仕事がつまらないときは耐えるべき?原因と解決方法をご紹介します

仕事がつまらないときは耐えるべき?原因と解決方法をご紹介しますの画像

この記事のまとめ

  • 仕事がつまらない原因は、自分自身と職場環境に問題がある2パターンが考えられる
  • 仕事がつまらないまま働き続ける、愚痴を同僚に話すのはやめよう
  • つまらない仕事に耐え続けてもスキルアップの機会を失い、時間を無駄にする
  • 今の仕事が自分に合っているか、向き合う時間を作ることが大切
  • 現状が改善されないならば、転職エージェントに相談しよう

社会人になって働きだしてから「仕事はつまらないもの」と思うようになった人もいるでしょう。仕事がつまらないと感じてしまう原因は人によって異なるため、自分にあった解決方法を見つけて改善が必要です。

このコラムでは、仕事がつまらない原因を解消し、現状を改善するための方法をご紹介します。つまらない仕事に耐えるしかないのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事がつまらないのは当たり前?耐えるしかない?

仕事がつまらないのは当たり前と考える人もいますし、そうでない人もいます。ただし、つまらないにもかかわらず耐え続けるのは良くないので、状況によっては転職を視野に入れたほうが良いでしょう。

仕事がつまらないと感じる原因として、以下のようなものがあります。


・時間や場所に拘束される
・人間関係がうまくいかない
・適性と合わない業務をしている
・成果がでない

それぞれを詳しく見ていきましょう。

時間や場所で拘束される

毎日同じ時間に出勤し、同じ場所で働くことに抵抗を感じてしまう方もいます。さらに、残業時間が多かったり休みが少なかったりすると、仕事に対する不満が積み重なり、モチベーションが上がらず業務自体が苦痛になってしまう可能性も考えられます。

人間関係がうまくいかない

職場で良好な人間関係が築けていないと楽しく仕事ができずに、つまらないと感じてしまいます。人間関係の不満を我慢し続けると、心身ともに疲労を感じてストレスが蓄積されてしまうので注意が必要です。

適性と合わない業務をしている

仕事の業務内容が自分に向いていないのも仕事がつまらないと感じる原因の一つです。業務に取り組む意味を感じられないと生産性を上げることができずに、やりがいを感じなくなってしまいます。

仕事のモチベーションを維持するために、やりたいことや向いていると感じる業務をすることが大切です。

成果が出ない

仕事で成果を出せる人は、最終目標を定め目的意識を持って業務に取り組んでいる傾向があります。
業務の取り組み方が受動的では、自分の考えを反映できずに「やらされている」と感じてしまい、成果につながりにくくなります。

自分から積極的に行動しなければ、成果を出すことは難しいでしょう。つまらない仕事に耐えながら毎日を過ごすと、自分に自信がなくなり、努力が報われないと感じる原因にもなります。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事がつまらないと感じる原因

仕事がつまらないと感じる原因は、自分自身に原因がある場合と職場環境に原因がある場合の2パターンが考えられます。現状を客観的に見ることで、今の状況を改善する手がかりになるでしょう。これから、2つの原因について詳しく解説します。

自分自身に原因がある

つまらない仕事に耐える原因となる例として、以下が挙げられます。

・仕事に慣れが生じる
・成長を感じられない
・社会貢献できていない

自分がどの項目に当てはまっているか確認して、解決方法を見つけましょう。

仕事に慣れが生じる

毎日同じ仕事をすることで慣れが生じ、退屈に感じてしまうことが挙げられます。仕事に慣れると、精神的な疲れが少なくなるといったメリットがある一方で、刺激が少なく仕事がつまらないと感じる原因にもなるようです。

成長を感じられない

同じ仕事の繰り返しでは、自分の成長を感じられないと思う人もいるでしょう。勤務年数が長くなれば職場内での業務内容は増えますが、別分野で新たに挑戦できる機会が少なくなるため、つまらないと感じてしまいます。

社会貢献できていない

自分の仕事が社会の役に立っているとは思えず、モチベーションの維持が難しくなっていることも考えられます。給料が高かったとしても、社会に貢献できていないと感じると虚しくなり、仕事にも身が入らなくなってしまうでしょう。

職場環境に原因がある

仕事がつまらないと感じる原因は、職場環境にあることも考えられます。

・職場の人間関係
・会社の組織体制
・飲み会やイベントへの強制参加

職場環境に原因がある場合は、つまらない仕事に耐えるのではなく転職を視野にいれてもよいでしょう。

職場の人間関係

職場関係で圧倒的に多いとされる原因は人間関係です。誰でも気の合わない人はいますが、会社で人間関係がうまくいかないと、コミュニケーションが取れないといった理由で仕事が円滑に進まない可能性がでてきます。職場での連携がスムーズにとれないと仕事の効率が悪くなり、ストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

会社の組織体制

会社の組織体制に問題があることも仕事がつまらないと感じる原因の一つです。年功序列の風土が強く仕事での成果が評価されなかったり、残業が多すぎたりといった、会社の組織体制に疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。少しずつ会社に行くことがつらくなり、仕事がつまらないと感じるようになります。

飲み会やイベントへの強制参加

会社外での飲み会や、イベントへの参加を強制させられることを苦痛に感じる人もいるでしょう。とくに、上司からの誘いは断りにくく、ストレスを抱えやすい傾向があります。飲み会に参加した翌日は疲れやすく、仕事に身が入らないことも原因になります。

仕事がつまらないときにやってはいけない行動

仕事がつまらないときにやってはいけない行動として、以下の3つが挙げられます。

・つまらないまま働き続ける
・不平不満を同僚にこぼす
・目的のない転職をする

現状がさらに悪化してしまう場合もあるため注意が必要です。

つまらないまま働き続ける

仕事がつまらないと感じたまま働き続けると、仕事での経験やスキルを磨けず、自分の成長する機会を逃してしまいます。その結果、仕事での成果を残せず、周りからの評価や信頼を得ることが難しくなるでしょう。

周囲から評価されなければ、新しい仕事を任せてもらえず、マンネリ化を招いてしまう可能性もあります。最終的には昇格や昇進の機会にも恵まれず、給料も上がらないなど悪循環が続き、仕事へのやる気もなくなってしまうため注意が必要です。

仕事がつまらないと感じるときの対処法は「仕事が面白くない理由と辞めたい時の対処法をご紹介!」のコラムも参考にしてください。

自分の気持ちに向き合ってみよう

仕事がつまらないと感じたときは、自分の気持ちに向き合う時間を作ることで、考えを整理できます。自分が思ったり、感じたりしている内容を紙や日記などに書くなどして、今の気持ちを放置しないようにしましょう。

不平不満を同僚にこぼす

仕事がつまらないことや不平不満を同僚に話しても、根本的な問題の解決はできません。さらに、愚痴を周囲に話すことで、気持ちはスッキリするかもしれませんが、あなたが職場で嫌われてしまう原因にもなりかねません。

仕事がつまらないと感じる原因は自分にあるかもしれない可能性も考慮して、職場内で良好な人間関係を築く努力も必要です。職場での人間関係を改善したい方は「職場で嫌われる人の特徴や原因とは?対処法を知って状況を改善しよう!」を参考にしてください。

目的のない転職をする

「今の仕事がつまらない」という理由での転職はおすすめできません。転職をする明確な目的がなければ、同じような悩みを繰り返してしまう可能性があります。また、転職した結果、今よりも収入が減る可能性も考えられるため、転職は目的をもって行ないましょう。

転職をする前に、現状を変えられないか考えてみましょう。冷静になることで、今までの悩みが解決できる場合もあります。現状が改善される見込みがないならば、転職エージェントを利用してみるのも一つの手段です。

つまらない仕事を続ける5つのデメリット

つまらない仕事を続けるデメリットを5つ紹介します。

・メンタルが悪化する
・スキルアップが難しくなる
・時間が無駄になる
・向上意欲がなくなる
・社内の空気が悪くなる

今の自分に当てはまっていないか確認してみてください。

メンタルが悪化する

つまらない仕事を続けることでモチベーションが上がらず、ストレスを感じやすくなります。最悪の場合、うつ病といった精神的疾患を抱えてしまう可能性もあります。仕事を続けられなくなってしまっては元も子もありません。自分のメンタルと向き合い、無理をしないことをおすすめします。

スキルアップが難しくなる

仕事がつまらないと感じていると、業務への意欲が低下しスキルアップが難しくなるでしょう。自発的に学ばなければスキルは身につきません。今の社会は変化が著しく、常にスキルアップし続けなければ時代に取り残されてしまいます。

終身雇用が崩壊しつつある現代では、減給やリストラも珍しくはありません。大手企業であっても業績が悪化すれば今の雇用を維持できなくなるため、スキルアップは自分自身を守るためにも大切です。

単純作業や上司から言われたことをやるだけの仕事はつまらないと感じることも多く、スキルアップにもつながりません。今の仕事内容に満足していないのであれば、転職も検討しましょう。

時間が無駄になる

つまらない仕事に耐え続けた結果、経験もスキルも得られずに大切な時間を失うことになりかねません。つまらないと感じる仕事でも成果が出ていたり、正しく評価されているのであれば、時間を無駄にしてはいないでしょう。

しかし、今の職場で何も得られず無意味な時間を過ごしてしまっては、年齢だけを重ね成長する機会を失ってしまうため改善が必要です。

転職活動で、年齢は大きな壁となります。経験やスキルがない場合は転職も難しく、これからのキャリアに影響を及ぼす可能性もあります。企業側としても、同じスキルの人ならば、今後の将来性を考えて年齢の若い人を採用するでしょう。年齢を重ねるほど転職が不利になる点には注意しましょう。

向上意欲がなくなる

昇進や昇給の機会を与えられず、給与が変わらない会社もあります。努力して成果を出しても正しく評価されないと、向上意欲がなくなり、仕事がつまらなくなってしまいます。

転職は、年齢が若いほど職種の幅も広く、未経験からの挑戦もしやすいです。新しい仕事に就いて意欲的に働ければ、自分のスキルアップや給与アップも見込めます。仕事に対する意欲があるうちに、次の仕事を見つけることも一つの方法です。

社内の空気が悪くなる

仕事に対する意欲がなくなると、自分の気持ちが態度に表れてしまいます。意欲がない態度では職場の雰囲気を悪くしてしまうため、注意が必要です。

人間関係が悪化すれば、社内にいることも辛くなってきます。社内の空気に改善が見込めないときは、転職を視野に入れながら自分の将来設計を考え直してみましょう。

仕事がつまらないときの解決方法

仕事がつまらないと感じたときは、以下の手順で考えると悩みの解決につながる可能性があります。

1.なぜつまらないと感じるのか原因を考える
2.将来のビジョンを考える
3.今の仕事でビジョンが叶うのか考える
4.必要なら部署異動や転職を考える

自分の気持ちを整理する際の参考にしてみてくださいね。

1.なぜつまらないと感じるのか原因を考える

悩みを解決しようとしても、原因が分かっていなければ解決策を練ることはできないため、「仕事がつまらない」と感じる原因を考えましょう。

つまらないと感じている理由が自分自身の問題ならば、自分の行動や考え方を変える努力をしましょう。仕事の業務内容が難しいといった悩みなら、上司や同僚に頼ってみるのもおすすめです。自分の苦手なことはフォローしてもらい、アドバイスをもらうことで少しずつ苦手意識もなくなる可能性があります。

少し意識を変えるだけで、現状が改善される場合もあります。まずは自分の考えと向き合う時間を作り、ストレスを感じずに仕事ができないか考えてみましょう。

2.将来のビジョンを考える

将来のビジョンを明確にすることで、仕事へのモチベーションをアップできます。「将来どうなっていたいか」「働く目的は何なのか」を考え、10年後や20年後に理想の生活を送るためには何をするべきか、目標を明確にすると、仕事への意欲もアップしていくのではないでしょうか。

しかし、目標を設定する際に具体的に決め過ぎると、ハードルが上がってしまうため、途中で挫折する可能性があります。詳しく決め過ぎず、大まかな方向性を決めておくほうが柔軟性があって良いでしょう。状況に応じて修正可能ですので、一度仮置きでビジョンを考えることをおすすめします。

3.今の仕事でビジョンが叶うのか考える

将来のビジョンを叶えるために、今の仕事が適しているのか考えます。今の仕事で目標が達成できないようであれば環境を変える決断も必要でしょう。一人で考えるのではなく、上司に相談してみるのも一つの方法です。

相談することで現状の問題が解決できれば、仕事のパフォーマンスも上がり、自分の実力を最大限発揮できる環境を作れます。今の仕事で目標を達成できるようになれば、仕事がつまらないと感じることも少なくなるでしょう。

4.必要なら部署異動や転職を考える

仕事がつまらない原因を考え、自分の将来の目標について明確に考えたときに、今の職場が最適な場所でないと感じた場合は部署異動や転職も一つの方法です。

社内で部署異動を検討する場合は、まず職場の上司に相談しましょう。仕事が忙し過ぎることが原因なら、業務量の調整などをしてくれるかもしれません。職場での人間関係が原因なら、担当を変えるといった配置換えの配慮をしてもらえる可能性があります。ただし、部署異動については会社側が決めることであり、希望が通らない場合もあるため注意しましょう。

社内でできる限りの努力をしても、現状が改善されないときは転職もおすすめです。自分の抱えている問題が明確なら、転職先の条件も自然と絞れてくるでしょう。転職エージェントに相談すれば、キャリアの相談や求人紹介、面接対策など転職活動を全面的にサポートしてもらえます。

つまらない仕事に耐える必要があるかどうかも判断しよう

つまらない仕事だとしても、耐えることが必要な場合も考えられます。

・自分のスキルアップにつながっているか
・正しい評価を得られているか
・自分に合った職種であるか

3つのポイントを参考に、仕事に耐えるべきか判断してみましょう。

自分のスキルアップにつながっているか

今の仕事が自分のスキルアップにつながっているか考えてみましょう。スキルは自分自身を守る最大の武器です。今の仕事がつまらなかったとしても、スキルアップできていれば転職をするときに有利になります。今は大変かもしれませんが、スキルアップして次のステージに進むために、期限を決めて仕事に取り組むのがおすすめです。

一方で、スキルアップできる環境ではない場合、大切な時間が無駄になり、転職するときにも不利になってしまう可能性もあります。スキルアップできないと感じているならば、転職に向けて早めに次の行動を起こすのがおすすめです。

正しい評価を得られているか

つまらない仕事であっても正しい評価を得られている場合は、今の会社を辞めることはもったいないかもしれません。今の会社で成果に見合った評価をされていれば、将来的に昇進や昇給の機会を与えられる可能性があります。昇進で立場が変われば、仕事内容や職場での環境が変わり、仕事にやりがいを感じるようになるきっかけにもなります。

また、何が評価されているかも大切なポイントです。今後のキャリアアップが見込めそうであれば、もう少し今の仕事を続けてみても良いかもしれません。今後仕事が楽しくなったり、転職する際に有利になったりする可能性も十分考えられます。今度の選択肢を広げられるチャンスにもなるため、自分の評価を客観的に分析してみましょう。

自分に合った条件であるか

今の会社が自分に合っているかも重要なポイントです。自分が求めている条件や仕事内容であれば、退職後に後悔する可能性があります。「残業は多いけど給料は高い」「仕事内容はいまいちだが人間関係が良好」といったように、自分が求めている条件の仕事なら、捉え方次第で前向きに今の仕事を受け入れられます。

一方で、「休日出勤を強制される」「仕事内容が自分の成長につながらない」など仕事の条件が受け入れられないときは、転職を検討しても良いでしょう。

今の自分の仕事に対して満足していない方は、「仕事にやりがいを感じない原因とは?対処法も合わせて紹介」のコラムも参考にしてみてください。

仕事に耐える必要がある場合の対処法3選

仕事に耐えなければいけないときは、以下3つの対処法を試してみましょう。

・部署や配置異動の相談をする
・苦手と感じている仕事に向き合う
・副業を始める

少し行動を起こすだけで、問題が解決するかもしれません。

部署や配置異動の相談をする

仕事に耐える必要がある場合は、部署や配置異動によって職場環境が変わり、悩みが改善する場合も考えられます。仕事の内容や人間関係が問題なら、環境を変えることで解決できるかもしれません。まずは上司に相談し、現状を変える努力をしましょう。

もし改善が見られないようなら、転職も視野にいれてみてください。仕事内容や人間関係が変わると、仕事への向き合い方も変わってくる可能性もあります。自分が働きやすいと感じる環境を整えるのも方法の一つです。

苦手と感じている仕事に向き合う

苦手と感じる仕事があるならば、うまく付き合う方法を考えましょう。できるだけストレスなく仕事ができる方法が見つかれば、つらいと思っていた仕事も少しは楽になるかもしれません。

また、できる仕事を一つずつ増やすことで、やりがいを感じられたり、達成感を味わうことができたりとメリットも増えていきます。その方法として、なぜ自分が苦手と感じているのか分析する、同僚からアドバイスをもらう、得意なことを見つけるなどがあります。仕事がうまくできるようになれば、自己肯定感も高まり、意欲的に業務に取り組めるようになるでしょう。

副業を始める

仕事はつまらないけれど、転職は難しいと感じる人もいるでしょう。そのような人には副業を始めてみることをおすすめします。副業をするメリットは「好きな仕事ができる」「自分の得意分野を伸ばせる」などが挙げられます。副業がうまくいけば、本業にすることも可能です。

仕事が忙しく、副業の時間が取れない人も、通勤時間や寝る前の30分などスキマ時間から少しずつ挑戦してみるのがおすすめです。副業をすることで、新たな発見があったり、やりたい仕事が見つかったりと良い影響を及ぼす可能性があります。

転職も検討しよう

自ら行動してもやりがいを感じられないという場合は、転職を検討するのも一つの手です。自分の状況や目標について見つめ直し、転職するか現職に留まるかどうかを考えてみましょう。

仕事探しをする際は、希望条件や適正が自分と合うかどうかを丁寧かつ慎重に見極めることが大切です。転職でミスマッチをしてしまうと、現状より満足のいかない結果になる可能性もあります。

安易に転職先を選ぶと短期離職にも繋がるため、キャリアプランも考慮しながら企業選びをしましょう。自分が後悔しない行動を取ることが大事です。

自分の適性に合った仕事を探すなら、転職エージェントを活用してみませんか。

転職エージェントのハタラクティブでは、若年層に特化して就職・転職活動をサポートしています。プロのアドバイザーがマンツーマンで対応し、求人の紹介や転職に関する相談、履歴書の書き方、面接対策などを全面的に支援します。

サービスはすべて無料で行っているので、転職が初めての方も安心です。「仕事がつまらない」「辞められず耐えることしかできない」といった悩みにも向き合いますので、まずはお気軽にご相談ください。

つまらない仕事に耐えるべきかについてよくあるFAQ

つまらない仕事に耐えるべきかについて、よくある質問をまとめました。

仕事がつまらないときの対処法を教えてください。

仕事がつまらないと感じる原因を明確にして改善策を考えましょう。今の状況を改善するためにも、原因を理解することで解決策がうまれます。一人で考えが整理できないときは、信頼のできる同僚に相談してみても良いでしょう。
ただし、愚痴のように話すと、会社内の雰囲気が悪くなってしまう場合もあるので、相談の仕方には注意してください。「仕事がつまらないときの対処法は?NG行動と楽しむコツ」でも対処法を紹介していますので、参考にしてください。

つまらない仕事に耐えるべきか判断する基準はなんですか?

「自分のスキルアップにつながっているか」「正しい評価を得られているか」「自分に合った職種であるか」かを基準に考えましょう。また、自分の努力で改善する可能性があるならば、今の仕事を続けることも一つの選択肢です。
一方で、改善が期待できないなら今の仕事に耐えるのは時間の無駄になる場合があります。転職支援サービスを利用して、自分に合った転職先を探すのをおすすめします。

仕事がつまらないときは転職すべきでしょうか?

仕事がつまらないという理由だけで転職をするのはおすすめできません。明確な目的がない転職は転職先でも同じ失敗を繰り返してしまう可能性があります。まずは自分がどのような仕事をしたいのか、将来の目標は何なのかを考えて、転職するか判断しましょう。
20代の方は「仕事がつまらないときは転職すべき?原因と対処法を20代へ向けて解説」のコラムも参考にしてみてくださいね。

この記事に関連するタグ