新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員と派遣社員、その違いはどこにあるの?

正社員と派遣社員、その違いはどこにあるの?

公開日:

最終更新日:

働き方が選べる?

「正社員」や「派遣社員」など、就職活動をしていると雇用形態にいろいろな違いがあることに気付きます。同じ会社に勤めていても、部署や職種が違えば仕事の内容は変わりますが、更に「どのような働き方」をするか、も人によって違うことがあるのです。

しかし、その言葉は知っていても、正社員と派遣社員の間にどのような違いがあるのかハッキリわからないという人も中にはいるでしょう。

「雇用形態が違う」ということは会社にとって、そして本人にとってどのような影響があるのでしょうか。



正社員との違い

派遣社員を雇っているのはあくまで派遣元の会社であり、実際に勤めている会社は“派遣先”になります。
契約も本人と会社ではなく、派遣元と会社の間で交わされます。
給与も派遣元から支給され、社会保険や福利厚生も派遣元会社のルールに準拠します。

正社員の場合は基本的には無期雇用であり、就業規則に定められている定年までは会社側にも雇用の義務があります。会社のルールに従わない場合や、本人が希望しない限りは定年までその会社にいることができますが、派遣社員の場合は派遣元と勤務先が決めた契約期間を過ぎると、契約更新には本人と派遣元、そして勤務先の同意が必要です。
本人が更新を希望していても、会社側の都合によりできない場合もあります。

派遣社員のメリット

派遣社員という働き方を選ぶ最大のメリットは自分の条件に合った働き方を選びやすいということです。

派遣会社に登録すると働きたい業種や職種、勤務地、就業時間、残業の有無など細かい希望を聞かれます。全ての条件が合わなくても、なるべく本人の希望に沿うような勤務先を派遣元は紹介してくれますから、納得のいく働き方を選ぶことができるでしょう。
アフター5を楽しみたい、家庭の時間を大切にしたい、休日はしっかり休みたいなど、ライフワークバランスを考えたいという人は派遣という働き方が向いていると言えるでしょう。

派遣社員のデメリット

正社員とは同等の扱いを受けられない場面もあります。それは社内教育の有無です。

直接雇用で定年まで、という正社員は将来会社の経営を支える人材として期待され、様々な研修を受けることができます。新人教育に始まりOJTによる上司からの指導、ときには外部研修など数多くの教育の機会が与えられ、スキルアップへと繋げることができます。
会社にとってコストはかかりますが、ゆくゆくは業績になって返ってくると思えば将来に向けた投資になります。

それに対し派遣社員はいずれ会社を離れるという前提があり、残念ながらその人材教育にコストが割かれることは非常に稀です。

既に持っている能力をいかに活用するか、ということが求められる働き方です。派遣社員として働きながら自分のスキルアップを目指すのならば、自分でその道筋を整えなくてはならないのです。

このように、派遣社員という働き方にはメリットもデメリットもあります。しっかりとそのことを理解した上で就職しないと、いずれ不安や心配を抱えてしまうこともあるでしょう。
ハタラクティブでは就職に関する全般的な相談を受け付けていますので、働き方に悩んだらぜひ一度ご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ