新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事の悩みを解消したい…転職で解決できること

仕事の悩みを解消したい…転職で解決できること

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事の悩みは、退職せずに解決できる場合と、転職することで解決できる場合がある 
    ・転職先企業に求める条件を明確にし、スケジュールに余裕を持って転職活動に取り組もう 
    ・自己分析をしっかりと行い、キャリアプランに合った転職をしよう

今後のキャリアについて不安になったときや、仕事にやりがいを感じられなくなったときなどに、転職したいと思う人も多いのではないでしょうか。悩んでいる内容によっては、転職することで解決できる可能性もあります。 
このコラムでは、仕事や転職時に抱えがちな悩み、転職を成功させるポイントについてまとめました。

◆多くの人が抱える仕事の悩みは?

仕事をしていると、キャリアや環境などに不満や不安が出てきて、転職について考えることがあります。しかし、転職したからといって、必ずしも悩みが解決するとは限りません。転職や退職を決断せず、悩みながら働いている人も多くいます。
ここでは、ありがちな仕事の悩みと転職を考えるときの注意点についてまとめました。

【収入への不満】

年収に対する不満をきっかけに転職を考える人は少なくありません。
年収とは、税金や保険料などが天引きされる前の総支給額のこと。年収をアップさせるために、転職したいと思う人もいるでしょう。
しかし、転職先から高い収入を提示されても、下記のような場合もあります。

・現職に比べて手当が少ない
・税金が考慮されていない
・ノルマが果たせないと減収になる場合がある
・長時間労働や激務が続く環境

いくら収入が高くても長く働ける環境でなければ、また転職活動を考える日が来るかもしれません。
その反面、年収が少なくても、福利厚生や手当が充実している場合もあります。
提示された年収だけで判断せず、給与規定や手当、評価方法などについて確認しておくと良いでしょう。

【人間関係の悩み】

上司や同僚、後輩との人間関係にストレスを感じ、転職を考える人もいます。しかし、人間関係のトラブルはどの職場でも起こりうるもの。
転職を決める前に、身近な人に相談したり、コミュニケーション方法を模索したり、自分の部署異動を考えてみたりするなど、関係改善に向けて行動できることがあります。
ただし、精神的・肉体的に追い詰められている場合は、無理せず転職を考えた方が良いでしょう。

【会社の将来性への悩み】

会社の将来が不安なときは、財務状況やIR情報などを確認してみると良いでしょう。現場で感じている不安は、実際は一部の部署や支店だけのものかもしれません。
しかし、万が一会社が潰れてしまった場合は、その後の転職活動が不利になります。自分の状況を客観的に判断して、本当に転職すべきか考えてみましょう。

【仕事に対する悩み】

実際に働いてみると、他業界の仕事に興味が出たり、同じ業界でも上のフェーズに携わる仕事がしたいと思ったりすることがあります。
転職後、必ずしも望んだ業務に関わることができるとは限りません。まずは、現在の部署で仕事の取り組み方を変えたり、部署を異動したりするなど、現職のまま解決する方法はないか考えてみましょう。
また、理想の仕事内容や待遇を書き出すことで、仕事を変えれば解決する問題か、転職する場合はどの条件を重視して仕事を探すべきか明確にできます。

◆転職時に抱えがちな悩みと対処法

転職を考え始めたとき、「転職先の決め方が分からない」「どれくらい応募すればいいの?」など悩む人もいるのではないでしょうか。以下を参考に転職活動の準備を始めましょう。

【応募する企業数で迷ったとき】 

転職を短期間で成功させるためには、複数の企業に同時応募しておきたいものです。しかし、あまりにも応募する企業数が多すぎると、企業研究や面接対策が疎かになったり、スケジュール管理が困難になってしまったりする恐れがあります。 
同時に応募する企業数に決まりはありませんが、無理なく管理できる数に応募し、転職活動をしながら絞っていくのが無難です。 
特に仕事をしながら転職活動をする方は、転職活動に費やせる時間が限られているため、余裕を持って計画した方が良いでしょう。

【転職先の決め方が分からないとき】

転職先を決める前に、働く環境や仕事内容、給与、勤務時間など自分が転職先に求める条件を考えてみましょう。譲れない条件を明確にしておくことで、入社後のミスマッチを防げます。
また、今までの経験を基に「どんなときに喜びを感じるか」ということを考えみるのもおすすめ。学生時代に体験したことやアルバイト経験で楽しかったことを掘り下げてみると、やりがいを持って取り組める仕事が見つかるかもしれません。

◆自己分析をして、仕事に求める条件を考える

転職活動を始める前に自己分析を行い、今まで培った経験やスキル、自分の強み、今後のキャリアプランなどを明確にしましょう。
自分のキャリアを振り返ることで、転職に適した時期や応募するべき業界・職種が明らかになります。
キャリアが充分なら、即戦力になれる強みを武器にすぐ転職活動を始めることも可能。逆にキャリアが不充分だと感じるならば、今の職場で経験を積んでから転職を目指しても良いでしょう。

また、20代は基礎的なビジネススキルを身に付けてから転職することで、よりスムーズに転職活動を進められます。
さらに、転職先や仕事に求める条件、転職によって実現したいことを明確にしましょう。条件が複数ある場合は、優先したい条件、妥協できる条件を決めることで、応募すべき企業が見えてきます。

転職するか迷っている人は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。
ハタラクティブでは、アドバイザーがマンツーマンで転職活動をサポート。転職に関する悩みや不安を、アドバイザーに相談することができます。
また、面接日や入社日の調整も代行しているため、在職中に転職活動をする場合でも効率的に進めることができるでしょう。
まずはお気軽にハタラクティブにご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ