退職前に知っておこう!仕事を辞めたらすること

退職前に知っておこう!仕事を辞めたらすることの画像

仕事を辞めた際にするべきことは何でしょうか。
ここでは、「仕事を辞めたらすること」を3つお伝えします。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

雇用保険の基本手当をもらうために求職の申し込みを行う

仕事を辞めたらすることの1つ目は、雇用保険の受給申請手続きを行うことです。

早めに転職活動を始めたとしても、すぐに仕事が見つかるとは限りません。

求職活動中の生活費を確保するためにも、雇用保険の基本手当がもらえる手続きはしておくべきでしょう。
会社を辞めた後、ハローワークに行って求職申込書と離職票を提出することで基本手当の申請が可能になります。

その際、離職票は辞めた会社からもらうことになりますが、退職後早めにもらうことが大切です。

基本手当の受給期間は、原則として退職日の翌日から1年以内となっています。
手続きが遅れると基本手当をもらいきれない事態になる可能性がありますので、雇用保険の受給申請はできるだけ早く行いましょう。

辞めた会社で学んだことを整理する

仕事を辞めたらすることの2つ目は、勤めていた会社で仕事をしたことによって何を学んだかを整理することです。

一定以上の期間仕事をした経験があれば、その仕事の実務に関する知識や業務ノウハウを吸収できているはずです。

転職活動を始めてしまうと、過去の記憶があやふやになってしまう可能性がありますので、辞めたらできるだけ早く学んだ知識やノウハウ、スキルなどについて整理しておくことをおすすめします。
学んだことが整理できていれば、次の就職先を探す活動においても役に立つはずです。

退職したら辞めた会社のことは忘れて心機一転がんばるという気持ちも大切ですが、将来的なキャリアプランについて考える上でも自分のキャリアを見直すことは大事ではないでしょうか。
仕事を辞めたらすることの中でも重要な項目といえます。

新しい仕事を探すために転職活動をする

仕事を辞めたらすることの3つ目は、新しい仕事を見つけるための転職活動です。

退職したその後の就職先を探す場合は、自分のやりたい仕事ができるかどうかが重要な判断要素になりますが、自分の過去のキャリアを活かせる仕事先を見つけることも大切です。

仕事を探す方法としては求人サイトやハローワークを利用することが挙げられますが、エージェントの就活アドバイザーの力を借りることもおすすめです。

履歴書の書き方や就職先探しのサポートを受けることができるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

ハタラクティブではそうしたサービスを無料で提供していますので、ぜひ気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ