転職に失敗するときの特徴とは?成功するポイントとあわせて解説

転職に失敗するときの特徴とは?成功するポイントとあわせて解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職に失敗するときの特徴は「企業研究が不十分」「経歴に嘘をついている」など
  • 転職成功を目指すなら、転職活動の軸を明確にしておこう
  • 転職活動を成功させるポイントは「入念な企業研究」「前向きなモチベーション」など
  • 「自分自身の特徴を理解する」ことも転職を成功させるポイント

転職に失敗するときは、どのような特徴があるのか知らない方もいるでしょう。転職活動を成功させるためには、入念に企業研究を行い、前向きなモチベーションで自分自身の特徴をしっかりとつかむことが大切です。このコラムでは、転職に失敗してしまうケースを解説。加えて、成功するためのポイントも紹介しています。転職活動が上手くいかず、悩んでいる方は参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職に失敗するときの特徴とは?

転職に失敗するときには、どのような特徴があるのでしょうか。以下で考察していきます。

企業研究が十分ではなかった

転職の失敗事例として、まずは転職先の企業の研究不足が挙げられます。企業研究が不十分のまま、業種や給与など、表立った条件だけに飛びついて慌てて転職してしまうと、なかなか採用に至らないばかりか、入社後にミスマッチが起きる可能性もあります。たとえば、憧れの業界に転職したつもりでも「仕事内容が全く自分に向いていなかった」「給与は悪くなくてもその分の残業時間が大幅に増えてしまった」など。一度このようなギャップを感じてしまうと、早期離職に繋がることもあるようです。

転職に対する気持ちが後ろ向きだった

後ろ向きな気持ちで転職活動を行うと、失敗につながることが多くあります。「前の会社の業務が忙しくてきつい」「人間関係が上手くいかなくて居場所がない」など、ネガティブな感情で行う転職活動は、採用担当者に見透かされてしまいがち。上手く取り繕っていても、履歴書や面接時の態度に、後ろ向きさが現れてしまうようです。

嘘をついてしまう

自分を大きく見せたほうが採用されやすいと考えて、面接でつい嘘の経歴を伝えてしまうと、たとえ採用されたとしても、入社後に大変な思いをすることも。能力や経験に見合っていない部門に配属されてしまった結果、ボロが出てしまうということもあるでしょう。また、内容によっては内定取り消しや解雇になる可能性もあります。「面接で嘘をついてしまった?バレたらどうなる?考えられるリスクとは」では、面接でついてしまいがちな嘘やバレたときのリスクなどを解説しているので、参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職活動を成功させるためのポイント

転職を成功させるには、基本的なポイントを押さえて転職活動を行うことが大切です。以下に、転職活動を行う際のポイントについてまとめました。

転職の軸を決める

転職の軸とは、転職活動を行う際に自分が譲れない条件のことを指す言葉です。「特定の業務に対する経験を積みたい」「資格やスキルを活かしたい」「福利厚生が充実した職場で働きたい」など、転職の軸を決めることで、企業選びの基準や転職する理由が明確になります。転職活動を行う前に、まずは転職先の企業に自分が何を求めているかを書き出し、自己分析を行った上で転職の軸を決めておきましょう。転職軸の作り方を解説!面接時に聞かれた時の例文も紹介」では、具体的な転職軸の作り方や注意点、面接で質問された際の回答例などを紹介しているので、参考にしてみてください。

企業研究は十分に行う

転職活動の際は、焦らずしっかりと企業研究を行いましょう。「早く就職先を見つけて楽になりたい」「フリーターから早く正社員になりたい」という気持ちから焦ってしまうと、手当たり次第に受けて内定をもらった企業への転職を即決してしまうことも考えられます。職場選びは人生に関わる大事なことです。焦って転職先を決めるのではなく、自分の転職活動の軸に合った職場を選ぶようにしましょう。

ポジティブな気持ちで臨む

もしも採用されたとしても、ネガティブな状態のままだと、心から「この会社で頑張ろう」と切り替えられない恐れがあります。転職をする前に、まずは今の職場でやれることはやりきってしまいましょう。その上で前向きな気持ちに切り替えて、転職活動を行うことが大切です。

また、面接の際に退職理由を聞かれた場合も、ネガティブな理由を伝えるのは避けるようにします。「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」では、面接での転職理由の伝え方やポジティブに言い換える方法などを紹介しているので、参考にしてみてください。

嘘をつかず、誠実な気持ちで臨む

転職活動時に自分をPRすることは大切ですが、あくまでも本当の自分に基づいたPRでなければ、結局自分の首を絞めることになってしまいます。自分に合った業界や職種が正しく理解できていれば、無理に自分を作らなくても、採用したいと考えてくれる企業は存在します。転職活動では、自分を大きく見せるより、誠実な気持ちで臨むことが大切です。そのためには、自己分析をしっかり行うようにしましょう。

在職中の転職活動は会社を辞める時期も考えておこう

在職中に転職活動を行う場合は、あらかじめ辞める時期を決めて転職するのも1つの方法です。会社を辞める時期は、求人の多い時期や仕事の閑散期、ボーナスのあとなどが適しているとされています。また、会社を退職するときは、退職日の1~3ヶ月前に意思を伝えるようにしましょう。「会社を辞める時期はいつが良い?退職にベストなタイミングを解説」では、会社を辞める時期や退職日を決めるポイント、伝えるタイミングなどを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

転職活動は、入念に企業研究を行い、前向きなモチベーションで自分自身の特徴をしっかりとつかんでこそ成功します。しかし、働きながらの転職活動では、なかなか自分一人では難しいこともあるでしょう。そのようなときは、エージェントを利用してみるのも1つの方法です。
ハタラクティブは、若年層の就職・転職支援に特化したエージェントです。専任のアドバイザーがつき、求職者一人ひとりの希望や就職・転職活動の悩みを丁寧にヒアリング。求人の紹介をはじめ、書類の添削や面接対策など就職・転職活動をしっかりサポートしています。サービスはすべて無料で利用できるため、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ