新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で緊張する!心を解きほぐす対処法と予防法をご紹介

仕事で緊張する!心を解きほぐす対処法と予防法をご紹介

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事で緊張する原因は、新しい環境や人間関係に馴染めない場合が多い
    ・過緊張の原因は自律神経の乱れにあり、睡眠障害や頭痛、疲労感などの症状が現れる
    ・過緊張にならないためには、十分な休息をとり、呼吸法を身につけることが大切
    ・仕事で緊張しないためには、ミスを怖がらず、他人の評価に過敏にならないこと
    ・どうしても今の職場が合わない場合は、転職を考えるのも1つの手段

新しい職場や仕事に就く時、緊張した経験はありませんか?
人は誰しも新しい環境に身を置くと、緊張しやすくなってしまいます。
緊張は悪いことではありませんが、度が過ぎると「過緊張」となり心身の不調に繋がる場合があるので注意が必要です。
このコラムでは、過緊張の原因や症状、予防法・対処法に解説しています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆仕事で緊張したときはタイプを見極めよう 

仕事の緊張は、新しい環境や職場の人間関係に馴染めないことが主な原因と考えられます。 
そして、緊張には2つのタイプがあるので、チェックしてみましょう。 

【一時的な緊張】 

「新しい環境」になったとき、人は緊張するものです。特に入社した直後は、出社するだけでも緊張したという経験がありませんか?不慣れなことをしていくので、1つの仕事をするだけで時間がかかったり、ミスをしたりと上司や先輩に注意を受けることもあるでしょう。 
しかし、新しい環境で経験する緊張は、決して悪い緊張ではありません。人間は基本的に変化を好まない性質があるので、むしろ生理現象といっていいでしょう。 
そのため、一時的な緊張は、新しい環境から本能で避けようとしていることとして、何ら気にすることはありません。1ヶ月も経てば、人間関係や仕事にも慣れてくるので、自然と緊張もほぐれていくでしょう。 

【継続的な緊張】 

入社して半年以上経過していても継続的に仕事への緊張がとれない場合は、注意が必要です。今の職場環境が、継続的な緊張を引き起こしている可能性があるため、今の職場を変えない限りずっと続くことになるかもしれません。 
そして、継続的な緊張は、心身の病気を引き起こす危険性が場合があります。全ての人がそうなるわけではありませんが、日々心に極度の緊張をかけるのですから、体が悲鳴をあげる可能性が考えられます。 
そうならないためにも、今の自分の状況をしっかりと見極め、辛い時は誰かに相談するか転職を考えるなどして打開策を考えていきましょう。 

◆過緊張になりやすい人 

過緊張とは、心身のストレスにより緊張状態が過敏になり、過剰に交感神経が優位になる状態のことを指します。 
過緊張が続くと、頭痛や睡眠の質の低下などの身体的な不調を招くだけではなく、うつ病や統合失調症などの精神的な疾患につながる恐れもあるので注意が必要です。。 
過緊張にならないためにも、過緊張の原因や症状、正しい対処法や予防法を知っておきましょう。 

【過緊張の原因】 

過緊張は、日常生活に溢れているストレスから生じる「自律神経の乱れ」が原因です。 
自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っており、正常な状態であれば、朝目覚めた時は「交感神経」が優位になり、夜就寝時には休息をつかさどる「副交感神経」が優位な状態に自然と切り替わります。 
しかし、過緊張が続くと、そのバランスが乱れてしまい、夜になっても覚醒をつかさどる交感神経が優位になり、副交感神経へのスムーズな切り替えが行われない状態が続き、その結果、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が下がったりしてしまい、慢性的な疲れになってしまうのです。 

【過緊張の症状】 

過緊張の症状は、以下のような症状があります。 

・睡眠障害 
・頭痛 
・肩こり 
・冷え 
・疲労感 

本来リラックスしなければいけない就寝時に、交感神経が優位になってしまうので、体が十分に休んでいない状態が続き、全身の疲労感に繋がっていきます。また、交感神経が過剰な状態が続くと、皮膚の血管が収縮し、血行が悪くなってしまうので、代謝の低下や筋肉・内臓機能低下などの症状を招く恐れがあるので注意が必要です。 
そして、不調が続くと、うつ病をはじめパニック症や胃潰瘍、過緊張発生障害などの病気になってしまうことがあるので、少しでも不調を感じた時には早めに専門医を受診しましょう。 

【過緊張の対処法】

過緊張原因の根本である「自律神経の乱れ」を整えることが、過緊張状態を解消する方法です。 

・リセット呼吸術 
・マインドフルネス瞑想 
・自律訓練法 

以上のような、交感神経と副交感神経のバランスを上手に整える方法を実践してみましょう。呼吸一つで、心が落ち着いたり、睡眠の質が上がったりするので、簡単にいつからでも始めることができます。 
また、マインドフルネス瞑想は、夜寝る前の寝付きが悪い時に実践すると効果的です。ネガティブな思考を取り除き、呼吸を整えながら行うことで、質の良い眠りに導かれるので、一度実践してみてください。 

【過緊張の予防法】 

過緊張を予防するには、日々のストレスをその日に解消し、次の日に持ち越さないことが大切です。 

・十分に休息する 
・気持ちを楽にし、リラックスできる時間を作る 
・心から楽しめる趣味を見つける 

以上のようなことを自分流に置き換えて実践してみましょう。仕事が終われば自分の時間です。そこを有意義に活用し、ストレッチや入浴などで心身をリラックスさせるのもいいでしょう。 
また、積極的に活動できるような「毎日こなせる趣味」を見つけることも大切です。緊張状態を引きずらず、その日のうちにストレスを解消するように心がけていきましょう。 

◆仕事で緊張しない考え方 

仕事で緊張しないためには、ミスを怖がらないことが1つの方法です。ミスをしたからといって死ぬわけではありません。「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、ミスを積み重ねるからこそ、いい仕事ができるときもあります。 
また、「できないことはできない」と認めることも大切です。周囲ができているから自分もできるはずと見栄を張った挙げ句、取り返しのつかないミスをしてしまっては元も子もありません。 
きちんと自己評価し、自分の能力に見合った仕事を引き受けていくようにしていきましょう。 
そして、他人の評価を過敏に気にするのも注意が必要です。他人の評価を気にしたからと言っていい仕事ができるわけではありません。自分のペースを守りながらいい仕事をこなしていきましょう。 

ストレスがたまりすぎて、全く心身の疲れがとれないという人は思い切って転職を考えてみてはいかがですか?適性診断や履歴書の作成・面接時マナーのアドバイスなど幅広く転職活動のサポートを行っている「ハタラクティブ」に、一度ご相談ください。

ご利用者の口コミ

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?