1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職して給料を上げたい!収入アップする人の傾向とは

転職して給料を上げたい!収入アップする人の傾向とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職で給料をアップさせるためには、即戦力になれるキャリアとスキルが必要 
    ・キャリアビジョンが曖昧な人は、転職しても収入がダウンしてしまう恐れがある 
    ・転職を成功させるためには、キャリアプランを明確にし、長期的に勤務できる企業を探そう

「転職をすると年収が下がる」という声がある反面、「年収を上げたいから転職する」という人もいます。転職によって給料を上げることはできるのでしょうか。 
ここでは、転職で給料がアップする人の特徴、ダウンする原因などについてまとめました。

◆転職で給料アップする人はどんな人?

年収が増えるなら転職したい、と考えている人も多いのではないでしょうか。転職による年収の増減には、転職者の年齢やキャリアだけではなく、転職先の企業、業種、規模などによっても違いがあります。
どのような人が年収アップに成功しているのか、傾向をチェックしてみましょう。

【ある程度の業務経験や実績がある人】

前職での経験や実績を具体的に伝えることで能力の高さをアピールでき、給料アップに繋がるでしょう。
しかし、入社後の成果や業績次第では給与がダウンしてしまう可能性も。入社前に、どのくらい結果を残したらどの程度給与に反映されるのか、確認したほうが良いでしょう。

【将来のビジョンを具体的に描いている人】

将来のビジョンを明確に描いている人は、面接官に対して良い印象を与えられます。
キャリアビジョンの伝え方を工夫すれば、プレゼンテーション力や計画性の高さ、入社意欲などをアピールすることも可能。結果として、年収が高い企業への採用率を高めることに繋がるでしょう。

【転職回数が少ない人】

転職回数が少ない人や、初めて転職をするという人は、現職で市場価値に見合った給料を得ていない場合も。転職することで再評価され、給料がアップする見込みがあります。
また、転職回数が少ないことから、「長期的に勤務してくれるだろう」と判断され良い印象を与えられるでしょう。

【20代後半から30代の人】

20代後半から30代は、現職である程度経験を積んでいることから、転職後は即戦力として活躍できると判断されるため、給料が上がりやすい年代です。
また、責任のある仕事を任せられることも増えるため、実力の差が表れやすいのが特徴。実力や実績を重視する企業へ転職することで、さらに給料アップに繋がるでしょう。

【着実にスキルアップしてきた人】

スキルアップのために勉強をしている人は、転職時に知識力や技術力をアピールでき給料アップに繋がるでしょう。入社後、昇格や昇給をするためにも、スキルアップを目指す姿勢は重要です。
特に、転職先の業種・職種に合った資格を取得しておくことで、自分の能力を目に見える形で示せます。

◆転職しても給料が上がらない原因は?

前項のように、転職することで給料がアップする人がいる反面、転職しても給料が上がらない、もしくは下がったという人もいます。
給料が上がらない原因には、以下のことが考えられるでしょう。

【転職回数が多い】

転職回数が多すぎたり、短期間で転職を繰り返したりすると、転職時に給料が下がる可能性があります。
転職の度に業務を始めから覚える必要があることから、年齢の割に経験やスキル、知識が浅いと判断される場合も。
また、「自社でもすぐ辞めてしまうのでは?」「ストレス耐性がないのでは?」と考えられてしまい、採用されない恐れもあります。

【年齢が若い】

年齢が若すぎると、社会人経験が浅く、即戦力になる経験や能力が無い印象を与えてしまう可能性があります。特に20代前半の人は、収入アップのために転職するよりも、今の会社でキャリアを積んでから転職したほうが給料が上がりやすいでしょう。

【異業界への転職】

異業界へ転職する場合、前職の経験を活かせない業種では給料アップは難しいでしょう。
収入を上げるためには、前職の経験が活かせる同職種への転職や、システムエンジニアからITコンサルタントのように経験を活かしながら業務の幅が広げられる職種に転職するなど、職種選びに工夫が必要です。

【企業研究をしていない】

面接前に、企業研究をしっかり行っていないと収入ダウンに繋がるでしょう。
企業の価値観や採用ニーズ、条件などを調べていないと、面接官に自分の強みを効率的にアピールできません。また、応募先企業に関する知識が薄いことから、入社意欲が低いと見なされてしまう恐れもあります。

◆転職を成功させるために必要なこと

転職を成功させるためには、業界研究や企業研究をしっかり行うことが大切です。事前に企業について調べておくことで、転職後のミスマッチを防げるだけではなく、意欲が伝わる自己PRや志望動機を考えられるでしょう。
さらに、短期間での転職を繰り返さないことも重要。短期間で転職しているだけで、悪い印象を与えてしまう恐れがあります。
どうしても短期間で転職したいときは、目的を明確にをしましょう。

初めて転職する方や、転職について不安があるという人は、転職エージェントでプロのアドバイスを受けてみるのもおすすめです。
ハタラクティブでは、就活エージェントがマンツーマンで転職活動をサポートしています。応募書類の添削や面接対策を実施しているので、自分の強みを効率的にアピール可能。
転職活動に関するご相談は、ハタラクティブにお任せください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    今が転職のタイミング?28歳の平均年収データ

  • image

    25歳の平均年収は?男女別・雇用形態別の収入の違いをチェック

  • image

    第二新卒の転職と年収の実態

  • image

    転職して年収が下がる人と上がる人の違いとは?

  • image

    日本人の平均月収はどれくらい?転職で収入アップする時の4つのポイント

  • image

    キャリアに見合った年収で働きたい…転職活動のポイント

  • image

    高卒の年収の平均は?転職で年収を上げるポイント!

  • image

    転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる