解説!良い印象を与える自己PR文の作り方

解説!良い印象を与える自己PR文の作り方の画像

この記事のまとめ

  • 面接官は、自己PRから仕事に役立つ能力があるか、長所は職場で活かせそうかを判断する
  • 自己PRは、業務内容や企業のニーズとの接点が重要
  • アピール内容はひとつに絞り、冒頭でストレートに述べる
  • 面接の際には、制限時間が設けられる場合もあるので、充分な準備が必要

就職活動中に、面接や応募書類のために自己PRを作成する場面は多くあると思います。採用担当者が自己PRの内容から職場で活躍できるかなど、多くのことを判断していることをあなたは知っていますか?自己PRは、就活において重要な要素と言えます。当コラムでは、自己PRの伝え方のコツを例文を交えて解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆自己PRの目的

面接や応募書類では、自己PRをすることが多くあります。
面接官は自己PRから、「仕事に役立つ能力があるか」「長所は職場で活かせそうか」などを把握したいと思っています。
また、企業のニーズを理解しているか、および企業研究がきちんとできているかもチェックされます。
自己PRの中で、専門的なスキルをアピールしても、企業のニーズと合わなければ採用に結びつかない場合がありますので注意が必要です。


◆自己PRの考え方

前項で述べたように自己PRは、就活において重要な要素となります。
伝わりやすく、良い印象の自己PRにするために、下記のようないくつかのポイントがあります。

【結論は最初に伝える】

アピール内容は、1つに絞ると良いでしょう。
まず最初に、絞り込んだアピール内容を端的に伝えます。できれば、ストレートでインパクトのあるキャッチコピーのようなものにしましょう。
そこから根拠やエピソードなどを補足していくことがベストです。

【具体的なエピソードを交えて根拠を説明する】

そのアピール内容を表す、前職での経験や実績、問題解決で工夫した点などを述べましょう。

【仕事への活かし方を伝える】

採用後、アピールポイントを活かして会社に貢献する姿をイメージできるような内容を盛り込みます。

以上のポイントを押さえると、面接官に良い印象を残す可能性が高いでしょう。


◆例文と伝え方のコツ

ここでは、応募書類や面接での自己PRの例文を紹介します。

【応募書類】

私は、主体性に自信があります。
人から言われて行動するのではなく、常に「何が必要か」「どうしたらよいか」を自ら考え、提案するように努めています。
貴社では、その主体性を商品企画という分野で活かし、顧客が必要とすることや、社内でいかに効率的に業務を進められるかをフレキシブルに考え、行動したいと考えています。

【面接時】

私のアピールポイントは、主体性を持ったフットワークです。
マニュアル通りではなく、その場の状況や変化に応じて、適切な判断をし行動できるよう努めています。
前職では、相手との間に交わされる「会話」など、些細な気付きの中から、ニーズを読み取り企画を提案していました。
御社でも、エンドユーザーのみではなく社内をはじめとする周りの方が、何を必要としているかを考えて行動し、商品企画に活かしたいと考えています。

面接で自己PRを伝える際のコツを紹介します。

・自信を持って話すこと

おどおどしたり目線を落としたりせず、ハキハキと丁寧に話しましょう。

・時間設定があるケースもあるので入念な準備が必要

面接官から1分や2分、3分など制限が設けられ、その時間内で話すというケースもあります。それぞれの時間設定で準備しておく必要があるので、練習を繰り返し行うと良いでしょう。

面接対策を万全にするには、就職エージェントを活用することをおすすめします。
第三者の目線で見たアドバイスが受けられるので、面接対策にぴったりです。。

ハタラクティブは、20代に特化した就活エージェント。
専任の就活アドバイザーが、カウンセリングや求人紹介、面接対策、応募書類の添削などを行い、内定獲得までを親身にサポートします。
就活のことで一人で悩まずに、まずはご相談ください。