転職に失敗する人の特徴

転職に失敗する人の特徴の画像

企業研究が十分ではなかった

転職の失敗事例で、もっとも多い原因が、転職先の企業についてよく調べていなかったことです。
業種や給与など、表立った条件だけに飛びついて慌てて転職してしまうと、入社してから想像とのギャップにがっかりしてしまうということにもなりかねません。
例えば、憧れの業界に転職したつもりでも仕事内容が全く自分に向いていなかった、給与は悪くなくてもそのぶん残業時間が大幅に増えてしまった、などのギャップです。一度、こうしたギャップを感じてしまうと、人の心がもう一度上向きになるのはなかなか難しいでしょう。
入社してすぐにまた、転職活動…なんていう事態も起こってきます。企業研究を十分にしなかった原因としては、転職活動に「焦り」があったからではないでしょうか。早く就職先を見つけて楽になりたいだとか、フリーターから早く正社員になりたいという気持ちが、情報が少なくても内定をもらった企業への転職を即決してしまう原因になります。

しかし、職場を選ぶのは人生に関わる大事なことです。焦って決めるのではなく、じっくりと吟味することが大切になります。企業は人を選びますが、人にもまた企業を選ぶ権利はあるのです。

気持ちが後ろ向きだった

後ろ向きな気持ちでの転職活動は、失敗につながることが多くあります。
『前の会社の業務が忙しくてきつい』、『人間関係が上手くいかなくて居場所がない』、そうなると逃げ出したくなるのは自然な気持ちではありますが、かといって、ネガティブな感情で行う転職活動は、採用担当者に見透かされてしまいがちです。
上手く取り繕っていても、履歴書や面接時の態度に、後ろ向きさが現れてしまいやすいです。もしも採用されたとしても、引け目を感じたままだと、心から『この会社で頑張ろう』と切り替えられないのではないでしょうか。
転職をする前に、まずは今の職場でやれるべきことをやりきってしまいましょう。その上で転職活動は前向きな気持ちで行うようにしましょう。

誠実さ

自分を大きく見せたほうが採用されやすいと考えて、自分を偽ってしまうと、たとえ採用されたとしても、入社後にたいへんな思いをすることになります。
能力や経験に見合っていない部門に配属されてしまい、ボロが出てしまう、なんていう人は珍しくありません。

確かに、転職活動時に自分をPRすることは大切ですが、あくまでも本当の自分に基づいたPRでなければ、結局自分の首を絞めることになってしまいます。
自分に合った業界や職種が正しく理解できていれば、無理に自分を作らなくても、あなたを採用したいと考えてくれる企業は必ず存在します。
転職活動では、自分を大きく見せるよりも前に、誠実な気持ちで臨み、自己分析をしっかり行うことを考えましょう。就職について考える時間は、自分自身と向き合う時間でもあるのです。

転職活動は、企業をしっかりと調べ、前向きなモチベーションで自分自身の特徴をしっかりとつかんでこそ成功します。しかし、なかなか自分一人では難しい課題もたくさんあることでしょう。
ハタラクティブではそんな転職活動中の第二新卒のみなさん、フリーターのみなさんをサポートしています。お一人で悩まれているのなら、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。きっとあなたの転職活動に役立つ情報をお届けします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION