ紹介します。

1.コミュニケーションが苦手

社会不適合者の最大の特徴ともいえるのが、コミュニケーション能力の低さです。
人の気持ちを上手く読み取ることが苦手であるため、言ってはいけない発言も平気でしてしまいます。自分には悪気なくても人を不快にさせてしまい、コミュニケーションを通した人間関係の構築ができにくくなってしまうことが大きな特徴です。

2.他人に協調できない

協調性に乏しい社会不適合者は、集団行動も苦手です。飲み会や社員旅行などに無理に参加すると、和を乱すだけでなく、他人も自分もイライラさせてしまう特徴があります。

3.時間にルーズ

時間にルーズなことも社会不適合者の特徴です。
決まった時間に行動することができなくて、会社を遅刻する回数も人より多く、約束の時間を守れず仕事でもプライベートでも信用を失いやすいです。
そのくせ自分のペースを乱されることは苦手であるため、相手を振り回す傾向があります。

4.物忘れがひどい 

約束の時間を忘れてしまうなど、物忘れをしやすいことも社会不適合者の特徴です。
忘れたことに対して謝罪をしないで放置してしまうことも多いため、どんどん信頼を失い、周りから人がいなくなってしまいます。

5.ルールを守るのが苦手

社会不適合者は、ルールを守ることも苦手です。
みんなが守っているルールを破ってしまうことから、周囲の和を乱してしまうことがあります。会社の規則を何度も破ると、退職に追い込まれてしまう可能性が高くなるでしょう。

6.嘘をつく

社会不適合者には虚言癖がある人が多く、無意識のうちに嘘を重ねてしまうため、自分自身でも何が本当なのか分からなくなってしまいます。
ミスをしても平気で嘘をつくため、安心して仕事を任せることができなくなり、職場でも孤立しやすいです。

7.言い訳をする

言い訳をよくするのも、社会不適合者の特徴です。
たとえそれが嘘だとしても、自分は間違っていないという考えが根本にあるため、言い訳される側はとても厄介です。信頼を失い、「それならはじめから仕事を任せない方がよい」と思われてしまうこともあるでしょう。

8.身だしなみを整えられない

服装や髪型などの身だしなみを整えられないことも、社会不適合者の特徴として挙げられます。
周囲からすれば見た目は我慢できたとしても、体臭がきついと仕事にも悪影響をきたしてしまうため、自然と人が離れ、最終的に孤立してしまうようです。

9.すぐに仕事を辞める

我慢することが苦手な社会不適合者は、仕事が長続きしないのも特徴です。
自分から仕事を辞めなくても、会社の規則に何度も違反して退職するケースも多く見られます。

自分は社会不適合者ではないか?と疑問に思っている方には、それを知るための診断の仕方などが書かれているコラム「社会不適合者とは?どんな生き方が正解?診断の仕方や長続きする仕事を解説」がおすすめです。

社会不適合者になる3つの原因

社会不適合者になってしまう理由は人それぞれですが、そうなる主な原因を3つ紹介します。
自分はもしかすると社会不適合者では?と感じたことがある方は、当てはまる事項がないか確認してみましょう。

1.生まれ持った気質

社会不適合者になる原因には、生まれ持った気質が考えられています。
病院で詳しく検査してもらうと、パーソナリティ障害と呼ばれる精神疾患名をつけられるケースが多く、対人関係の構築や感情コントロールが苦手など、前記した社会不適合者の言動を起こしやすいのが特徴です。
パーソナリティ障害と診断された場合は、医療機関で治療を受けることが多いようです。
あまりにも他の人と言動が異なっていたり、感情的になりやすかったりする場合は、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。

2.過保護に育てられた

過保護に育てられたことが原因で、社会不適合者になってしまうケースも少なくありません。
子どものときから親が何でもやってくれたせいで自立心が欠如し、1人では何もできない・決められない人間になってしまいます。
自立したときに過度なストレスがかかると、逆境に立ち向かえなくなり、感情のコントロールも上手くできなくなってしまう方も多いようです。
生まれ育った環境は、人格形成に大きな影響を与えてしまうこともあります。

3.厳しい家庭環境で育てられた

過保護と真逆な厳しい環境でも育てられることでも、社会不適合者を生み出してしまう可能性があるようです。家庭教育にある程度の厳しさが必要なときもあるでしょうが、過度な厳しさは子どもを委縮させてしまいます。
親が絶対的な存在となり、怒られないことが正解だと思い込んでしまい、いざ社会に出ると本当の正解が分からなくなって、何をしてよいか分からなくなります。
そうなるとどんどん社会に適合できなくなり、精神的にも苦しめられる可能性を高めてしまうのです。

社会不適合者が仕事に就くのが難しい理由

社会不適合者には他の人と異なる、社会面でマイナスな特徴がたくさんあることが、就職活動をしても採用に至りにくい理由です。
自分で社会不適合者と気づいていればまだ対策のしようがありますが、それを自覚していなければ書類選考はパスできても、面接で落とされる可能性は高くなります。

また、社会不適合者の中には大学を卒業したらすぐに就職活動をはじめて入社するという一般的な工程を無視する方が多いことも、就職をしにくくしている一つの要因です。
一般企業に就職すれば、どうしても周囲との協調性を大切にして会社の規則に従わなければいけませんが、決まったルールに縛られることが苦手な社会不適合者は、そのような環境に大きなストレスを感じてしまう傾向にあります。

極度の対人恐怖症で仕事に就くことに不安を抱えている方には、そういった人でもできる仕事を紹介しているコラム「対人恐怖症でもできる仕事は?おすすめの職種と各種支援をご紹介」をご覧ください。

社会不適合者が仕事に就くための3つのポイント

ここでは、社会不適合者が就職活動を成功させるためのポイントを3つ紹介します。

雇用する企業にとってもマイナスな特徴を多く抱えている社会不適合者ですが、就職を諦める必要はありません。マイナスだと思われる性格や言動でも、それをプラスに転換できる仕事はこの世の中に数多く用意されています。
社会不適合者が就職して長く仕事を続けるためには、自分の資質に合った職業を選択すれば良く、自分の個性を上手に活かせる仕事は天職にもなるでしよう。

1.人とほとんど関わらなくてもできる仕事を選ぶ

協調性に乏しくコミュニケーション能力が低い社会不適合者でも、ほとんど人と関わらなくてもできる仕事なら、ストレスを抱えることもなく働けます。楽しめる可能性も高いです。
周りに人がいても、会話が必要なく一人で黙々とできる職業はたくさんあります。
単純作業であれば、持ち前の集中力を活かして会社のために貢献して、やりがいを持てる可能性も高いです。
休憩時間なども、無理に人に気を遣わなくても良い仕事が向いています。

2.時間に縛られない仕事を選ぶ

時間にルーズな社会不適合者には、時間に縛られずにマイペースでできる仕事がおすすめです。
在宅ワークやフリーランスの仕事は見つけやすく、在宅でも正社員になれる職業も少なくありません。
インターネットが普及したおかげで、場所や時間を気にしないでできる仕事が多くなっていて、今後もそのような職業は増加傾向にあります。

3.自分の特技を活かせる仕事を選ぶ

自分の特技や趣味を活かせる仕事であれば、社会不適合者でも長く続けられる可能性は高いです。
資格やスキルがあれば雇用してもらいやすいですが、そうでなくても好きなことができる仕事には積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。
苦手な仕事を無理にしようとするのではなく、とことん好きなことを追求することで、就職後にもやる気が湧いて成果も出しやすくなるでしょう。

自分は社会不適合者で営業に向いていないと見切りをつけたけど、仕事の辞め方に悩んでいる方は、営業職の辞め方などを詳しく紹介しているコラム「営業を辞めたい…向いている人と向いていない人の特徴」をチェックしてみてください。

社会不適合者におすすめの仕事12選

社会不適合者に向いている仕事はたくさんあります。
ここではその中から12の職業を紹介。自分の特徴や性格に合わせて、最適な仕事を見つけてください。

1.警備員

警備員はチームで行う場合もありますが、一人で勤務ができる職場が多くなっています。
オフィスビルや学校やホテルや病院や駐車場など、勤務場所はたくさんあって、各施設の監視や巡回や点検などを行うのがメインの仕事です。
基本的にトラブルが起きることは少なく、本当に危険な状況になったとしても、命をかけて何かを守らなければいけないことはないでしょう。
警備会社の仲間などに対しては、挨拶程度のコミュニケーション能力があれば良く、特に夜勤を選択すればほとんど人と接する機会もありません。

2.工場作業員

工場作業員の仕事にはいろいろな種類がありますが、工場内のライン作業やピッキング作業を選択すれば、一人で黙々と仕事をすることが可能です。仕事中は一切会話をしないことも可能なので、チームでの仕事が苦手な方には向いています。
作業内容も一度覚えてしまえば比較的簡単にできるものが多く、成果を求められることもほぼありません。

3.ドライバー

タクシードライバーだと接客が必要になりますが、トラック運転手などであれば配送中は一人で仕事ができます。
配達先でも多くの会話が必要ない仕事が多く、長距離トラックのドライバーなら、長時間誰とも会話をしないことも可能です。運転が好きな人ならストレスなく働くことができて、働き方次第では高収入を得ることもできます。

4.配達員

新聞や郵便の配達員なら一人で仕事ができて、特別な資格がなくてもすぐに働くことができます。
基本的に人と交流することがなく、仕事中の会話も必要ありません。配達の時間に制限はありますが、出勤時間も配送時間も分単位で決められているわけではなく、ある程度自分のペースで時間配分することができます。

5.清掃員

清掃員も一人で作業を行うことができ、勤務先を選べば仕事中の会話を0にすることも可能です。就業のハードルが低いのも特徴で、独立して個人事業主になれるシステムも用意されています。
少子高齢化で核家族が問題に上がっている今では、お墓の清掃の需要も増えていて、時間制限も緩い仕事を選んで行うこともできます。

6.ブリーダー

動物の飼育員や調教師もあまり人付き合いを必要とされない仕事ですが、採用人数に限りがあるため、動物好きの方にはブリーダーがおすすめです。
最終的にペットの購入者を見つけなくてはいけませんが、今では販売作業のほとんどをネット上で行うことも可能となっています。

7.検針員

ガスや電気の検針員は、基本的には一人でそれらの使用量を確認して、レシートをポストに入れていく仕事なので人と関わる必要がありません。
時間もある程度の自由が許されているので遅刻の心配をする必要もなく、家の住人と対面する機会もほぼないので安心な仕事です。

8.Webライター

Webライターは在宅でもできて、クライアントとのやり取りの一切もインターネットを通じて行うことも可能な職業です。納期さえ守れば自宅で時間を気にしないで自分のペースで仕事ができるため、人と関わることをしなくない方にはおすすめとなっています。
未経験者でもできる仕事もネット上にはたくさん用意されていて、慣れれば一般的なサラリーマン程度の収入も得られるようになり、ストレスゼロで働くことが可能です。

9.Webデザイナー

Webデザイナーは、Webライターに比べるとある程度のスキルは必要になりますが、Photoshopやillustratorなどのソフトウェアの使い方をマスターすれば、素人からできる仕事です。
技術を身につければWebライターよりも高収入を得られる可能性が高く、独立して個人で仕事を請け負うことも夢ではありません。

10.ITエンジニア

ITエンジニアは、システムの設計、開発、運営を行う仕事で、Webデザイナーよりも高度な技術が必要ですが、人との関わりが少ない職場を選べばコミュニケーション能力が低くでもできる仕事です。
ネット社会の今では需要も右肩上がりなので、早いうちに技術を身につけて備えておくべき職種ともいえます。

11.イラストレーター

絵を描くのが得意な方には、イラストレーターはおすすめの仕事です。
美大や専門学校を出ていなくても、腕があれば仕事を得ることができます。作業は一人で行うので、仕事中に人と接する必要もありません。

12.芸術家

画家や彫刻家などの芸術家であれば、自分の特技を活かして人と触れ合うことなく作品を仕上げて収入を得ることも可能です。時間に縛られることも一切なく、自分の好きな作品づくりに没頭できます。
在宅でもできて働き方も自由ですが、作品が売れる保証はなく、無収入の時期が続くことを覚悟しなくてはいけません。根気が必要な仕事といえるでしょう。

自分は社会不適合者だから仕事が遅いと悩んでいる方には、スピードアップのためにできることなどを紹介しているコラム「仕事が遅い人の特徴とは?改善方法はあるの?」をおすすめします。

社会不適合者が仕事探しの際にすべき5つのこと

社会不適合者であることが原因で思うように仕事が見つからないと感じた場合に、やるべきことを5つ紹介します。

1.自分の長所と短所を把握する

あらかじめ自分が社会不適合者であることを自覚してきちんと対策することにより、就職後もストレスを抱えず勤務できる理想の職場を見つけることは可能です。
そのために、まずはありのままの自分を受け入れてみましょう。自分の長所と短所をしっかり認識してください。

2.一般常識を身につける

ありのままの自分と向き合うことで、自分を客観的に見られるようになります。それができれば今まで自分に不足していたことも理解できるので、就活をはじめる前に一般常識・マナーを身につけましょう。

難しく考えることはありません。まずは返事と挨拶から始めてみてください。
積極的に「おはようございます」と挨拶をしてみたり、誰かが話しているときは口を挟まないようにしたりして、相手の目を見て話を聞くようにしましょう。
人の陰口や批判をしないように注意するなど、最低限のマナーを守ってコミュニケーションをとれる状態にしてください。

3.自分の好きなことを見つける

自分の長所や短所が分かれば、自分が好きなものや興味のあるものが分かってきます。
無理に何かを好きになるのではなく、たくさんの候補の中から自然と興味をもてるものを探してみましょう。

4.環境を変えてみる

いろいろ試してみても難しいと感じたときには、今いる環境を変えてみることもおすすめの手段です。実は今周りにいる家族や友人などが、良い方向に変わろうとしている自分の足を引っ張っていることもあります。
引越しをしてみたり、悪影響を与えていると思われる人に会わないようにしてみたりなど、環境を変えるためにできることはいろいろあるので、積極的にチャレンジしてみましょう。

5.理解者を見つける

環境を変えても思い通りにいかない場合は、自分を理解してくれる人を見つけることをおすすめします。心の許せる、頼りにできて話を何でも聞いてくれる理解者が一人でもいれば、就活にも積極的になれるものです。自分の社会不適合者である性質を知っている人であれば、的確なアドバイスをしてくれることもあるでしょう。

「第三者のアドバイスを受けたい」「正社員に就職したい」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
若年層の就活や転職をサポートしているハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがあなたの良き理解者になって、希望の職場を探して紹介します。
専任のアドバイザーがマンツーマンでヒアリングを行い、あなたの強みや適性を見つけだします。そのほか、就職のために必要な書類の作成の添削や、面接対策まで幅広くサポート。納得のいく就職を実現します。
サービスのご利用はすべて無料です。まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

社会不適合者かもしれない…そんなお悩みをQ&Aで解決!

転職や就職がうまくいかず、「自分は社会不適合者なのではないか」と不安に感じている方に向けて、Q&A方式でお悩みを解決します。

社会不適合者とはどういう人が該当しますか?

社会のルールや一般常識に適合できない人が該当します。「著しくビジネスマナーが欠けている」「周囲からの平易な要求にうまく対応できない」などの特徴があれば、社会不適合者である可能性が高いです。「社会不適合者とは?どんな生き方が正解?診断の仕方や長続きする仕事を解説」では、自己チェック項目を紹介していますので、気になる方はご一読ください。

社会不適合者だと就職は不可能ですか?

不可能ではありませんが、やや困難な場合もあります。まずは自分がどういったタイプの社会不適合者なのかを明確にしましょう。適合できない理由が「性格」によるものなのか「行動」によるものなのかによって、就職先の選び方も変わってきます。このコラムでは「社会不適合者の性格に関する12の特徴」「社会不適合者の行動や発言に関する9つの特徴」に分けて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

社会不適合者に向いている仕事は?

周囲とのコミュニケーション頻度が低く、自分のペースで取り組める仕事がおすすめです。具体的には、Webライターや工場勤務、トラックの運転手など。そのほかの職種については、このコラムの「社会不適合者におすすめの仕事12選」でも紹介しています。あわせてご覧ください。

社会不適合者が就活前にやっておくべきことは?

自分自身の特性を把握するためにも、身近な理解者を見つけましょう。社会不適合者と呼ばれる人たちは、「なんだかうまく行かない」「頑張っているけど改善できない」など、社会とのズレを感じながらもその原因を把握できていない場合が多いです。身近な人に相談をしてみて、アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。相談相手が見つからない方には、ハタラクティブの利用がおすすめ。アドバイザーの丁寧なカウンセリングで、相談者の適性や悩みを明確にします。ぜひこの機会にご利用ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ