新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. カラ残業は詐欺になるの?低給与から脱却する方法とは

カラ残業は詐欺になるの?低給与から脱却する方法とは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事もないのに残業をして不正に時間外手当を受け取る「カラ残業」は違法行為
    ・時間外に不要な仕事をすることで残業代を稼ぐ「ダラダラ残業」も問題視されている
    ・カラ残業もダラダラ残業も給与水準の低さが原因とされることが多い
    ・基本給を上げるためには、転職するのも一つの方法

あなたの会社には、ダラダラと居残って仕事をしている人や業務もないのに就業時刻を過ぎても社内に残っている人はいませんか?
今回は、残業をせずに就業後の勤務時間を偽って時間外手当を受け取る「カラ残業」についてご紹介します。
詐欺罪に当てはまるカラ残業。
社会人として、しっかりと知識を身につけておきましょう。

◆カラ残業、ダラダラ残業って何?

時間外労働をしていないにもかかわらず、残って仕事をしたとウソの申請を出して不正に残業手当を受け取ってしまうことを指します。
また、遅刻・早退を隠して給与から差し引かれることを逃れようとする行為もカラ残業としてみなされるようです。

さらに、カラ残業と同じように不正に時間外手当を狙うダラダラ残業という行為も問題視されています。
ダラダラ残業とは、業務は行っているが不要な仕事をすることで手当をもらうというものです。ダラダラと仕事をすることで残業代を稼いでいる、という目で見られることもあり、生活残業と呼ばれることも。
日中の作業効率を上げずに残業に持ち越すといった手段を取ることで、時間外手当を受け取る人もいるようです。

ダラダラ残業は業務を行っているため法に触れることはない、とされています。

しかし、カラ残業は業務を行っていないのに時間外手当を受け取るため、れっきとした犯罪行為です。

カラ残業は業務を行っていないのに時間外手当を受け取るため、れっきとした犯罪行為です。不正に給与を受け取ったとみなされたときには、詐欺罪などの刑法として処罰されることでしょう。

こういった不正行為をなくすために、NO残業デーを設けたり、残業ゼロの取り組みを行ったりする企業が増えつつあります。
不正を無くすためでもありますが、過重労働をさせない、企業全体の業務効率化を図るといった目的もあるようです。

なぜ、カラ残業やダラダラ残業をしてしまう人がいるのでしょうか。
その原因について詳しく見ていきましょう。


◆不正な残業をしてしまう原因とは

不当にお金を得てしまうのは罪に値します。
中には、分かっているにもかかわらず残業をしてしまうケースもあるようです。
その理由として多く挙げられるのは、給料が低いから残業代で稼いでいる、というもの。
固定休が低いからといって、残業代で水増しをしてしまうのはやはり違法行為です。
しかし、カラ残業をする人がいるという現実問題と向き合ったとき、見えてくるものは給与水準の低さにあります。
地方では特に、職種によってはギリギリの生活を強いられるような給与額で生計を立てなければならないケースも…。残業代がなければ生活が成り立たないという人も中にはいるようです。

働き過ぎのイメージが強い日本。実際に時間外労働をしている企業は多く存在することでしょう。
しかし最近では、「残業削減!」と目標を立てている企業も多く、定時で帰るように促している姿も見られるようになってきました。
お金を稼ぐために残業をしている人もいるようですが、仕事量が多すぎて、時間内に終えられずにサービス残業をしている人も同じようにたくさんいます。
会社に残ってどんなにがんばって仕事をしたとしても、残業代が出ないことも多いのです。

そんな日本では、働く側も企業側もプラスとなるような働き方改革が必要なのかもしれません。


◆給与が低いという原因を解決する方法

カラ残業やダラダラ残業をしてしまうのは、自分の希望する額の給与をもらえていない可能性が高い、という原因が考えられます。

「給与がアップする気配はない」「給与体系の見直しはなさそう」…と、今の会社に希望を持つのは難しいと思ったときは、転職を考えてみるのも一つの方法です。

低給与のまま仕事を続けていても問題は解決されにくいでしょう。
改善させるためには、自分自身が動くことも大切です。
もし、今よりも給与をアップさせたい、本当は残業をしたくない、と思っているのなら、希望を叶えられる企業への転職をオススメします。
これまでのスキルや経験をアピールできれば、今よりも収入が上がる可能性もあるでしょう。

希望条件に合う企業探しがうまくいかない…というときには、就職アドバイザーに相談してみませんか?
非公開求人を保有しているハタラクティブでは、求職者一人ひとりに合ったお仕事の紹介を行っています。バックアップするのはプロのアドバイザーたちです。
これまでのサポート経験を活かしつつ、満足していただける転職活動を支援いたします。
現状を脱却したい!というあなたの願いをぜひ私達に叶えさせてください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ