1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ブラック企業の特徴とミスマッチな就職を避ける方法

ブラック企業の特徴とミスマッチな就職を避ける方法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

がんばって就職活動して内定をもらっても、それがブラック企業だったりすると泣くに泣けません。なんとかブラック企業とそうでない企業を事前に選別し、前者へ就職だけは避けたいところです。
そこで、ブラック企業の特徴と見分け方について説明をしていきます。

◆あなたの勤めている会社は大丈夫?ブラック企業の主な特徴

ブラック企業の特徴を挙げる前に、まずブラック企業の定義について考えてみましょう。簡単に言うと、それは従業員を過重労働や違法労働によって使いつぶす企業のことです。
つまり、人材を会社の財産とは考えず、単なる消耗品と考えているのです。
したがって、ブラック企業にはボーナスや各種手当がありません。仮にあったとしてもごくわずかです。
当然、手当以外の福利厚生も貧弱です。中には法で定められている厚生年金や健康保険の加入さえしていない会社も存在します。どうせ、すぐやめるのだからそんなところに金をかけるのはムダだと考えているわけです。
しかし、会社をやめるまでの間は少しでも多く稼いでもらいたいので残業が常態化します。もちろん、残業手当などほとんどなく、基本的にサービス残業です。

その他にも、ブラック企業の特徴としては、『休日出勤が珍しくない』、『病気でも簡単には休めない』、『パワハラが日常茶飯事』、『必要経費で処理するべきものが自腹で払わされる』などが挙げられます。

◆残業命令を出せるのは特殊条件を満たした時のみ!労働基準法における残業の解釈

残業が常態化するのはブラック企業の大きな特徴ですが、残業がまったくない企業はほとんどありませんし、残業がすべて違法というわけでもありません。
したがって、残業の状況によってその会社がブラック企業か否かを判断するには、まず法律による取り決めを把握する必要があります。

労働基準法では従業員の労働時間は1日8時間、1週間で40時間を超えてはならないと定められています。
もし、どうしても法定労働時間を超えて残業を命じたいのであれば、ある一定の条件を満たさなければなりません。
その条件とは労働基準法36条に基づいて『使用者』と『全労働者の過半数の中から民主的な方法で選出された代表』との間に労使協定を締結することです。
その上で、労働基準監督署にそれを届け、就業規則に『やむを得ない場合は法定労働時間を超えて働いてもらう場合がある』という旨を明記して初めて残業の指示が可能となるのです。

労使協定を締結したからといって無制限に残業命令ができるわけではありません。法定時間を超える残業に関しては、『1週間で15時間以内』、『2週間で27時間以内』、『1ヶ月で45時間』、『1年で360時間』という具合に上限が定められているのです。
もちろん、法定労働時間を超過した残業に関しては、給料の他に規定の手当を支払う義務があります。

したがって、『労働協定を締結していないのにも関わらず残業をさせられる』、『労働基準法で定められた上限を超えて残業をさせられる』、『規定の残業手当が支払われない』などといった会社はブラック企業である可能性が高いと言えるでしょう。
ちなみに、ブラック企業の経営者がよく使う言い訳としては『残業しろと命令したわけではない、社員が勝手に残業しているだけだ』というものがあります。 まさに、サービス残業というわけです。
しかし、このような言い訳はほとんどの場合、通りません。残業を黙認しているのは残業を命じているのと実質同じだとみなされるからです。
少なくとも、裁判においてこういった言い分が通るのは、会社側が残業禁止を徹底しているのにも関わらず、従業員がそれを無視して残業を行った場合だけです。

◆ブラック企業を避けるために欠かせない企業研究

このようなブラック企業への就職を避けるには、何よりも企業研究が大切です。
まず、その企業のホームページにいき、企業理念を確認してください。ブラック企業の場合、経営者にとって都合のよい精神論的な内容がしばしば企業の理念として語られています。
また、会社四季報などに掲載されている離職率が、他の会社と比べて極端に高いところは危険です。
さらに、ネットでの評判を調べてみるのもひとつの手です。匿名掲示板などに書かれている企業批判は、無責任な誹謗中傷が多いために鵜呑みにはできませんが、それでも、いろいろな場所で批判が散見される会社は用心した方がよいでしょう。
それに、企業経営者のインタビュー記事なども手がかりとなる場合があります。ブラック企業の経営者は社員をこき使ったエピソードを美談のように語る傾向があるため、そういった類の話が出た場合は要注意です。

あとは求人サイトなどで、求人広告の掲載状況もチェックをしておきましょう。
ブラック企業は基本的に従業員を使い捨てにするので常に人を雇う必要があり、頻繁に求人広告が掲載されています。
特に、『経歴不問、未経験者大歓迎』、『努力次第で年収1千万円も夢じゃない!』などという具合に採用のハードルが低くて、根拠もなく景気のよい話を謳っているところは危険です。

以上のような点を調べ、危険性の高い企業を避ければ、間違ってブラック企業に就職する確率はかなり低くなるでしょう。
しかし、いくら世間的に評判のよい会社でも、あなたにとってはブラック企業である可能性は残っています。
それはブラック企業の基準が人によって違うからです。
例えば、高収入を得たい人にとっては、いくら残業が少なくて休日が多くても給料の低い会社はブラックであり、逆に、プライベートを大切にしたい人にとってはいくら給料が高くても休みの少ない会社はブラックということになります。

そういった点が不安だという人はハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは20代中心の既卒、フリーター、第二新卒を対象にした就活支援サービスですが、単に仕事を紹介するだけでなく、企業の内情を詳しく聞けるのが特徴です。
しかも、経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマン体制でサポートし、希望や適性を検討したうえで、本当にあなたに合ったお仕事を紹介いたします。サービスはすべて無料ですので、企業選びに悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ブラック企業の特徴は?こんな会社には注意!

  • image

    中小企業からブラック企業を見抜く方法

  • image

    ブラック企業のよくある特徴とは

  • image

    ホワイト企業とブラック企業の見分け方

  • image

    ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?

  • image

    知ってる?ブラック企業の見分け方

  • image

    ブラック企業を見分ける方法は?

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる