就活準備から実践、就職後の定着・ステップアップまでを一貫してサポート【神奈川県西部地域若者サポートステーション】

就活準備から実践、就職後の定着・ステップアップまでを一貫してサポートの画像

はじめに

神奈川県西部地域若者サポートステーションは、全国に177カ所設置されている地域若者サポートステーションの一つです。厚生労働省の委託を受けた支援機関であり、サポステという愛称で親しまれています。
同団体の所在地は、神奈川県小田原市。担当エリアは、小田原市や平塚市、秦野市、南足柄市など、神奈川県内の広範囲にわたります。
本記事では、働くことにさまざまな悩みを持つ若者を全力でサポートしている同団体の活動について、詳しくご紹介しています。

神奈川県西部地域若者サポートステーションについて

神奈川県西部地域若者サポートステーションは、15歳から49歳までの方を対象に職業的自立を支援している団体です。経験豊富なキャリアコンサルタントや心理士が在籍し、一人ひとりと真摯に向き合い支援を実施。就労に悩む若者本人はもちろん、その保護者の方に対しても支援を行っています。
サポートステーションの内装には木材をふんだんに使用し、ぬくもりのある空間を整備。些細な悩みでも打ち明けやすい空間づくりにも配慮しています。

講座/支援プログラム

神奈川県西部地域若者サポートステーションでは、以下のようにさまざまな講座/支援プログラムを用意しています。

就活準備プログラム

趣味検査から仕事をみつけよう

どのような仕事に関心があるのか、ワークシートを活用して分析。自分の価値観を知ることが、仕事選びのヒントになっています。

職業適性を知ろう

厚生労働省編一般職業適性検査(GATB)を用いて、どのような職業に適正があるのか分析。仕事をするうえで必要な7種の能力を測定します。

おはよう講座

家族以外ともコミュニケーションを図る場として開催。朝一の「おはよう」の挨拶から生活リズムを整えるとともに、オンライン講座に慣れるためのきっかけになることも講座の目的です。

働くとは?~未来のために今からできること〜

どのように働いていくかイメージが掴めない方が、働く未来を具体的に描けるように一緒に考える講座です。これからの時代の働き方や企業側の視点などさまざまなことを知り、未来のために今からできることを考えます。

仕事に役立つコミュニケーション講座

あいさつやビジネスの基本である報連相など、就職活動と就業時に必要となるスキルを学べます。聴くだけの講座ではなく、参加する講座です。

折れない心の作り方

誰でも心が折れそうになることはありますが、折れてしまう前に自分でできることについて考える講座です。しなやかに生きるための日常生活の考え方や物事の味方などを学べます。

「電話対応でテンパらない」マナー講座

ビジネスシーンで活かせる電話対応のマナーとポイントについて学べる講座です。求人に応募する際にも役立てることができます。

ワンデーアグリ

田畑での作業を通じて、生活をすることや働くことの基本を学ぶ講座です。

就活実践プログラム

同プログラムは、就職活動に活かせる実践的な支援内容を用意しています。そのなかの一部をご紹介します。

仕事選びのヒントを学ぶ職業選択講座

たくさん溢れている求人情報のなかから、どのように検索をしたら自分らしく働ける仕事を見つけられるのか、理想の仕事にたどり着く考え方や検索方法を学ぶ講座です。業界・企業・職種についての理解も深まります。

オンライン採用面接のコツ

近年増えているオンライン採用面接において、慣れていない・やったことがない方も安心できるようにZoomを利用して注意点やコツをレクチャーしています。

事務職はじめて講座

人気の高いオフィスワークのスキルを身につける講座です。在宅勤務に活用できるスキルも身につきます。

職場体験やってみよう

自分に合った職種を知りたい方が、職場体験に協力している企業の情報を得るための講座です。

パソコン講座

パソコン入門講座

「パソコンを使ったことがない」「しばらくの間操作していなくて忘れてしまった」という方が対象です。パソコンの仕組みやマウス操作など、パソコンの基礎から教えています。来所のみで行っている講座です。

Word

パソコンスキルだけでなく、文章作成上のルールやマナーも学べる講座です。初心者はもちろん、これまで自己流でWordを使っていた方にも適しています。

Excel

仕事で活用できる選りすぐりのExcelスキルを重点的に学ぶ講座です。事務職を希望している方やExcelを学び直したい方などに適しています。

PowerPoint

プレゼンテーションや企画書作成、資料作成、名刺作成など幅広いシーンで活かせるスキルを学ぶ講座です。

しごと体験

「しばらく働いた経験がなく、自信が持てない方」
「未経験の職種への適性があるのか体験してみたい」
「職場の人との関わり方が分からない」
上記のような悩みを抱える方を対象とした、自立サポート企業での職場体験です。
実際に働くようになってからのミスマッチ防止にも役立っています。

しごと体験の体験先の職場は、仕事内容や地域など一人ひとりの希望を聞いたうえでともに考えます。体験期間や体験内容などは、体験先職場の方と面談を行いながら決定しています。

定着支援

サポステを利用して就職が決まったらサポート終了ではなく、継続的な支援を行っていることも特徴です。
仕事を始めてから新たな悩みが出てきた方、このままでは離職してしまいそうな方など、同団体では仕事を始めたあとに生じるさまざまな悩みにも寄り添い、解決に向けて支援しています。

ステップアップ支援

非正規から正規社員へ、有期雇用から無期雇用へ、派遣社員から直接雇用へ、というようなステップアップをお望みのサポステ卒業生の方を支援しています。

利用者の声

神奈川県西部地域若者サポートステーションには、実際に支援を受けた方からさまざまな声が寄せられています。その中の一部を抜粋し下記でご紹介します。

『相談できる人に出会えた』
身近に相談できる人が居なく、独りで考えたり迷ったりして行き詰っていた。話を聴いてもらえただけでもスッキリして気持ちが切り替わった。
(Tさん 2017年)

『新しい気づきがあった』
客観的なアドバイスをもらえたので、気づいていなかった自分自身の考え方や行動パターンについて気づけた。
(複数の方より)

『スキルアップできた』
求人要件によくあるパソコン操作には不慣れだったが、パソコン講座を無料で受講できて、基礎的な操作を覚えることができた。職務経歴書にスキルとして記載できるようになった。
(複数の方より)

詳細情報

神奈川県西部地域若者サポートステーション