新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

退職交渉をスムーズに進めるには

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職交渉をスムーズに進めるためには会社側の負担を軽くできるような提案をすること、切り出すタイミングが適切か注意することが大事
    ・退職交渉は就業規則を確認し、定められている期間よりも余裕を持って伝える
    ・退職理由は上司が納得できるような形で伝えるよう心がけ、会社への不満にならないよう注意する
    ・退職が決定したら、業務の引き継ぎや残務処理など誠意をもって対応する

    ・ハタラクティブを利用すると、働きながらの転職活動がスムーズ

転職を考えた場合に、同時に考えなくてはならないのは退職交渉についてです。転職先が決まっても、退職できなくては意味がありません。 スムーズに退職交渉を進めるために大切なポイントについてご紹介します。

◆退職交渉をスムーズに進めるには

新卒から初めて正社員として就職し、社会人の経験を積ませてくれた会社です。自分のためだけではなく、迷惑をかけずに会社を円満退職できるよう退職交渉について学びましょう。

・自分の考えを伝える前に、会社側の状態や意向を考えよう

まず、退職の意思を会社側に伝えることからスタートしますが、会社側に退職を表明しても、なかなか受け入れてもらえない場合があります。 
企業が退職を引き留める理由はさまざまですが、業務を引き継ぐ後任者がいないことや、他の社員の負担が大きくなることが原因になっていることが多いようです。 

・会社側の状況を踏まえて交渉をするのが円満退職のコツ

退職交渉をスムーズに進めるためにも、そのような負担を軽くする働きかけを提案することが大事でしょう。

例えば、引き継ぎのスケジュールを考え交渉の際にプランを伝える、といったことが考えられます。


また、退職を切り出すタイミングも重要です。

精神的・体力的な負担が強く体調を崩しているというような、すぐ辞める必要がある場合を除いて、繁忙期やプロジェクトに参加している期間中などは避けたほうが良いでしょう。

タイミングを計れず上司になかなか話しかけられない…という人は、相談がある旨をあらかじめメールで伝え、ゆっくり話せる時間を作ってもらうのがおすすめです。

◆退職交渉の進め方

ここでは、実際に退職交渉を進める時の手順について説明します。

・基本は退職したい日の2週間前に申告。就業規則をチェックしよう

退職交渉は、退職の意思を会社側に伝えることから始まりますが、雇用期間の定めがない場合はいつでも退職を申し出ることが可能です。
ただし、民法627条では「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」とあるため、「2週間前に申告する」と就業規則を定めている企業も多いでしょう。

退職を考え始めたら、まず就業規則で、自分が希望する退職日から遡って何日前までに伝えれば良いのか確認します。

業務の引き継ぎや関係各所への挨拶などを考え、定められている日程より、余裕を持って伝えることが望ましいでしょう。 

・退職を伝える時は上司が納得できる理由とブレない意思が大切

退職の意思が固まったら、直属の上司に退職の意思を伝えます。

退職交渉をスムーズに進めるためにも上司が納得する理由を伝えることがポイントです。

会社への不満が原因で退職を決意した場合でも、理由は個人的な目標や今後のキャリアプランの見直しについてなど前向きな理由にすることをおすすめします。 
現状についての不満を述べると、部署の異動や改善策を提案されるなど、引き留められる可能性が高くなるからです。 

また、上司に伝える前に上司以外に相談する場合は、注意が必要です。

思わぬところから上司の耳に入り、気まずくなるというケースも少なくありません。

「辞めたいらしい」という噂が先行し、働きづらくなってしまったり、退職交渉をする前に上司に引き留められてしまうということも考えられます。 
退職することを同僚に伝えるタイミングは、上司に意思表示をした後にしましょう。

・双方の合意をもって退職日が決定する

退職の合意を貰えたら、退職日を決定します。

先の通り、法律上では申請をしてから2週間後には退職できることにはなっていますが、会社の状況によってはその期間で人手がなくなると業務が滞ってしまうことも。

円満に退職するためには、礼節をもって双方が納得できる期間を要して検討するのがベストです。

退職の申請をしてから1ヶ月~2ヶ月後くらいが退職日となることを目安に考えておきましょう。

・退職日が決定したら引き継ぎと残務処理をしよう

退職日が決まったら、後任者への引き継ぎと残務処理をします。

中には、「もう辞める会社だからどう思われても構わない・関係ない」と考えてしまう人もいるようですが、退職するまでは労働者としての責任があること、これまでお世話になったこと、これから先も何らかの形で関わる機会がゼロではないことを踏まえて、自分の責務を全うするのが社会人としてのマナーです。

お世話になった人への挨拶も忘れずに。

取引先とのやりとりがある人は、挨拶と同時に後任者の紹介もきちんとしておきましょう。

◆働きながら転職活動するならハタラクティブ

働きながら転職活動したい、転職活動をしているけど不安があるという方は、転職支援を行っているエージェントを活用するのもおすすめ。

エージェントの担当者であれば、安心して転職について相談することができます。 

また、転職市場についての詳しい情報や有益なアドバイスはもちろん、履歴書や職務経歴書の書き方のコツまで幅広いサポートを受けることが可能です。 

ハタラクティブでは、フリーター・高卒・既卒・第二新卒の方を中心とした若年層の方の転職や正社員就職の支援を行っています。 
就活アドバイザーが面接対策や求人選びのポイントをアドバイス。

企業との日程調整もサポートしているので、働きながら転職活動を効率的に進めたい第二新卒の方も安心です。

ハタラクティブで、転職に関わる不安を解消してください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ