転職エージェントのデメリットとは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 転職エージェントのデメリットとは?

公開日:

最終更新日:

"さまざまなメリットが話題の転職エージェント。実際はどうなのでしょうか? 転職エージェントを利用し、転職や正社員就職を目指す際にデメリットとなり得る状況と、その予備対策をご紹介します。"

■求人の選別

転職エージェントは、全ての業界に強いわけではありません。それぞれ、得意な業界や企業というものがあります。
転職活動中、何をやりたいのかがはっきりと決まっていない場合は注意が必要です。
転職エージェント側は、求職者の希望や要望に応じてさまざまな提案をしてきます。希望や意思表示がなければ、得意とする業界の求人が中心となることが多いでしょう。
内定後に、こんなはずではなかったと後悔しないよう目標をしっかりと定めましょう。

■担当者との相性

転職エージェントのメリットの1つは、担当者が付くことではないでしょうか。就職活動の悩みを相談できる相手がいるというのは心強いものです。
会社選びや面接対策など、プロの視点からアドバイスを受けることができるのも大きなポイントでしょう。
しかし、大きなメリットである反面、担当者次第ではデメリットになってしまう可能性も。担当者との相性が良ければ問題ありませんが、なんとなく合わないと感じることもあるかもしれません。相談しづらくなってしまう前に、転職エージェント側に担当者の変更を依頼しましょう。

■フォロー期間

求職者の活動状況や意思によりますが、あまりにも転職活動が長引いてしまう場合には、会社の紹介やフォローを打ち切ることがあるようです。
就職のサポートは、求人紹介、日程調整、面接対策など多岐にわたります。転職エージェントは、求職者一人ひとりに向き合って対応するために、かなりの労力と時間を費やします。就職活動や転職活動に前向きでないと判断されれば、やむをえないということもあるでしょう。
そうならない為にも、どうして転職活動をしているのかという基本に立ち返り、目標を見失わないことが大切です。

転職エージェントのメリットとデメリット、いかがだったでしょうか。
しかし、デメリットになり得る状況も、自分次第で防ぐことが可能です。大切なのは、転職エージェントに頼り切るのではなく、目標を持ち、就職に対する自分の考えを明確にしておくこと。何かを決断する場合は、任せきりにするのではなく自分で考え、わからないことはその都度相談しながら進めていきましょう。
就活支援サービスのハタラクティブでは、キャリアの方向性や向いている職種についてのアドバイスをしています。
入社後のミスマッチが起きないよう企業選びのポイントや、働きたい会社で働いた場合のメリットやデメリットについてもお伝えしているので、第二新卒からの転職を考えている方も安心です。
第二新卒を始め、高卒・既卒から正社員になりたい方、転職をご希望の方はお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ