30代には厳しい?転職を成功させるためのポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代には厳しい?転職を成功させるためのポイント

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・30代でも自分が持つ経験やスキルと企業が求める人物像がマッチしていれば転職できる可能性は高い
    ・転職を成功させるには「転職の目的」を明確にすることが大切
    ・退職後に転職活動をすると経済的な不安や焦りから妥協して転職先を決めてしまう恐れがあるため、在職中に転職活動をするのがおすすめ

「30代の転職は、難しい…」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。
実際は、どうなのでしょうか?
今回のコラムでは、30代の転職についてまとめています。ぜひ、参考にしてください。

◆30代の転職は難しい?

30代であっても、自分が持つ経験やスキルと企業が求める人物像がマッチしていれば、転職を成功させることは十分可能です。

大切なのは、30代の転職希望者に求められることが何かをきちんと理解しておくこと。

成長やポテンシャルを期待する20代とは違い、30代が重視されるのは経験や実績。

「〇〇〇なことがしたいです」というより、「〇〇〇の経験があるので、御社に貢献できる」というような経験に基づいたアピールが必要になってきます。
30代ともなれば、それなりの仕事を任される年齢です。実績を数値化したり、任されたプロジェクトについて話したりするなど、客観的な具体例をアピールすることが重要です。
 

◆30代の転職活動におけるポイント

転職を成功させるためには、「転職の目的」を明確にすることが大切です。

転職の目的が曖昧なままだと、転職が失敗に終わる可能性が高くなります。転職のゴールは、転職先を見つけることではなく、転職先で活き活きと働くこと。
目先の条件に惑わされないように、まずは自分が転職で何を叶えたいのか明確にしましょう。
収入面なのか、やりがいなのか、それとも自身の成長やスキルアップが目的なのかを箇条書きにし、優先順位をつけてみることをおすすめします。
優先順位が明確になれば、入社後にミスマッチを感じることもないはずです。
ちなみに、未経験の職種への転職は難易度が高め。職種を選ぶ際は、優先順位と採用難易度のバランスを考えるとよいでしょう。

次に把握しておきたいのが自分の市場価値。

需要のあるスキルを持っているか、どれだけの実績があるのかを知っておく必要があります。
もともと業績の良い会社にいた場合、自分の市場価値を見誤り高く見積もってしまう人も。あくまで客観的な視点でどれだけのスキルや経験が自分にあるのか考えてみましょう。
同年代の同業他社の人の意見を聞いたり、転職エージェントに相談するのも良いかもしれません。


◆転職活動は効率的に進めよう

30代は組織の中でも中核を担う存在として期待されている人が多く、退職時には慰留されるケースも少なくありません。
事前にしっかり計画し、退職の申し出や手続きについても準備を進めておくことが大切です。

退職してから、集中して転職活動をしたいという人もいますが、できれば在職中に転職先を決めるのが望ましいでしょう。
退職後の転職は、離職期間が長引いてしまった場合、焦りからよく検討せずに転職先を決めてしまい後悔する人も。

働きながらであれば、経済的な面での不安や働いていないことへの焦りがないので、妥協せずに慎重に転職活動を進めることができます。

納得のいく転職先が見つからなかった場合、会社に残ることができるのも大きなメリットです。
しかし、働きながらの転職活動にデメリットがあるのも事実です。
限られた時間の中で、企業研究や応募書類の作成、面接の日程調整をしなくてはなりません。また、経済的な不安がないゆえに、転職へのモチベーションを維持するのが難しく、転職活動が長引いしてしまうことも。
30代での転職は、十分可能だとお伝えしましたが、年齢が上がるにつれてハードルは上がります。できるだけ早く効率的に転職活動を進めるなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。
転職エージェントでは、求人紹介をはじめ、転職にまつわるあらゆるサポートを受けることができます。

ハタラクティブなら、面接の日程調整の代行や応募書類作成のアドバイス、面接対策など、転職活動を総合的にフォロー。転職活動を効率的に進めることができるのがポイントです。
まずは、お気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ