新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 20代女性の転職事情とは?人気の仕事や面接に着ていく服装などもご紹介!

20代女性の転職事情とは?人気の仕事や面接に着ていく服装などもご紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代前半の女性はポテンシャルが重視され、第二新卒枠もあるので転職しやすい
  • ・20代後半の女性は経験やスキルを重視されるようになり、キャリアチェンジに最適
  • ・未経験の仕事や正社員へ転職するのなら、20代前半のほうが有利
  • ・一人で転職したり、女性特有のライフイベントを考慮しなかったりすると失敗しやすい
  • ・面接に着ていくのはスーツが基本だが、パンツでもスカートでも問題ない

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

20代の女性は、ライフスタイルの変化に合わせて転職を検討することが多いようです。たとえば未婚の方は幅広い仕事の経験を積んだり、キャリアアップに備えたりするために転職します。一方、既婚の方は結婚や妊娠、出産を経て家庭や育児と両立しやすい仕事を探して転職することが多いです。このコラムでは、女性ならではの転職事情や人気の仕事、失敗してしまう原因などをご紹介。転職を検討している方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

20代の女性の転職事情とは

女性は結婚や妊娠、出産などにより大きな影響を受けやすく、男性に比べて仕事の機会に恵まれにくいイメージがあるようです。しかし実際、20代女性の転職はどのような傾向にあるのか、こちらで解説していきます。

20代前半の女性の転職傾向

20代前半の女性の転職は、新卒と同じようにポテンシャルが重視される傾向にあります。20代前半は社会人としての経験はまだまだ浅いため、アピールにつながる実績やスキルがないから転職は難しいのでは…と思う方もいるでしょう。しかし、会社側が求めるポイントは若さやすぐにでも会社に馴染める柔軟性、社会人としての最低限のマナーです。これからの伸びしろや将来性、熱意などをアピールできれば採用される可能性は高いといえます。ほかの仕事へキャリアチェンジしたいという方や、幅広い仕事に挑戦してみたいという方、働き方を変えて経験を活かしてキャリアアップしたいという方は、20代前半のうちにキャリアプランを考えて行動するのがおすすめです。

20代前半なら第二新卒枠が使える可能性もあります。
第二新卒とは、新卒として就職して1~3年で転職を考えているの方のこと。一度社会人として働いていた経験があることから、基本的な電話対応やパソコンスキル、最低限のビジネスマナーが身についているとして、会社によっては第二新卒を積極的に採用しているところもあります。20代前半のうちに転職をするのなら、第二新卒を募集している会社の求人を探してみると良いでしょう。

20代後半の女性の転職傾向

20代後半の女性になるとポテンシャルではなく、これまで培ってきた経験やスキルが重視される傾向にあります。たとえば、数値化した実績や具体的な実務経験はもちろん、ビジネスマナーやコミュニケーション能力なども厳しく見定められ、20代前半の女性よりもワンランク上の経験やスキルが求められるようです。そのため、20代後半の女性が転職するのなら、経験とスキルをいかにアピールするかが重要になってきます。ここまで見ると、20代後半の女性は転職が難しいのかと思う方もいるでしょう。しかし20代後半の女性はまだまだ仕事に対する吸収力が高く、基本的なビジネスマナーや実務経験を持つ方も多いので、採用機会に恵まれる可能性は高め。即戦力や次期管理職候補としても期待されるでしょう。未経験採用の求人も豊富で、今までの経験を活かしてキャリアアップやキャリアチェンジを図って転職するのなら、最適な時期といえます。

20代の女性が未経験から正社員を目指す場合

正社員として働いた経験のない20代女性が正社員を目指すのなら、なるべく若いうちに転職活動を行いましょう。フリーターやニートの方でも、20代のうちなら正社員を目指せる可能性が高いです。正社員を目指すのなら実務経験やビジネススキル、資格などが求められるのではと不安に思う方もいるでしょうが、ビジネススキルや資格は入社後にも得られるため、採用の場では重要視されないことも。会社側が求める人物像を把握したうえで「なぜこの会社で働きたいのか」「フリーターから正社員を目指すに至ったきかっけ」などを具体的に伝え、熱意や意欲をアピールできれば、採用される可能性は十分にあるといえるでしょう。

未経験の仕事に転職するなら20代前半が有利

未経験の仕事に転職したいのなら、20代前半のうちに行動しましょう。20代前半のうちは、未経験であっても転職できるチャンスが大きいといわれています。なぜなら、前述したように若者ならではの柔軟性や吸収力があるため。すぐに仕事を覚えられるとして、歓迎されるからです。しかし20代後半になると、経験やビジネススキルなどが重視されるようになるので、未経験の仕事への転職は難しくなるでしょう。経験者と未経験者では、経験のあるほうが選ばれる傾向にあります。そのため、20代後半以降は転職先の選択肢が限られてしまうようです。どうしても挑戦したい未経験の仕事があるのなら、20代前半のうちに転職しましょう。ニートなど働いた経験がない方は、「ニートから正社員は無理じゃない!受かる人の特徴やおすすめの仕事を紹介」のコラムも参考にしてください。

20代女性に人気の仕事や転職先とは

女性から人気のある仕事や転職先は、女性が活躍している、シフトに融通が利きやすい、スキルアップしやすいという特徴があります。そういった環境は待遇も良く、安心して長く働けるようです。こちらでは、20代の女性に人気の仕事についてご紹介します。

事務職

事務職は、女性から人気の高いオフィスワークの仕事です。主に書類作成やファイリング、データ管理、来客・電話対応などを行います。会社によって仕事の幅が異なり、小規模な会社などでは経理や人事の仕事を任されることもあるようです。残業などはあまりなく、出張などもないので、家庭やプライベートとの両立を図りたい女性の方におすすめの仕事といえるでしょう。

マーケティング職

マーケティング職も、女性から人気があります。マーケティングとは、消費者のニーズを調査し、どのような商品やサービスを提供すれば良いのか戦略を立てたり、企画したりする仕事。商品が売れるように販売促進も担当します。売上として仕事の結果が数値化されるので、モチベーションを維持しやすいのが魅力です。また、経験を重ねることで活躍の場が広がり、キャリアアップを図って転職する際にも有利になるでしょう。

広報

自社の商品やサービスを宣伝し、世間に知名度を広げるのが広報の仕事です。新聞や雑誌、テレビ、ラジオなどを主流に行っており、現代ではインターネットやSNSも使って情報を発信しています。広報は会社の花形ともいえる仕事で、非常に人気があるようです。男女関係なく活躍できますが、女性や家庭向けの商品やサービスを対象とした広報なら、女性ならではのセンスを活かせるでしょう。また、会社によってはメールやポートフォリオ、冊子を用いて自社のニュースや経営方針、事業に関する取り組みを社内に向けて情報を発信することも仕事に含まれているようです。

Web系

Web系の仕事は男性が多いイメージがありますが、近年では女性も増えてきています。TI技術の発展により、IT技術者の人手不足が続いているため、フレックスタイムを導入するなどして、女性でも働きやすい環境が整備されるようになったからです。Web系の仕事は事務職よりも専門的な技術を身につけることができ、給料も高い傾向にあるため、プログラマーやSE、Webデザイナーといった仕事は女性から人気が高くなっています。基本的に一人で黙々と作業しますが、クライアントの要望を聞き取ることもあるため、きめ細やかな気配りやコミュニケーション能力に長けた女性の需要は今後も高まっていくでしょう。

保険の営業

女性が多く活躍している仕事として、保険会社の営業職が挙げられます。顧客に合った保険を紹介したり、プランを提案したりして、契約してもらうため、社交性やコミュニケーションの高い女性に向いているといえるでしょう。また、商品やサービスを販売するために必要になる知識やスキルは就職してから身につけられるため、未経験者を積極的に採用する会社が多いのも特徴。さらに、営業職は歩合制を導入していることが多いので、結果を出せばその分、高収入につながることが女性からも人気を得ています。

そのほか介護士や経理、エステティシャン、セラピストなど女性に人気の仕事はたくさんあります。
女性に人気の仕事を種類別に紹介!空港・ものづくり系など」も見てみましょう。

20代女性が転職に失敗する原因

20代で転職に失敗する女性は、ライフイベントを考慮した仕事選びをしていなかったり、周りに意見を求めなかったりする傾向が見られます。こちらでは、20代の女性が転職で失敗する原因をご紹介するので、自分が当てはまっていないか、確認してみましょう。

1人で転職活動をしている

20代の女性が転職に失敗するのは、誰にも頼らず一人で転職活動を行っていることが多いからです。一人では転職活動の進め方に悩んだり、考え方が偏ったりして、転職における方向性を誤ってしまう可能性があります。そのため、転職をする際は第三者に自分の状況を分析してもらい、具体的なアドバイスをしてもらうことが大切です。ただし、家族や友人、同僚などにはなかなか相談しづらい方もいるでしょうし、相談された側も本人に遠慮して踏み込んだ意見をいえない可能性もあるでしょう。そういった事情から、一人で転職活動をしている方は少なくありません。

ライフイベントを考慮していない

20代女性が転職に失敗するのは、結婚や妊娠、出産などによるライフスタイルの変化を考慮していないことが原因のようです。今は結婚や妊娠の可能性がなくても、将来的にどうなるか分かりません。20代女性が転職を考えているのなら、キャリアプランと今後のライフイベントの折り合いをつけたうえで、働きやすい職場を見つけるべきです。特に、これから結婚する予定がある方は、家庭との両立や産休・育休に入ることを考慮したうえで転職活動をしないと、仕事を辞めざるを得なくなったり、またすぐに転職しなければいけなくなったりするでしょう。

キャリアプランを考えていない

20代の女性が転職に失敗するのは、キャリアプランを考えていないことが原因のようです。キャリアプランは、「転職して何をしたいか」「これからどんなキャリアをどこで築いていきたいか」などを決めるための軸。より良いキャリアを実現するために欠かせないもので、キャリアプランがないと方向性が定まらず、ただ闇雲に転職活動をすることになります。そうすると自分に合わない会社に応募してしまったり、採用されてもすぐに辞めることになったりして、転職に失敗してしまうでしょう。

職種だけで転職先を決める

20代の女性が転職に失敗する理由として、職種だけで転職先を決めてしまうことも挙げられます。たとえば「事務職で働きたい」と希望の職種を決めておくことは大切ですが、長期的に働き続けるにはどんな会社なのか、しっかり調べておくことが欠かせません。どんな職場なのかをよく調べず、事務職で働きたいからという理由だけで応募してしまうと、入社後にミスマッチを起こしてしまうことも。職種に固執するあまり、職場の雰囲気や給料以外の条件を見落としてしまうと転職失敗につながるでしょう。

マナーを守れていない

20代の女性が転職に失敗する理由として、マナーが守れていないことも挙げられます。20代はまだまだ社会人経験が浅いので、身だしなみや言葉遣い、立ち振る舞いなどのマナーをすべて守れていない部分もあるでしょう。しかし、まだ若いから仕方ないという言い訳は通用しません。転職を成功させたいのなら、社会人として未熟であることを自覚し、謙虚な姿勢を心掛ける必要があります。

20代女性が面接に着ていく服装

20代の女性が転職で失敗しないためには、服装も大切です。転職中はスーツを着用するのが基本。制服があったり普段は私服OKの職場だったりしても、面接の際はスーツを着て行きましょう。20代なら、新卒の就活の際に使用していたリクルートスーツを着用しても問題ありません。ただし、色はネイビーやグレー、ベージュなど落ち着いたビジネススーツを着用することをおすすめします。また、インナーは襟のないものにしたり、靴やアクセサリーを組み合わせたりして、大人っぽい上品な印象を演出するのがポイントです。

スカートスタイルorパンツスタイル

女性の場合、スカートだけでなくパンツスタイルも選べます。パンツスタイルは動きやすいため、活発な印象を与えることができ、営業職や動くことが多い仕事を希望する際はパンツスーツのほうが好印象を与えられるでしょう。ストレートパンツやテーパードパンツ、スリムパンツ、ワイドパンツなどの種類がありますが、テーパードパンツがベーシックなので面接にはおすすめです。
スカートを着ていくのなら、タイトスカートやセミタイトスカートがおすすめです。女性らしい雰囲気を演出したいのなら、Aラインのスカートも良いでしょう。ただし、短過ぎるスカートは避けてください。ミニスカートで面接を受けると、採用担当者から「TPOに合った服装ができない」と思われる可能性があります。

面接時の服装のマナー

20代の女性が面接に臨む際、メイクやネイルは派手過ぎないように気をつけましょう。ナチュラルメイクを心掛けるのがマナーです。淡いピンクや肌に馴染む色で統一し、派手な色使いや過度なメイクは避けましょう。また、アクセサリーは着用しても問題ありませんが、シンプルなものにしてください。ビッグモチーフのピアスやイヤリング、ペンダントなどはマイナスイメージにつながる恐れがあるので、正社員面接の場合は特に避けるべきです。指輪は結婚指輪や婚約指輪なら問題ありませんが、デザイン性の高い指輪をつけていくのはやめておきましょう。

面接時の服装に悩むときは「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」もお読みください。

20代の女性が転職を成功させるためにしておくべきこと

転職活動を始める前に20代の女性がしておくべきことは、転職の優先順位決めや企業・職種研究など。転職を成功させるには入念な準備が必要です。

譲れない条件の優先順位を決める

まず、転職先に求める条件の優先順位をつけましょう。職種や勤務日数、給料、福利厚生など誰しも譲れない条件があるはずです。しかし、すべての条件が叶う求人はなかなか見つからないでしょう。優先順位を決めておけば、優先度の低い条件は妥協することができ、仕事探しがスムーズになるでしょう。

職種研究や企業研究を行う

転職活動を始める前に、職種研究や業界研究をしておきましょう。職種研究は、自分の強みを活かせる仕事は何か知るために行います。人気のある仕事だから、花形だからという理由で選んでも自分に合っていなければ後悔してしまうでしょう。そして、自分に合った仕事をするにはどんな会社が良いのか知っておくことも大切です。大手だから、有名だからといった理由で転職先を決めてしまうとミスマッチを起こしてしまうので、自分に合った仕事か、職場かをしっかり見極めましょう。

転職エージェントを利用するのも一つの方法

転職を成功させたいのなら、転職エージェントを利用するのも方法の一つです。前述しましたが、一人で転職すると失敗する可能性があります。しかし、転職エージェントを利用すれば第三者であるアドバイザーのアドバイスを受けられ、自分に合った求人を紹介してもらえるでしょう。転職活動中のスケジュール管理や会社側との条件交渉なども代行してくれるので、転職活動が難航している方はぜひ利用してみてください。
特におすすめなのは、20代に特化した転職エージェントのハタラクティブです。ハタラクティブは若年層のフリーターや既卒、第二新卒の就職・転職を徹底サポート!カウンセリング実績110,000人、内定率80.4%を誇るハタラクティブなら、正社員経験のない20代女性の転職も成功するでしょう。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ