仕事で緊張するのはなぜ?不安やストレスの原因と軽減する方法

仕事で緊張するのはなぜ?不安やストレスの原因と軽減する方法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事で緊張する原因は、ミスに対する不安からくることが多い
  • 仕事で過度なストレスを受け続けると、自律神経が乱れて「過緊張」状態になりやすい
  • 仕事中の過緊張を防ぐには、原因の把握や十分な休息が大切

「仕事で緊張し過ぎて困っている」という人もいるでしょう。人は誰しも緊張することがあります。緊張すること自体は悪いことではありませんが、度が過ぎると「過緊張」となり心身の不調に繋がる場合があるので注意が必要です。このコラムでは、過緊張の原因や症状、対処法について解説。緊張しやすいのは職場や仕事が合っていない可能性もあります。原因になり得る事柄に対処しても解決しない場合は、転職も検討してみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事で緊張する原因

仕事で緊張をする原因の多くが「不安」から来るものとされています。具体的には、「仕事の失敗が怖い」「業務内容が失敗できない」といった不安から緊張してしまうことがあるようです。仕事で緊張する人は、まずは原因を探ってみましょう。

仕事で失敗しないか不安になっている

誰でも失敗はしたくないものです。まして仕事で失敗をすれば周囲に大きな迷惑をかけるため、避けたいと考える人は多いでしょう。
しかし、失敗から学ぶことも多くあり、失敗することが成長につながるという考えもあります。仕事での失敗が怖くて緊張してしまう人は、物事をネガティブに捉えがち。失敗の経験を次に繋げれば、より良い仕事ができることもあるでしょう。失敗しないよう気をつけることも必要ですが、失敗を過度に恐れるのもよくありません

仕事経験の少なさが緊張の理由になることも

新卒入社や転職・異動直後などは仕事の経験が少ないため、何をすべきか分からなかったり仕事に対して具体的なイメージを掴めなかったりするでしょう。全体の流れや目的が分からなければ基本的な作業ができているのかも分からないため、不安になるのは当たり前のこと。誰でも慣れない内容や環境は緊張するものです。1日でも早く戦力になりたいという気持ちは持ちつつも、焦らずに確実に成長できる道を歩むことをおすすめします。

緊張が続く業務を担当している

人命に関わる仕事や取引額の大きな仕事、自治体や国といったスケールの大きな仕事は、大きな緊張感のなかで業務を行う傾向が見られます。気を抜けない仕事を担当していると、常に緊張状態に置かれるため大きなストレスを抱えることになるでしょう。

多くの仕事のミスはカバーできる

仕事に対して「絶対にミスはできない」「必ず良い結果に繋げないといけない」と、気負い過ぎるのは緊張の原因になり得ます。もちろん、仕事はミスせず行うもの。しかし、例えミスをしてもカバーできることのほうが多いのも事実です。自分で仕事に対するハードルを上げすぎていないか、冷静に考えてみましょう。

変化に敏感な性格

真面目過ぎる、完璧主義、自己肯定力が低いといった性格も、仕事で緊張する原因になります。
真面目過ぎる人や完璧主義の人は、仕事での失敗を恐れたり周囲からの期待に応えたいと考えたりすることから、必要以上に緊張する傾向があるとされています。
また、自己肯定力が低い人は自分が取り組んだ仕事に自信が持てずに「怒られるのではないか」「自分の対応では不十分かもしれない」と不安を抱くことが、緊張につながるようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事で緊張しやすい人は「過緊張」の可能性がある

過緊張とは、心身のストレスにより緊張状態が過敏になり、過剰に交感神経が優位になる状態のことを指します。過緊張が続くと心身の不調を引き起こす可能性が高まるため、注意が必要です。

過緊張の原因となるストレス

過緊張は、仕事をはじめとする日常生活で受けるストレスが原因といわれています。
過度なストレスは自律神経の乱れにつながり、気が休まらない・常に仕事のことを考えてしまうといった状態を作り出すようです
過緊張の原因となるストレスは、「ストレッサー」と呼ばれる外部刺激が大きく影響するといわれています。ストレッサーは「生活環境ストレッサー」、「心理的ストレッサー」、「外傷性ストレッサー」に大別でき、それぞれの詳細は以下のとおりです。

生活環境ストレッサー

親しい人との別れや人間関係、引っ越し、就職など生活環境の変化によって受けるストレス、またそのストレスを要因としたストレス反応が該当します。

心理的ストレッサー

「地震や火事が起きたらどうしよう」「仕事で大きなミスをしたらどうしよう」など、起こっていないことに対する恐怖や不安を要因とするストレス・ストレス反応が該当します。

外傷性ストレッサー

自然災害や社会情勢によって命に関わる大きな衝撃を受けること。こういった体験から引き起こるのが「トラウマ」と呼ばれます。

参照元
文部科学省
第2章 心のケア 各論

仕事で緊張するときの対処法

仕事で緊張する状態が続くときは、まずは不安の原因を突き止めて適切な対処を行いましょう。また、自分なりのリラックス術を身につけ、翌日にストレスを残さないようにすることも大切です。

不安の原因を突き止める

冒頭で説明した「仕事で緊張する原因」も参考にしながら、自分が仕事で緊張する原因や理由を把握しましょう。責任の重い仕事を多く抱えているのが原因なら上司に相談して仕事を分散してもらう、オフィスの温度や音が原因なら羽織物や耳栓を用意するなど、原因が分かれば適切な対処ができます。

ミスが続くときは改善策を講じるべき

失敗した時の対処法とは?ミスしがちな人の特徴や繰り返さないコツを解説」のコラムで説明しているように、失敗をしてしまったら早急な報告を行います。過度な緊張はミスや失敗を引き起こしますが、適切に対処すれば問題ありません。ミスは起こすことよりも繰り返すことが問題です。ミスをしやすい作業が分かっているなら、先回りしてミスを起こさない工夫を行いましょう。

自分なりのリラックス術を身につける

ゆっくりと入浴する、ストレッチで適度に体を動かす、好きなことをして過ごすなど、自分がリラックスできる事柄を見つけ、実践してみましょう。また、積極的に活動できるような「毎日こなせる趣味」を見つけることも大切です。
緊張状態を引きずらず、その日のうちにストレスを解消するように心がけていきましょう。

生活習慣を改善する

睡眠時間が少なかったり栄養の偏った食事をしていたりすると、心身に不調が出るといわれています。十分な睡眠や健康的な食事に変えることで、気持ちがスッキリしたり体の調子が整ったりするため、仕事に対して過度に不安になるといった考え方の改善にもつながる可能性も。過度な不安が解消されれば、緊張することも減るはずです。

仕事の緊張を和らげるには考え方を変えることも大切

仕事で緊張しないためには、ミスを怖がらないことが1つの方法です。小さなミスを1度したからといって会社をクビになることはあまりないでしょう。「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、ミスを積み重ねるからこそ、いい仕事ができる場合もあります。
また、できないことはできないと認めることも大切です。「周囲ができているから自分もできるはず」、と自分の能力以上のことを無理して行えば、取り返しのつかないミスにつながってしまうことも。
きちんと自分を理解し、自分の能力に見合った仕事を引き受けていくようにしていきましょう
そして、他人の評価を過敏に気にするのも注意が必要です。他人の評価を気にしても仕事が上手くいくわけではありません。

事前準備をしっかり行って不安要素を取り除こう

仕事でのミスが不安なら、資料をしっかり読み込んだり、進め方の手順を確認したりといった事前準備を行うのがおすすめ。失敗したときのために、対処法を考えておくのも良いでしょう。ただし、事前準備ばかりに時間を使ってしまっては本末転倒です。自分が納得できるポイントを探して、緊張せずに仕事に取り組める準備を行いましょう。

仕事の緊張が解けないときは転職も検討しよう

緊張の原因として考えられる、仕事内容や仕事に対する不安を解消しても緊張しやすい状況が続く、という人は思い切って転職を考えるのも対処法の1つ。「仕事内容が合わない」「会社の考え方に沿えない」「同僚や上司との関係がうまくいかない」といった理由が緊張の原因なら、その仕事や企業に適性がないと判断できます
適性のない仕事を続けても結果につながりにくく、仕事に対する意欲が低下することも。意欲が下がればさらに仕事の効率も悪くなり、悪循環となります。
適性があれば能力を発揮できるため、ストレスを感じる機会は減る可能性があります。自分に合った働き方や仕事内容にもつながるため、緊張状態が続いている場合は仕事の適性や企業との相性にも目を向けてみましょう。

適職について詳しく知りたい、第三者の意見が欲しいという方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。専任の転職アドバイザーによるカウンセリングで、ご相談者の性格や価値観、スキルに合った求人をご紹介いたします。履歴書の作成や面接時マナーのアドバイスといった、実践的な内容もしっかりとサポート。まずはご相談からお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ