「セコム」採用担当者にインタビュー社会の不安を取り除く、縁の下の力持ち

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 企業の採用担当者インタビューTOP
  4. >
  5. 「セコム」採用担当者にインタビュー

公開日:

最終更新日:

 

セコム株式会社

 1962年に設立したセコム株式会社は今年で57期目を迎え、従業員数は約16,000名が在籍する、歴史ある会社です。「あらゆる不安のない社会の実現」を社会的使命とし、「社会にとってより良いサービスを創り上げたい」と、強い想いを持ち続けるセコムの魅力とは。人材採用部 キャリア採用グループ 吉川様にお話を伺いました。

吉川(Yoshikawa)

2011年4月、セコム株式会社へ新卒入社。3年3ヶ月セキュリティスタッフとして警備を経験。その後、グループ会社へ採用担当として5年間出向し、2019年7月から現在のセコム株式会社 人材採用部に異動。主に応募者の管理やweb広告等からの募集を通じ、通年採用の運営管理をしている。

 

業界トップレベルのキーワードは安全と安心

ーセコム株式会社について教えてください。

 1962年に日本初の警備会社として創業した歴史ある会社です。セキュリティ契約件数や売上利益が業界No.1で、トップシェアを誇っています。また、世の中に広く「安全・安心を届けたい」想いを掲げ、「誰もが便利で快適に、安心して暮らせる社会」を創造しています。


 セコムグループ全体では従業員60,000人を超える規模です。「安全・安心」の基盤となるセキュリティ事業に加え、防災・メディカル・保険・地理空間情報サービス・情報通信・不動産など、多様な領域で事業を展開しています。


 セコム株式会社単体では、売上は4,000億円、従業員数は16,000名在籍し、売上の100%は警備が占めます。今回は、数ある事業部の中から、セキュリティ事業部で働いてくださる方を募集しています。

ー入社後の具体的な仕事内容についてお伺いしたいです。

 仕事内容は大きく分けて3つあり「緊急対応」「ATM障害対応」「保守点検・セキュリティ強化の提案」です。


 まず「緊急対応」では、センサーの異常信号やお客様からの要請に基づき現地に向かい、状況に合った適切な対処を行いながら、正常化を図ります。対処内容としては、センサー感知や火災、救急、点検要請など多岐に渡ります。


「ATM障害対応」では、ご契約金融機関のATMに障害が発生した場合に正常化するための対応を行います。具体的には、お札やカード、通帳が機械に詰まってしまったときです。


「保守点検・セキュリティ強化の提案」では、各種セキュリティ機器を定期的にチェックし、異常がある場合は修理・交換を行います。お客様のニーズに合わせてセキュリティ強化の提案を行い、常にハイレベルなセキュリティを維持、提供しています。いずれもお客様の「不安」を「安心」に変える仕事です。



社員が安心して働くために

ー警備職は夜勤や残業が多いイメージですが、実際どうでしょうか?

 残業時間は、月間平均25時間程度と決して多くはありません。夜勤に関しては警備職のため正直避けられませんが、24時間の2交代制で社員が支え合いながら仕事をしています。


 入社当初は夜勤を中心にスタートします。夜勤の業務を通じ基本的な対応を身に付け、仕事に慣れてくると徐々に日勤の勤務日数が増え、日勤と夜勤が同等になります。経験と共に日勤がメインになっていくので、長年夜勤を続けることはありません。

 

ー休暇に関しても教えてください。

 基本的に週休二日制ですが、社員が常に良い環境で働けるよう、様々な休暇制度を設けています。「フレックス休暇」では、年に一度最長10日間と6日間の連続休暇の取得が可能です。また、勤続年数が10年を超えると、2週間の連休が取得可能になる「リフレッシュ休暇」もあります。


 他にも、育児や親族の介護が必要な社員が安心して、休暇を取得できるような制度も設けています。育児休業は、近年男性取得者も増えてきました。2015年度は育休取得者は3名でしたが、2017年度には取得者が10人にも増えました。また、奥様の出産に立ち会える特別休暇もあります。


 介護休業に関しては、毎年数名取得を希望する社員がいます。介護を終えたあとも引き続き勤務をする意思がある場合は、約6ヶ月間の介護休業、就業時間の変更や免除の取得が可能です。

 

ー研修も手厚いそうですが、具体的な内容を聞かせてください。

 新入社員は入社時、セコムHDセンターに1週間泊まり込みで研修を実施します。セコムHDセンターとは、セキュリティ業務やメンテナンス技術などの実践的な知識・技能を教育する施設のことです。


 具体的にはセコムの基本理念や、セコム社員としての心構えから「警備業法」で定められた教育、基本動作や救急法、それぞれの業務に必要な知識や技能を学びます。


 入社時だけでなく、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後と段階的にスキル向上と定着を目的とした、研修を行っています。入社時期が近い社員は基本同じ研修に参加するため、全国から集まった同期に久しぶりに会えることはモチベーション向上のポイントです。



入口は警備。その先に広がるキャリア

ー自己申告制度はどのような制度ですか?

 人事評価とは別に「自己申告書」を年に一度提出することができる制度です。会社に対して「担当業務についての所感」「今後希望する職務・時期・理由」など、アピールできます。


 目標に対してどれだけ努力したかが評価されるため、提出したら誰でも希望している職種に異動出来る訳ではありませんが、頑張っている社員はしっかりと評価される仕組みとなっています。

 

ー具体的なキャリアアップについて教えてください。

 中途採用・新卒採用問わず、基本的に入社後約2〜3年は警備職からのスタートになります。セコムは警備会社のため、まずは現場を知ることからはじめていただきます。はじめは警備職に就いていただきますが、将来的には営業・事務・事業所長など、適材適所でキャリアアップが可能です。


 評価によっては早い段階でキャリアアップしていく社員もいます。具体的な例として、警備職を4ヶ月経験した後に営業職を4年1ヶ月行い、営業主任を3年担当し、営業専任課長にキャリアアップした社員がいます。



セコムは活躍の場を提供する

ー警備職のやりがいを聞かせていただきたいです。

 警備職のやりがいは3つあります。1つ目は、若い方からお年寄り、企業様などのお客様やご契約先に伺えることです。会社の代表の方や著名人といった、普段会えないような社会的地位の方と会話する機会があることは、貴重な経験となります。


 2つ目は、会社の看板を背負っていると実感できることです。お客様はセコムの制服を着ている社員の誰を見ても「セコムが来た」と思います。制服を着ているだけでセコムの人だと認識してもらえることは会社の規模が大きいからです。


 3つ目は、誰かの助けになれることです。セキュリティは社会の大事なインフラで、なくてはならないものです。時には、自分がある程度犠牲にならなければいけないこともありますが、その分お客様に安全安心を喜んでいただけて、人のためになったと感じることができます。お客様から直接感謝の言葉をかけていただけることはとてもやりがいに感じます。

ー最後に、求職者の方へメッセージをお願いします。

 やる気を持って仕事に取り組んでほしいと思っています。セコムは中途採用の方が多い会社のため、新卒と中途の割合が2:8です。大きな会社ですが、年功序列で会社が動いている訳ではありません中途採用で入社したたくさんの社員が活躍しているので「頑張りたい」気持ちが強い方であれば、誰にでも活躍の場があります。


「人のために何かをしたい」気持ちがセコムにおいてはとても重要な要素です。少しでも「人に役立つ仕事がしたい」という気持ちがある人は、ぜひ選考にお越しください。


おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ