1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒でも正社員採用されるには?4つの状況別に就活のルールや流れを紹介

高卒でも正社員採用されるには?4つの状況別に就活のルールや流れを紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終学歴が高卒でも、正社員採用を諦める必要はない
    ・同じ「高卒」でも「新規学卒」「既卒」「第二新卒」によって採用枠が違うことがある
    ・高校卒業後すぐに就職する予定の人は、採用時に独自ルールが定められているので注意
    ・高卒で正社員採用されるコツは「入念な企業研究」と「一貫性のある志望先を選ぶ」こと

高卒でも正社員採用されるには?4つの状況別に就活のルールや流れを紹介の画像

「高卒だから正社員採用してもらえないかもしれない」と悩んでいる方もいるでしょう。就業状況によって転職活動の進め方は異なりますが、「高卒」という最終学歴によって正社員採用を諦める必要はありません。このコラムでは、高卒の方に向けて就職活動の進め方や注意点を詳しく解説します。正社員を目指して就職活動中の方はもちろん、転職を迷っている方も参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

高卒でも正社員採用されることは可能?

正社員採用は大卒でなくてはいけないというイメージを持つ方もいるようですが、実際はそうではありません。高卒者に向けた正社員採用の求人もあり、その職種もさまざまです。未経験者でも応募可能な求人もあるので、知識やスキルに自信のない人でも大丈夫。
将来の安定性のため、正社員になることを考えている方は、思い切って就職活動を始めてみるのも良いでしょう。

高卒は状況によって採用枠が異なる!

まずは、高卒の人が応募できる採用枠について解説します。一言で「高卒」といっても、人によって状況はさまざまです。転職を考えたときの状況によって、応募できる枠が変わるので注意しましょう。


高校在学中に就活をする人

高校卒業後に就職を選択する人は、「新規学卒者」として採用枠が設けられています。新規学卒者の場合、いくつか独自のルールが定められていて、一般的な就職活動とはやや異なった進め方になるので注意が必要です。独自のルールについては後述します。


高校卒業後に就業経験がない人

高校を卒業してから、正社員として働いた経験のない人は「既卒」と呼ばれます。高校を卒業してから、アルバイトやパートで収入を得ているフリーターも既卒者です。
既卒の場合、中途採用枠の中でも「既卒歓迎」とされている求人を選ぶのがおすすめ。正社員として就業経験がないことに対して理解があるので、面接も受け答えがしやすいでしょう。


高卒で就職した会社からの転職を考えている人

高卒で就職した会社からの転職を考えている人は、3年以内であれば「第二新卒」枠に応募が可能です。第二新卒枠の場合、社会人経験が浅いことに理解があるので、ポテンシャルで採用を判断してもらえることもしばしば。
就職をしてから3年以上経っているようであれば、通常の中途採用枠に応募します。


高卒で就職したが現在はフリーターやニートの人

高卒で1度は正社員として就職をしたものの、現在はフリーターやニートをしている場合は既卒にはなりません。通常の中途採用枠に応募をしましょう。

「新規高卒者」の就職活動の進め方

高校卒業後に就職を考えている場合、「指定校求人」と「公開求人」のどちらかを選択します。
指定校求人とは、高卒採用を行っている企業が学校に直接提供する求人のこと。指定校求人に応募するためには、学校からの推薦が必要になるので注意が必要です。一方、公開求人はハローワークに公開される求人であり、推薦などは必要ありません。
新規高卒者は、基本的に進路担当の先生と就活を進めます。応募する求人の種類や就活の具体的な進め方など、先生としっかり話し合いましょう。


高卒採用の独自ルールを知っておこう

先述のとおり、高卒採用は対象が高校生ということもあり、独自のルールが定められています。ルールを守らないと、応募先企業だけでなく通っている学校にも迷惑がかかることに。ルールを守って正しく就活を進めていきましょう。


受けられるのは基本的に1社のみ

高校生は学業が優先であることから、「1人1社制」が採用されています。1人1社制とは、1社のみ応募を可能とする決まりで、併願や内定辞退ができません。
1人1社制は各自治体によってルールが異なっており、制限のある期間が過ぎれば併願OKとしているところもあります。


選考は面接が必須

高卒採用では書類のみで選考を行うことが禁止とされているので、必ず面接が行われます。書類だけでなく、面接についても進路担当の先生と対策をしておくことが大切です。


1日で選考が行われる

高卒採用の場合は勉強の時間を削ることのないよう、基本的に1日で選考が行われます。通常の就職活動では、二次・三次面接が別日に行われることも。しかし、高卒採用では多くても筆記テストと面接の日を分ける程度であり、日程も連日であることがほとんどです。


応募できる時期が決まっている

高卒採用は、求人公開と応募開始の時期が細かく決まっています。通年で応募できるわけではないので、事前準備が大切です。


新規高卒者の採用スケジュール

しっかり準備をして採用試験に臨むため、高卒採用のスケジュールをしっかり把握しておきましょう。高卒採用のスケジュールは以下のとおりです。


4~5月

学年が変わったばかりで就職活動への意識は向きにくい時期ですが、この期間に新規学卒求人説明会が実施されます。気になる企業の採用スケジュールを確認したり、少しずつ企業研究を始めたりしてみましょう。


6月

企業が公開求人を掲載するためにはハローワークの承認が必須です。6月は、高卒採用を考えている企業がハローワークに求人票を提出する時期。この時点ではまだ応募者は採用情報を見られませんが、求人票の見方などを確認しておくのがおすすめです。


7月1日

企業がハローワークに提出した求人票は、7月1日に情報が公開されます。公開求人を確認したいときはパスワードが必要です。パスワードは学校ごとに決められているので、「求人票を見たい」と進路担当の先生に相談しましょう。
ハローワークに求人が公開されると同時に、企業による学校訪問も解禁されます。高校採用枠を用意している企業が、指定校求人の情報を持って学校を訪れます。先述のとおり、指定校求人への応募は学校からの推薦が必要なので、進路担当の先生と応募の可否などを話すと良いでしょう。


7月後半~

高校が夏休みに入ると、職場見学の機会を設ける企業も出てきます。職場の雰囲気を直接見て確かめられるので、気になる企業の見学会には積極的に参加してみましょう。


9月

応募書類の提出は9月1日から解禁になり、9月16日から選考が開始。新規学卒者の就活では、1週間以内に結果が分かるのが一般的です。内定が出たらすみやかに必要な手続きを進めます。


10~11月

地域にもよりますが、10~11月は複数社に応募できるようになる時期です。まだ内定が出ていなくても、焦らずに選考に臨みましょう。


「既卒」の就職活動の進め方

既卒の人は、中途採用枠に応募することになるので、通年で就職活動が可能。中途採用枠の中でも、「既卒歓迎」や「学歴不問」などと記載のある求人に応募するのがおすすめです。


既卒採用枠に応募する時の注意点

高卒で就業経験のない既卒の人でも、正社員になれる可能性は十分にありますが、注意すべき点もあります。以下の注意点を踏まえ、より効率的に就職活動を進めていきましょう。


働き方が自分に合っているか再度確認する

正社員は他の雇用形態と比べると安定はしていますが、自由に使える時間が減ってしまいます。また、就業時間も定められていることがほとんどなので、「働きたいときに働く」ということはできません。
勤務時間や日数が固定されても不都合は生じないかどうか、入社後の生活を想像しながら考えてみましょう。


既卒は人柄が重視される

既卒採用では、スキルが重視されることは少なく、基本的に人柄で判断されるようです。「暗い」「やる気がない」という印象を採用担当者に与えることのないよう、面接には自信をもって臨みましょう。


既卒の理由をしっかり説明する

面接では既卒である理由を聞かれることもしばしば。高校卒業後、正社員として働く道を選ばなかった理由を説明できるようにしておく必要があります。「ただなんとなく」などではなく、採用担当者にしっかり納得してもらえる理由を説明するのがポイントです。


「第二新卒」の就職活動の流れ

第二新卒も中途採用なので、通年で就職活動が可能。第二新卒向けの求人にも応募でき、選択肢が広がります。ただし、第二新卒向けの求人は、応募できる時期が限られています。転職を決断したら、第二新卒ではなくなる前に行動を開始しましょう。


第二新卒枠に応募するときの注意点

第二新卒枠ならではの注意点について解説します。第二新卒は、年数が短くても1度社会に出た人として見られます。注意点を知り、しっかり対策をしておくことが大切です。


早期退職の懸念を払拭する

入社後3年以内に転職をすることで、採用担当者は「自社でも早期退職してしまうのでは?」と不安に思っていることも。転職や退職の理由を聞かれたら、採用担当者の不安を払拭できるような答え方ができるようにしておきましょう。「退職を決断するほど御社が魅力的だった」という理由を具体的に伝えるのがおすすめです。


基本的なビジネスマナーは身につける

1度社会に出ている第二新卒は、ある程度ビジネスマナーが身についていると考えられています。新卒は学生だったこともあり、ビジネスマナーが完璧でなくても多少寛容に受け入れてもらえますが、第二新卒の場合はマイナス評価につながる恐れも。
振る舞いや言葉遣いに不安がある人は、事前に基本的なマナーを復習しておくと良いでしょう。

「就職経験があるフリーターやニート」の就職活動の進め方

1度就職した経験がある人は、通常の中途採用枠に応募をします。「未経験歓迎」などの記載がある求人が応募しやすいでしょう。「なかなか求人が探しにくい」という人は、フリーターやニートの人を対象とした就職支援サービスを利用するのもおすすめです。ハタラクティブでも、フリーターやニートの方向けの求人を多数取り扱っています。


フリーターやニートの人が就活するときの注意点

フリーターやニートの人でも正社員を目指すことは可能ですが、注意点もあります。以下の注意点を踏まえながら、就職活動を進めていきましょう。


生活リズムの乱れに注意

現在フリーターやニートをしている人はまず生活リズムを整えることから始めましょう。就職試験は日中に行われるため、生活リズムが乱れていると体力的に対応しきれない可能性も。生活リズムが乱れていると感じる人は、朝起きて日中に活動する生活を意識したほうが良いでしょう。


焦りすぎない

年齢によっては「周りは正社員で活躍しているのに」と焦りを感じる人もいるでしょう。しかし、焦って就職先を決めると、入社後にギャップを感じる可能性が高くなります。
まずは自分に合った会社を見つけることを第一とし、落ち着いて就職活動を進めていくことが大切です。


多くの条件を求めすぎない

正社員として働くうえで、理想が高くなりすぎている人は注意が必要です。理想とする働き方は人それぞれですが、全ての希望条件を満たしている会社を見つけるのはなかなか難しいもの。希望条件には優先順位をつけ、妥協できる範囲もある程度考えておくと就職活動が進めやすくなるでしょう。

高卒から正社員に採用されるコツ

就職活動をより効率的に進めるコツについて解説します。高卒から正社員を目指す人の中には働きながら就活を進める人もいるでしょう。限られた時間の中で内定をもらうために、以下の点を意識してみてください。


企業研究は手を抜かない

状況に関わらず、企業研究は入念に行うようにしましょう。企業研究を入念に行うことで、面接対策にもなります。企業の魅力が分かり、より入社の意欲が高まる可能性も。企業の強みや動向、社風などさまざまな方向から企業を見てみましょう。


一貫性のある志望先にする

複数の企業に応募する場合、一貫性のある志望先を選ぶようにしましょう。中途採用の面接では「ほかに応募している企業はありますか?」と聞かれることがあります。その際は併願先の業界や職種について答えますが、志望先に一貫性がないと「志望度が高くない」と判断される恐れも。
本当に興味のある業界・職種だと採用担当者に伝えるためにも、志望先は軸を決めて選びましょう。


面接対策はプロに相談するのもおすすめ

採用試験に不安がある人は、就職・転職エージェントに相談するのがおすすめ。新規学卒者は先生と就活ができますが、中途採用枠に応募する人は1人で進めなくてはいけません。
エージェントでは求人の紹介だけでなく、応募書類の書き方から面接対策までしっかりサポートをしてくれます。


ハタラクティブは、20代の既卒・フリーター・第二新卒を対象とした就職・転職エージェントです。
ハタラクティブでは、面接対策から入社後のフォローまで徹底サポート!
保有している求人は実際に担当者が取材をした企業のものなので、社内の雰囲気なども具体的にお伝えできます。「やりたいことが分からない」「高卒から正社員に就職できる自信がない」という人は、ぜひ一度ご相談ください。サービスは全て無料で提供していますので、安心してお使いいただけます。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    面接の流れを理解しよう!受付から退室まで徹底解説

  • image

    高卒就職を目指す方を徹底サポート

  • image

    高卒フリーターが面接を受ける時のコツ

  • image

    高卒は中途採用を受けるの?正社員を目指しやすいおすすめの職種も

  • image

    高卒向けの就職支援サービス

  • image

    就活解禁っていつから?知っておきたい選考スケジュール

  • image

    知っておきたい面接での受付から退室までの基本マナー

  • image

    高卒から正社員採用を勝ち取ったら

  • image

    高卒は本当に大卒より就職に不利なのか?項目別の比較で徹底検証!

  • image

    「なぜ働くのか」と面接で聞かれたら?理由の見つけ方と回答法もご紹介

  • image

    高卒に人気の就職先と仕事内容

  • image

    趣味がないときの面接対策はどうすればいい?回答例や特技についても解説

  • image

    高卒から正社員になるには

  • image

    高卒から秘書として正社員になるには

  • image

    面接前日は何をする?最終確認すべき内容とは

  • image

    高卒で目指す事務の就職先

  • image

    Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介

  • image

    面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否

  • image

    適性検査って何をするの?面接と併せて対策しておこう

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる