若者の「働く」と「働き続ける」をサポートしている団体【たちかわ若者サポートステーション】

若者の「働く」と「働き続ける」をサポートしている団体の画像

はじめに

たちかわ若者サポートステーション(通称たちかわサポステ)は、若者の職業的自立のための総合相談窓口です。対象年齢は15歳から49歳まで。働くことに不安のある若者に寄り添い、「働く」と「働き続ける」をサポートしている支援機関です。
高校中退や進路未決定のままの卒業という所属を失った状態では、社会とのつながりが減ってしまいます。サポステでは、こうした若者たちが社会との接点を見つけられるようなサポートを行っています。
本記事では、サポステの活動について詳しくお伝えしていきます。

たちかわ若者サポートステーション

たちかわ若者サポートステーションの画像

たちかわ若者サポートステーションは、厚生労働省委託の支援機関・地域若者サポートステーションの一つで、無料で利用できます。全国にある地域若者サポートステーションのうち、東京都立川市に位置します。
利用の対象となるのは、次の3つに該当する方です。

・15歳~49歳の方
・就労、就学していない方
・上記の保護者の方

働くことへの一歩を踏み出したい若者と、その保護者の方の思いに寄り添います。働くことに対する力を引き出し、就職だけでなく「働き続ける」ためのサポートも行っています。

まず、対面かオンラインで説明会に参加します。納得いただけたら初回相談で現在の状況をヒアリング。自立に向けて徐々にステップアップできるように、一人ひとりに合ったサポステの活用方法を提案しています。
利用登録をしていただいたあと、次の予定を支援員と相談しながら、個別相談やセミナー、プチし
ごと体験など、個々のニーズに応じてサポートメニューを考えます。

プログラム紹介

プログラム紹介の画像

ここで紹介するのは、たちかわ若者サポートステーションで行っているプログラムの一部です。

自分でできる!居心地のよい環境をつくる講座

「周囲の人とうまく関わりたい、嫌な思いをしたくない」「自分の生き方は自分で選択して、自分の道を生きていきたい」そんな願いを持つ方におすすめの講座です。日常生活や仕事など、さまざまな場面で自分らしく振る舞える心地のよい空間の作り方を考えます。

コミュニケーション講座

ゲームをしながら自分自身と対話する『コミュニケーション入門~お絵描き伝言ゲーム』や、自宅からオンラインでつながり、気軽に話をする『オンラインテーマトーク』、グループワークを通していろいろな人と話をする『コミュニケーション講座』があります。

パソコン基礎講座

文章を書くWord、計算やデータ整理ができるExcel、プレゼンテーション資料を作成できるPowerPoint。ビジネスシーンで活用できる三大ソフトの基礎を学び、仕事ですぐに活かせるスキルを学ぶ講座です。
(4時間×6回連続コース)

社会人講座

働くために必要なビジネスマナーを身につける講座です。敬語の使い方、応募先への電話の掛け方、名刺の受け渡し方など、仕事をするうえで求められるさまざまなマナーが学べます。

プチ仕事体験シリーズ

チラシの封入作業をチームで行う『プチ仕事体験~サポステお手伝い 庶務編~』、アンケートをExcelに入力する『プチ仕事体験~データ入力~』などがあり、仕事を短時間で疑似体験できます。
ほかにもサポステ内のポスターやカレンダー作成、清掃もあります。

ほかにも、働くための自信をつける講座、働き方の違いを知る講座、サポステを利用して就労している方の体験談など、毎月さまざまな講座をご用意していますので、詳しくはホームページをご覧ください。

利用者の声

たちかわ若者サポートステーションに寄せられた、利用者の声を一部ご紹介します。

M・Hさん 男性 28歳

高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でたちかわ若者サポートステーションへ。8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。

K・Nさん 女性 24歳

短大卒業後、3年間ほど、家からほとんど出ない毎日を送る。「履歴書のブランク」が気がかりで、相談のためたちかわ若者サポートステーションへ来所。通所して半年が経ち、来月からはアルバイトする予定。

K・Aさん 女性 25歳

大学卒業後、建設会社の事務職として働くも1年で退社。職場での人間関係がうまくいかなかったこともあり、働くことに自信がなくなる。「自分に向いている仕事が知りたい」と来所。現在は、介護資格取得講座に通っている。

詳細情報

たちかわ若者サポートステーション