未経験でも大丈夫。就活アドバイザーの協力で、憧れのアパレル販売員に!将来のビジョンにギャップを感じ短大を中退、短いフリーター期間で内定を獲得!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 体験談TOP
  4. >
  5. 未経験でも大丈夫。就活アドバイザーの協力で、憧れのアパレル販売員に!

2019/05/16

氏名:Oさん 年齢:21歳 性別:女性
学歴:短大中退 職業:販売

就職前

職種
古着屋の買取スタッフ

元々短大で栄養士を目指していたが「もっと人と接する仕事がしたい」と中退。バイト先の古着屋で就職を考えるも、他部署に配属されたら服には関われないと知る。

就職後

職種
アパレル販売

「人と接する仕事」「アパレル系」という希望から大手アパレルメーカーに入社。販売から始め、いずれは店長や本社勤務にも挑戦したいと考えている。

人と接する仕事をするために短大を中退、アパレルの道へ

-就職活動を始める前はアルバイトをしていたと伺ったんですが、具体的にはどんな仕事をしていたんですか?

古着屋さんで働いていました。私は買取がメインで、お客さんに話しかけられたら対応するという感じです。

-販売員というよりも買取スタッフというイメージですね。その古着屋さんでは、どんなところに楽しみがありましたか?

いろんなブランドの服が入って来るので、流行や価格の相場を知ることができて楽しかったです。

 

-逆に大変だったことはありますか?

有名ブランドの商品は査定が難しくて大変でした。お客さんとの話し合いの中で値段を決めるんですが、相場より高すぎる金額で買い取ってもダメだし、反対に安すぎてもダメなのでその辺も苦労しました。

 

-そのアルバイトでアパレル業界に興味を持ったんですね。今回、アパレル企業に就職が決まりましたが、元々やりたい仕事はあったんですか?

短大で栄養士の勉強をしていたので、そのときは栄養士になりたかったです。

 

-目標が変わったんですね。それはなぜですか?

自分がなりたいと思っていた栄養士と、学校で習った栄養士の知識にギャップがあったのが理由です。

私としては、栄養指導をする相手や患者さんと話をしながら一緒に栄養について考えていくような、対話ができる栄養士になりたかったんです。

でも、大学の授業は、紙の上で献立を考えたり、栄養を計算したりということが多くて。

先生に紹介された仕事は幼稚園の給食室などでした。人と話して栄養について考えるのではなくて、情報だけもらって自分で考えて献立を作る、っていう仕事が多いと知って。「もっと人と接する仕事がしたい」と思ったので、短大はやめることにしました。


短大をやめた後に、古着屋さんに勤めました。そこでお客さんと話すようになって、アパレルに行きたいって思ったんです。


-なるほど。「人と接する仕事がしたい」という点では終始一貫しているんですね。アルバイトをしている中で、就職活動を始めるきっかけはありましたか?

本当は、古着屋さんで正社員になろうと思って働き始めたんです。でもちょっと違うなと思うようになって…。


私のいた会社は、古着以外にも家具やお酒、おもちゃも扱っていました。

だから社員になったら、古着だけじゃなくてほかの部署にも回される可能性があるんです。自分が働きたいのは古着の部署なので、それ以外の仕事では正社員になりたくないなと思って。あと、正社員は転勤が多いというのもありました。


でも、お店で働きながら、お客さんと話すのがすごく楽しいなと思っていました。私自身も服が好きなので、それならほかのアパレルに行こうと考えたんです。

 

-その頃ちょうどOさんの周りでも、就活ムードが盛り上がっていたそうですね。

そうなんですよ。バイトの1つ上の先輩に今年就活生の人が多くて、みんな「就活でバイトに来られない」という状況でした。それで私も正社員になりたいな、一緒に就活やろうかな、という感じでしたね。

 

私としてはフリーターの期間を長くしたくないという気持ちがあったので、それならすぐ就職先を探そうと決めました。

 

-「フリーターの時期を長くしたくない」というのはなぜですか?

私としては、若いうちに仕事の経験を積みたいという気持ちがあったんです。

私、物事を覚えるのが苦手で、時間かかるんですよ。短大に入る前にファストフード店でアルバイトしていたんですけど、周りの人が私よりも仕事を覚えるのが早くて。


でも若いうちに就職して追いかければ、みんなと同じくらいにはなれるかなと思ったんです。
それもあって、バイトを続けるよりも、早く正社員で働きたいと考えていました。

 

「未経験」がネックで就活に苦戦、ハタラクティブを利用することに

-就職活動を始めたのはいつ頃でしたか?

今年の3月です。「すぐに働きたい」と思って応募しました。

 

-就活は、具体的に何から始めましたか?

まずアパレルの募集にはどういう条件があるのか、どういう企業があるのかを軽くネットで見てみました。

給料が良いところや、近場の店舗で空いてるところを検索して見てましたね。

-マストな条件は何だったんですか?

自分の好きなブランドなのかどうかと、あとは待遇です。賞与や、福利厚生で利用できる宿泊施設などがあったらいいなと。そういうのがないと、正社員の意味があまりないなと思ってて。
正社員として働くなら待遇が良いところを、と思って福利厚生を一番重要視してました。

 

-自分で募集を探して、その後に就職エージェントのことを調べたんですね。

最初は自分で応募できるところを探していました。でも応募条件を見ると「販売経験がある人」が入っているんですよ。

古着屋さんでは自分から接客するわけじゃなかったから、「販売職だったか」と言われたら違うなと思うんです。
だから、販売は未経験だと思っています。

未経験なら、自分1人では就活が厳しいんじゃないかと感じました。それに他の人の力を借りれば、就職できる会社を自分で調べるよりもたくさん紹介してもらえるかもしれないというのもあって、フリーターの就職を支援してくれるエージェントを探し始めたというところですね。

 

-それでハタラクティブに予約を入れていただいたんですね。面談では、どんなことを話しましたか?

 「すぐ就職したい」というのが希望だったんですが、4月は新卒の人が働き始める時期ですよね。
それで就活アドバイザーの方が「3月中には決めたい」って言ってくださって。

 

そこから、希望の業界や給料、職場との距離など、基本的な情報をいろいろ聞いてくれました。アドバイザーの方のおすすめ企業や、今まで就職した人たちの具体的な例も教えてくれましたね。

-実際にお越しいただいて、ハタラクティブはどんな印象でしたか?

結構きっちりしてるのかなと思っていたんですけど、フランクだったので心を開いて喋れました。何でも言いやすいなと感じましたね。

 

-第一印象はフランクだな、ということですね。ほかに感じたことはありますか?

私の要望に細かく対応してくれたな、という印象です。

最初に紹介してくれたのはエステ系の求人でした。「アパレルはないですか?」と言ったら、アパレルの求人を紹介してくれて。「ほかにもありますか」と聞いたら、もう少し出してくれました。

結構わがままを聞いてくれたところが、私としてはやりやすかったです。

 

初めての就活、不安だった面接を乗り越えて内定を獲得

-ハタラクティブの紹介で、何社受けられたんですか?

受けたのは入社が決まったところだけです。候補としてはアパレル系2つとエステ系1つを見せてもらったんですが。

-面接の選考内容はどんな感じでしたか?

面接は、一次と二次の2回あったのですが、一次面接のときは典型的なことを聞かれました。志望動機、職歴、この会社を選んだ理由、このブランドが良い理由、自分の人柄、とか。


二次面接ではブランドに対する個人的な考え方や、自分はブランドに相応しいかどうか、などを聞かれました。「インスタ、ツイッターはやっていますか、どういった方をフォローしていますか」「ブランドをフォローしていますか、どのブランドをフォローしていますか」などの質問がありましたね。自分が日頃ブランドをどのくらい意識しているかを聞いてきたんだと思います。
あと店舗見学に行った際にお店の雰囲気がどうだったか、自分がどうしてここで働きたいと思ったか、なども詳しく聞かれました。

 

-なるほど。では今回就活で苦労したことは何ですか?

就職の面接がどんなものかイメージがつかなくて、それがプレッシャーでした。

高校と短大は推薦だったので面接を受けたことはあるんですけど、学校と仕事の面接は違いますよね。想像したこともなかったから「これで合ってるのかな?」と不安でした。

 

-内定をもらったときはどんな気持ちでしたか?

バイトが終わった時間とほとんど同時に、アドバイザーの方が電話してきてくれました。

アドバイザーさんが一緒に喜んでくれたので、私も嬉しかったです。

 

あらためて「就職できて良かった」って思いました。

 

憧れの仕事に高まる期待、ゆくゆくは本社の業務にも携わりたい

-入社後にやってみたいことはありますか?

アパレル販売員の仕事をしたことがないので、お客さんとどういう感じで話すのかな、どういうことを学べるのかな、と期待しています。

 

-将来についてはどうですか?

そうですね…「せっかくやるなら店長やその上の役職になりたいな」って思っています。

それなら服の知識ももっと身につけたいし、店長としての仕事をどんどん増やしたいですね。いずれは本社でのお仕事にも携わりたいです。

-Oさんには「人と接したい」という気持ちがあったと思いますが、本社に行くとお客さんとはあまり接しなくなりますよね。そこはどう考えていますか?

今はもちろん、お客さんと接したいというのが一番です。もし本社勤務になるなら何年も働いた後ですよね。
だからその頃には本社の仕事をしていたいな、という気持ちがあるんです。人と接するのも本社の仕事も、どちらもできたら理想ですね。

 

-最後に、これから就職活動をしようとしている後輩に対して一言、アドバイスやエールをいただけませんか?

しっかり就活していれば結果的にどこかしらには決まるはずなので、「早く就職したい」という気持ちがあっても焦らずに長い目で見てみてください。焦って就職しても、長く働けなかったら意味がないので、考える時間はいくらでも取っていいと思います。
心にゆとりを持って、自分が一番入りたいと思える企業を見つけて欲しいですね。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ