自己PRを例文付きで解説!就活で受ける書き方とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自己PRを例文付きで解説!就活で受ける書き方とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自己PRは人事担当者に自分のスキルや経験、人間性を伝えるためのもの
  • ・自己PRでは、応募先の企業で求められるスキルや能力に合った強みを伝える
  • ・自己PRではアピール内容の根拠を明示する
  • ・第二新卒や未経験の職種・業界への転職など経験が浅い場合も自己PRは作れる

自己PRを例文付きで解説!就活で受ける書き方とは?の画像

転職活動で履歴書・職務経歴書を作成するときに悩むのが、自己PRの書き方。しかし、自己PRは採用担当者に自分のスキルや経験、強みを知ってもらうチャンスです!このコラムでは、自己PRを作成する手順やコツ、例文をご紹介します。第二新卒での転職や未経験の職種・業界にチャレンジする場合など、自己PRが考えづらい際の対応方法も解説しますので、ぜひご一読ください。

なぜ転職時に自己PRが大切なのか?

採用担当者は日々たくさんの応募書類を見て、「会ってみたい人材か」「履歴書・職務経歴書隅々に目を通す必要性があるか」などをチェックしています。その判断基準の一つが、自己PRです。そのため、自己PRでは「一度会って面接をしてみたい」と思ってもらえるように、自分のスキルやこれまでの経験を効果的にアピールする必要があります。それでは、採用担当者は自己PRでどんなところをチェックしているのでしょうか?

応募者の「スキル」や「経験」

中途採用をしている企業は、即戦力となってくれる人材を探しています。そのため、求めるスキルや経験が明確にあることが多いです。たとえば外国語や技術系の専門資格などのスキルや、職種の経験、社会人としての経験、顧客対応の経験など、自社に必要なスキルや経験を持っているかを見ています。応募要項や求める人物像を把握したうえで、マッチするポイントをアピールしましょう。

応募者の「人間性」「入社意欲」

企業は応募者の人柄や人間性も重視しています。スキルだけでなく、「社風と合っているか」「既存のメンバーとの相性は良さそうか」といった点も、企業にとって大事だからです。スキルが高くても、仕事に対する姿勢に問題があったり、周りの人に対する気配りができなかったりすると「一緒に働きたくない」と思われてしまうことも。

また、スキルの高さや人間性の良さが同程度であれば「自社への入社意欲」が感じられる応募者に入社してほしいと思うものです。嘘をつく必要はありませんが、企業の求める人物像を把握したうえで、自分の長所や意欲を採用担当者に知ってもらえるようにしましょう。

自己PRを作成するときの4ステップ

自己PRの作成は、きちんと手順を踏めば難しくありません。ポイントは企業のニーズに合った自分の強みを紹介すること。以下の手順に沿って作成するとスムーズです。

1.キャリアを振り返る
最初に、自分がこれまでにしてきた仕事内容と実績を時系列で書き出してみましょう。このとき、実績は具体的に数字で書くのがポイントです。たとえば「1年間で新規の受注を10件獲得」「製造効率を130%上昇」など。数字で書くと実績がどれほどのものなのか、客観的に分かりやすくなります。

2.企業研究をして採用ニーズを考える
次に応募先の企業の募集要項を調べ、どんなスキルを求めているのか考えてみましょう。その際、必要とされるスキルが1で自分が書き出した実績と関係があるかどうかも確認してください。自己PRでは、応募先の企業が求めるスキルや人物像と自分が合っているかが大切です。

3.自分の強みや長所を洗い出す
1で書き出した自分の実績から、企業の求めるスキルと関係のある自分の強みを表現してみましょう。たとえば、「1年間で新規の受注を10件獲得」は「目標指向性・達成意欲」「粘り強さ」「実行力」といったスキルにつながりますし「製造効率を130%上昇」なら「改善・成長意欲」「課題発見力」「提案力」があるといえます。

4.自己PR文に落とし込む
最後に1~3で書き出した情報をもとに、自己PRをまとめます。このときに入れたい要素は、主に以下です。
・自分の強みやスキル
・その根拠となる具体的な行動
・行動の結果、出した成果

このときのポイントは「アピール内容の根拠を明示すること」「エピソードは一つに絞ること」。アピール内容の根拠として1で出した具体的なエピソードが提示してあると、強みと書いている内容に説得力が出ます。また、エピソードが2つ以上あると分かりづらいので、職務経歴書に書くのは1つにとどめましょう。

自己PRの作成例

これまで触れてきたステップをふまえて、自己PRの作成例をご紹介します。

【自分の強みやスキル、信念】
私は「粘り強さ」を武器に仕事を続けてきました。

熱意を伝え続けることで人が動いてくれること、すぐに結果が出なくてもあきらめずに努力をしていればいつか成果が出ることを信じ、仕事においてもそういった誠実な姿勢を大切にしています。

【具体的な行動】
金融商品の新規営業を始めた当初、最初の3か月間は全く受注できませんでしたが、あきらめずにお客様への訪問を続け、上司に同行をしてもらったときはフィードバックを受けながら改善に努めるようにしていました。また、お客様のもとへ足しげく通い、直接の営業につながらなくてもお客様に有益になるような情報をお伝えしたり、何かお問い合わせをいただいたときは即対応したりと地道な努力を継続。

【成果】
その結果、お客様からお客様と良い関係を築くことができ、1年間で新規の案件を10件受注できたほか、信頼関係のおかげで複数の商品を契約していただけるようになりました。


上記の例で大切なのは、「仕事をするうえでどんなことを大切にしているのか」という信念の部分を明らかにすることです。自己PRでは成果や実績を強調するあまり、この部分が抜けている人もいます。信念の部分は仕事に対する姿勢や人柄が伝わるところでもありますし、「この信念なら入社後もきちんと取り組んでくれるだろう」と再現性も確認されていますので、信念の明らかにするよう心がけましょう。

また、具体的な行動を入れることで、信念の部分に説得力が出ます。最後に「信念・具体的な行動・成果」が連携しているかしっかり確認しましょう。

就活で受ける自己PRの例文 

自己PRの書き方が分かったところで、アピールポイント別に自己PRの例をご紹介します。

1.行動力
私の強みは「行動力」です。私は食品会社で営業として5年間勤務してきましたが、現場でのニーズを活かした商品企画に携わりたいという思いで、社内公募制度を利用して商品企画部に異動。新たな発想で新商品を多数開発しました。また、社内全体から新商品のアイデアを募集できる仕組みを作り、会社全体の良い商品づくりに貢献しています。この行動力は貴社でも大きな武器になるのではないかと思います。

2.責任感
私の強みは「責任感」です。私は、容器製造メーカーで品質管理の仕事をしています。容器製造メーカーにとって品質管理は重要で、お客様である飲料メーカーはもちろん、ユーザーである消費者に与える影響も考え、工場の生産ラインとコミュニケーションを取りながら品質保持に努めています。不良品が発生した場合は、原因の究明を徹底し、再発しない工程づくりを実現。不良品の発生率を半分に減らし、生産性の向上に貢献しました。貴社においても責任感を武器に、生産性の改善と品質向上に取り組みたいです。

3.調整力・交渉力
私の強みは「調整力」です。現職では、鉄鋼の専門商社で営業を担当しています。その際に培った調整力には自信があります。たとえばお客様から「すぐに〇〇という材料を500kg納品してほしい」とご要望をいただいても、仕入れ先からは「その納期だと難しい」と言われるといったことが多くありました。そうしたとき、仕入れ先に「すぐ用意できる量」と「残りの量を用意できる日時」を確認し、お客様には「すぐに〇〇kgを用意しますので、残りは〇〇日でも問題ないでしょうか?」と納期を交渉。仕入れ先の言葉をそのままに伝えるのではなく、仕入れ先とお客様との間に立って調整をすることで、双方から信頼をいただくことができました。この調整力は貴社の営業においても活かせるのではないかと思います。

4.真面目さ
私の強みは「真面目さ」です。現在は広告会社で企画・提案に従事しており、1年目から多くの顧客を担当していました。まだプランナーとして経験が浅かった自分のことを、お客様は一人前として見てくださいました。その思いに応えたいと、毎回入念に準備して提案に臨みました。その結果、1年目から新規の案件を多数受注し、お客様には「次回も〇〇さんにお願いしたい」と言っていただけるようになりました。貴社においても真面目さを大切にし、お客様と誠実に向き合っていきたいです。

5.協調性
私の強みは「協調性」です。現在は、保険会社の事務職として社内外の問い合わせに対応する傍ら、新卒社員2名の教育も担当。チームとしての生産性を向上させるためには、一人ひとりの力を最大限活かしてもらうことが大事だと考え、周りに気を配るように心がけています。たとえば、課長など役職者が参加するチームミーティングのときには課長に代わり、ファシリテーターを務めていました。比較的年次の近い私が意識的に若手社員に質問を投げかけることで、若手社員や新入社員からも意見が多く出るようになり、議論が活発に行われるようになりました。貴社においても、この協調性を発揮してチーム全体に貢献したいです。

第二新卒、未経験職種の自己PRの例文

これまで求める人物像や長所に合わせた強みをお伝えしてきましたが、第二新卒の方、未経験の職種に挑戦する方は「職歴が長くないので、アピールできる内容があるか心配」「未経験の職種の場合はどう自己PRを書いたらいいんだろう」と悩む方もいるのではないでしょうか。下記では、そうしたスキルや経験をアピールするのが難しい場合の対処方法についてご紹介します。

第二新卒の場合

企業が第二新卒に期待するのは「社会人としての基礎能力」と「若さ・フレッシュさ」。年齢的には新卒に近いフレッシュさがありながらも、社会人としての基本を身に付けているというのが大きな強みです。また、業務経験があることもポイントなので、「大した経験がないから……」と思わず、どんな仕事をしてきたのか、何を学んだのか積極的にアピールするようにしましょう。

自己PRの例文
現職では、旅行会社の法人営業を担当しています。私の強みは「提案力」です。お客様に喜んでもらいたいという思いから、ご提案の際は毛色の違う複数のプランを用意して、納得感をもって選んでもらえるようにしていました。こうした姿勢がお客様に評価され、選ばなかったプランを別の機会に採用していただけたり、「次もぜひお願いしたい」と指名をいただけたりすることが増えました。入社2年目には同期入社20名のうち、売上金額1位の成績を残しています。Web広告の営業においても、提案力を活かし、お客様に喜んでいただけるような提案をして貴社に貢献したいです。

未経験の職種・業界の場合

未経験の業界や職種に挑戦する場合は「学びたい」「教わりたい」という受動的なPRにならないよう注意が必要。未経験であっても前職の経験や、現状のスキルで企業に評価してもらえるポイントはいくつもあります。これまでの経験や今持っている能力を活かしつつ、主体的に動いていきたいという姿勢をアピールしましょう。

自己PRの例文
2年間勤務したアパレルショップでは、お客様をよく観察し、相手が何を求めているのかを常に考える習慣を身に付けました。たとえばよくご来店される方に関しては、お名前や特徴、利用頻度、洋服の好み、買ったものをメモし、次回来店時の会話に活かせるように工夫。その結果、よりお客様に合った商品をご提案できるようになり、顔や名前を覚えていただけることが増えました。また、お客様と信頼関係を築けたことで、深いコミュニケーションを取れることが増え、どんなニーズがあるのか、どんなご要望を持っているのか、背景まで知ることができるようになったと感じています。前職で身に付けた観察力とコミュニケーション力は、自社製品の営業においても活かせると考えます。

フリーターの場合

フリーターを続けていた場合、「自己PRに書くことがない」と悩む方もいるのではないでしょうか。しかし、大事なのは雇用形態ではなく、「その仕事で何を経験したか?」「何を学んだか?」です。そのため、アルバイトで得た経験も十分自己PRの材料となります。どんな人にもその人にしか書けない自己PRがあるはずなので、採用担当者に自分の魅力を知ってもらうためにもどんどんアピールをしましょう。

自己PRの例文
私の強みは、人を巻き込む力です。3年間勤務していた飲食店では、15人ほどのアルバイトを束ねるリーダーをしていました。後輩育成のほか、効率の良い業務のやり方やお客様との接し方で気を付けるポイントなど、ほかの人から集めたノウハウを全体に共有する役割も果たしていました。また、自分がスタッフ同士の間に入って積極的にコミュニケーションを取ることで、アルバイトスタッフ全体が仲良くなり、スタッフが友達を紹介してくれることが多くなって採用にも貢献。貴社においても周りの人を巻き込み、チーム全体で成果を出せるように取り組みたいです。

悪い自己PRのパターン

良い自己PRが分かったところで、避けた方がいいパターンも見ていきましょう。せっかく考えた自己PRも、採用担当者の心に響かなければもったいないです。自分の書いた自己PRと照らし合わせてチェックしてみましょう。

求める人物像とずれている

たとえば、企業が求めているのが「挑戦心・チャレンジ精神がある人材」の場合、「真面目で言われたことをきちんとこなすことができる」という強みをアピールしても、採用担当者には魅力的には映らないでしょう。企業がどんな人材を求めているのかは、企業のホームページや募集要項を見ると分かります。自己PRでは、企業に合った強みをアピールを心がけましょう。

内容が抽象的すぎる

たとえば「私には粘り強さがあります」という一文だけでは、本当に粘り強さがあるのかどうか分かりません。粘り強さを活かしてどんな成果を出したのか、上司や同僚、お客様からの評価などを入れると具体的かつ客観的な自己PRができ、採用担当者が入社後の活躍を想像してもらいやすくなります。

個性が感じられない

採用担当者に「ぜひこの人に会いたい」と思ってもらえるかは自己PRの内容が関係してきます。「真面目さ」「協調性」「正確性」など誰にでもあてはまりそうな内容では、個性が伝わらないことも。奇をてらう必要はありませんが、無難な内容にとどめずに自分の本当の強みを伝えていきましょう。

字数が少なすぎる

字数が極端に少ないと、エピソードや説明部分が少なくなり、読む相手に内容が伝わりづらくなります。また、あまりに分量が少ないとやる気がない印象を与えてしまう可能性も。300字程度書くようにしましょう。

専門用語を多用している

業界用語は異業種・異職種の人には知らない言葉。多用すると「読み手への心配りがない」と思われてしまいます。誰にでも理解できるような平易な言葉遣いを心がけましょう。


「自己PRに書くことがない」「自己PRを作成したけどこれでいいのかな」とお悩みの方はハタラクティブまでご相談ください。ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職・転職支援エージェントです。ハタラクティブでは、就職支援サービスとして多くの方をサポートしてきた実績を活かし、あなたにぴったりの業界や求人をご紹介するほか、応募書類の添削もします。ぜひこれを機に、お気軽にお問い合わせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ