新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 好印象なオフィスカジュアルはスカート選びがポイント

好印象なオフィスカジュアルはスカート選びがポイント

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・肌の露出が多いとだらしない印象を与える
    ・ロングスカートは座ったときに床につかないよう注意が必要
    ・入職後しばらくスーツ出勤をする間に、周囲の人のファッションの傾向を見て学ぶ

近年のビジネスシーンにおいては制服制度を廃止し、少しラフな服装での勤務を進めている企業が増えているようです。
企業にとっては制服代の削減やクールビズにつながり、働き手にとっても拘束感がなくリラックスして業務に取り組めるといったメリットが挙げられています。
そうは言うものの、職場ということを考えると、どこまでカジュアルにしていいのか判断が難しいところです。

オフィスで浮いてしまうことがないよう、通勤ファッションにお悩みの方は是非参考にしてください。

◆オフィスカジュアルはどこまでOK?

オフィスカジュアルとは、制服制度がない職場におけるスーツ以外のカジュアルな仕事着のこと。最近では、市町村役場やベンチャー企業に導入されているようです。

しかし、「オフィスカジュアル」の定義は明確ではなく、各々の企業や団体の職務内容で大きく開きがあるようです。
お客さま対応が全くないデスクワークのみの職場だと自由度が高いところもあるようですが、取引先との応対がある職場であれば常識的な範囲での自己判断が必要とされます。

服装の選択が自由であっても一人で自宅で仕事をするのとは違い、他者との関わりがある職場では、社内の雰囲気にふさわしい身なりをしたいもの。個性があるのはいいことですが、他者とのバランスに気を配ることも必要でしょう。

一般的に、入社してしばらくの期間はスーツ着用での勤務が好ましいとされていることが多いため、その間に周囲の方の服装を観察し参考にすることをオススメします。

次項で好ましくないスタイルを挙げています。自分に当てはまらないかチェックしてみましょう。


◆印象が良くないとされるスタイル例

・肌の露出が多い
・目立つ柄、色
・派手なデザイン
・大振りまたは派手なアクセサリー
・不潔感が出ている

肌の露出に関して特に注意したいのが、胸元と足。
大きく襟ぐりが開いていると、だらしない印象を与える恐れがあります。シャツなどは自分に合ったサイズを選ぶときちんとした印象を与えられます。

スカートの場合、足の見え具合にも配慮をもったほうが良いでしょう。
膝上のミニスカートで職場をウロウロされては、「この人は何をしに職場に来ているの?」「仕事のやる気が感じられない」と思われてしまうかもしれません。
しっかりした実力があるのに印象だけで評価が下がってしまうことも…。
立ったり座ったりの動作が発生することも考慮にいれ、一般的に適切と言われる膝丈を選ぶのがベターです。
また、長過ぎるスカートも好印象とはいえません。しゃがんだ時や椅子に座った時に、裾が床についている姿には不潔感があります。身につけている洋服のせいで仕事に集中できないのは本末転倒でしょう。

それでは、具体的にどのような服を選ぶと好感をもたれるのでしょうか。次項の例をご確認ください。


◆オフィスカジュアルで好印象に見せるには?

【ジャケットを合わせる】

スカートでもパンツスタイルでも、ジャケットを着ればきちんと感が出ます。ジャケットの丈も全体のバランスを左右するので、自分の体型やボトムスのボリュームも考えながら合わせると良いでしょう。

【ストッキングを着用する】

オフィスで足が見える場合はストッキングがベスト。パンツスタイルなどであまり足が見えない場合は靴下でも構いませんが、ストッキングだとより上品な印象が与えられるでしょう。

【ヒールがある靴をはく】

ヒールの中でもかかとのとがったピンヒールは、職場においては好ましくありません。3~7センチほどの安定感があるものが好感をもたれているようです。

【シャツを着る】

特に襟があるシャツは、清潔感と信頼感を与えると言われています。シワやシミなどがないよう注意しておくと良いでしょう。

いかがですか。自分では派手さや露出はないと思っていても、周りの目は意外とシビアです。個人の感覚には他者と大きな差が生じることもあるので、家族や友人に聞いてみると良いかもしれません。

上記でご紹介した内容は一般的な傾向ですので、すべての企業に当てはまることはありません。むしろ、TシャツやḠパンなどの着用を好むなど、トラディッショナルなスタイルを避けたスタイルの企業も多数存在しています。


20代に特化した就職と転職をサポートしているハタラクティブは、実際に企業を訪問しヒアリングを行っているため、求職者に社風を含めた細かな情報をお伝えすることが可能。求職者の立場に立ったアドバイスを行っています。また、円滑なビジネスライフが継続するよう就職後もアフターサポートを実施。包括的なサービスで求職者を支え続けています。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ