本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 長所・短所を尋ねられた時の正しい回答とNGな回答

長所・短所を尋ねられた時の正しい回答とNGな回答

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・長所と短所の把握は、仕事探し・履歴書作成・面接という3つのシーンで必要になるため、就活では必須事項ともいえる

    ・企業側が長所と短所を聞く目的は、自己評価が正しくできる人物かどうかを判断するため

    ・長所と短所の把握は自己分析をもとに行い、長所は仕事に関連する事柄を、短所は仕事をする上で致命的にならない事柄をピックアップする

    ・履歴書に書く際は箇条書きで終わらせず、具体例を交えて書くことで説得力が増す。短所の場合は改善に向けてどのような努力をしているかという点も忘れずに

    ・面接の際は、履歴書と同じではなくさらに踏み込んだ具体的な内容を伝える。伝える際の態度にも注意し、誠実で堂々とした話し方を

    ・長所や短所を第三者目線で知りたいならエージェントの利用もおすすめ

人間誰しも長所と短所があるものですが、それらを把握しておくことは就職活動において大きな武器となります。
しかし、実際、どのようにしてそれを活かせば良いのかよくわかっていない人も多いのではないでしょうか?

そこで、自分の長所と短所の把握の仕方や就職活動におけるそれらの活かし方などについて説明をしていきます。 

◆就職活動を行う上で必須事項の長所・短所の把握

長所・短所の把握が必要となるのは、まず仕事探しの時点です。
適性があるか判断するには長所・短所の把握が関わってきます。


次に必要となる場面が履歴書作成の時ですが、もちろん、長所・短所の項目がない履歴書フォーマットを選べば、それらを書く必要はありません。

しかし、企業が履歴書の種類を指定する場合がありますし、エントリーシートに記入を求められるケースもあります。
また、書類審査の段階では必要がなかったとしても、面接では高確率で質問される事柄です。

そのようなことから、就職活動を始めた時点で、自分の長所と短所の把握に努めるのは必須事項だといえるでしょう。

◆相手の目的を知ったうえで対策を!なぜ長所や短所を質問するのか?

それでは、企業はどのような目的で就職希望者の長所や短所を質問するのでしょうか?
ひとつは自己評価が正しくできているかを知るためです。

自己評価があまい人は、なにごとにおいても事態を客観視できず、よい仕事をするのはむずかしくなりやすいといえます。
次に、採用担当者は、自分の短所をごまかさずに伝えられる誠実さがあるかも見ています。
自分をごまかす人間は仕事おいてもごまかしが多くなり、問題を起こすというリスクがあるからです。

以上の点から考えて、「あなたの短所はなにですか?」という質問に対して「短所はありません」と答えるのはNGです。
短所のない人間などは存在せず、もしそう答えた場合は正しい自己評価ができていない、あるいは誠実さに欠けると判断されてしまうでしょう。

ただし、短所を素直に答えればそれだけでよいというわけではありません。採用担当者は就職希望者の自己評価能力や誠実さを見ると同時に問題解決能力がどの程度あるかも計っているのです。
したがって、短所を述べるだけでなく、それを克服するためにどのような努力をしているのかを説明する必要があります。

また、長所について質問されるのは、短所と同じく正しい自己評価ができているかを見るためですが、他に採用した後にその人材をどのように活用するかを見極める意味合いもあります。
したがって、答える側も自分の長所を仕事にどう生かすのかを考えたうえで答えた方がよいでしょう。

◆長所・短所のリストアップと選別方法

自分の長所や短所がわからない、あるいはわかっているつもりでもそれが正しいのか自信がないという人は意外に多いものです。
そこで長所・短所を洗い出すために自己分析が必要となります。

自己分析の方法はさまざまですが、代表的なものとしては自分史を書いてみるという手段があります。
まず今までの人生の中で主なできごとを書き出してみてください。そして、そのできごとがどのような経緯をたどってどういう結末を迎えたのか、その際の反省点はなにでそこからなにを学んだのかといった事柄を掘り下げてみるのです。
それを行っているうちに自分の長所や短所が見えてくるはずです。

それでも自分の認識に自信がないという人は、直接家族や友人に尋ねてみるのもよいでしょう。
そのうえで、自分の長所と短所をすべて書き出して一覧表にします。
次に、その一覧の中からどれを履歴書やエントリーシートに使うのかというピックアップの作業を行います。

長所はなるべく仕事に関連のあるものがよいでしょう。例えば、志望職種が企画の場合、「運動神経には自信があります」などという長所は、仕事に直接活用できそうにないので、ピックアップの優先順位は低くなります。

逆に、短所に関しては、仕事をするうえで致命的な欠点を書くのは避けてください。営業志望なのに「人見知りが激しい」、企画志望なのに「発想が貧困」などです。
ただ、ここまでくると、短所を考えるよりも志望職種の選択からやり直した方がよさそうです。さらに、「時間にルーズ」「お金にルーズ」「嘘をつく癖がある」などといった致命的な短所を挙げるのも避けましょう。

就職活動に使用する短所は、志望職種に直接デメリットにならない事柄や努力すれば克服可能なものを選ぶのが賢明です。

◆長所・短所を箇条書きにするだけではダメ!履歴書に書く際の注意点

長所・短所をピックアップした後はそれを履歴書に書くわけですが、「長所:責任感が強い、短所:頑固なところがある」などと箇条書きにしただけでは不足です。

長所の場合、「責任感が強い」と書いているだけでは採用担当者がその真偽を判断しようがありませんし、どの程度の責任感があるのかも不明です。

そこで、具体例を挙げて説得力をもたせるようにしましょう。
例えば、アルバイトや前職などで実際に最後まで責任感をもって仕事を遂行したエピソードを盛り込むのです。
その場面が脳裏に浮かぶような書き方をすると格段に説得力が増し、強力なアピール材料となるでしょう。

一方、短所の方はそれをどのように克服しようとしているのかという、問題処理能力が問われます。
そこで、短所が「頑固」である場合、履歴書の書き方は以下のようになります。 
「自分の意見に責任をもとうとするあまり、それにこだわり過ぎてしまう面があります。その結果、つい感情的になり、他人の意見が耳に入らなくなることがよくあるのです。そこで、感情的になっているなと感じた場合は、1度間を空けて気持ちを落ち着かせてから改めて話を聞き、場合によっては第3者にも意見を求めたうえで判断を下すように心がけています」 

もちろん、これは一例であり、ひとことで頑固と言ってもその形は千差万別です。
大切なのは自分自身の経験を例に挙げつつ、自分の言葉でまとめることです。

◆履歴書とは異なる!面接ならではの長所・短所の答え方

履歴書に長所と短所を書いても面接のときにはおそらくまた同じ質問をされるでしょう。
その際は、履歴書と同じ内容を述べればよいのですが、ただ履歴書に書いている事柄をそっくりそのまま繰り返しても面接でのアピールにはなりません。
履歴書の限られたスペースでは書きけれなかった、より具体的な話や履歴書とは異なるエピソードに基づいた話などができるように内容を考えておいておくことが大切です。
また、面接で自分の長所と短所をひとつかふたつ述べたとしてもそれだけでは判断材料として不十分だと面接官が思う場合もあります。そのときは、「他にはありませんか?」と質問してくるので、とっさに答えられるように多めに答えを用意しておく必要があります。

さらに、話の内容だけでなく、話をするときの態度も重要です。
自分の長所を述べるときにおどおどしたそぶりを見せれば、「本当に長所なのだろうか?」と疑念の目で見られてしまいます。胸を張り、堂々とした態度で答えることが大切です。
同時に、短所を聞かれたときもあら探しをしているなどとは思わずに、「自分のことをもっと知りたいのだな」と考え、前向きな姿勢で答えられるように心がけてください。

◆就職成功率を高めるには就職・転職エージェントがおすすめ

1人では不安がある、第三者目線で自分の長所と短所について知りたい、という方は就職・転職エージェントのの活用がおすすめです。
就職・転職エージェントは希望に沿った求人を紹介するほか、履歴書の書き方や面接での注意点などの指導も行ってくれるというサービスも。

冷静なプロの目線でアドバイスを受けられるメリットがあります。

ただ、就職・転職エージェントならどこでもよいというわけではありません。エージェント選びは慎重に行う必要があります。
そこで、20代の方はハタラクティブを試してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは若年層を中心とした既卒、フリーター、第2新卒の就職支援を行っていますが、経験豊かな就職アドバイザーがマンツーマン体制でサポートをしています。
しかも、サポートの質の高さを追求した結果、内定率は8割を超えています。サービスはすべて無料ですので、興味のある方はお気軽にご登録ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?