新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 職種図鑑TOP
  4. >
  5. インテリアコーディネーターの仕事
  6. >
  7. インテリアコーディネーターとして就職するためには

インテリアコーディネーターとして就職するためには

インテリアコーディネーターの仕事に興味があっても、就職先の選択肢までは知らない…という人もいるでしょう。
インテリアコーディネーターは、住宅関連企業やデザイン事務所など、さまざまな就職先が存在します。未経験から目指せるため、高卒・大卒といった学歴問わず挑戦できる仕事といえるでしょう。
このコラムでは、インテリアコーディネーターについて、仕事内容や目指し方などをご紹介。興味のある方はぜひご覧ください。

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターとは、家具や照明、壁紙、小物類といったインテリア(内装)を、依頼内容に応じて適切にアドバイスする人や仕事そのものを指します。活動場所は、住宅やショップ、公共施設、オフィスなどさまざま。住宅業界や建築業界、家具業界など、幅広いフィールドで活躍しています。

仕事内容

空間づくりのプロとしてクライアントのニーズに沿った快適な内装を提案するのがインテリアコーディネーターの主な仕事です。インテリアと一口に言っても、大型家具や小物類、照明器具、カーテン、床材などの多彩な要素がありますが、これらをトータルコーディネートして空間を演出していきます。

求められる能力・適性

インテリアは組み合わせ次第で印象がガラッと変わるものなので、コーディネーターとしての知識やセンスが求められます。時代の流行は変化するうえ、依頼主によって要望は異なるため、つねに自身のセンスを磨き続ける必要があるでしょう。
また、クライアントのニーズに沿った空間を演出するためには、「聞く力」も必要。クライアントが求めるのはどんな空間なのかを聞き出したり、提案したりできるコミュニケーション能力は、インテリアコーディネーターに欠かせない能力の一つといえるでしょう。

やりがい・きびしさ

インテリアコーディネーターのやりがいは、自分の提案したインテリアコーディネートをクライアントに喜んでもらえたときに、達成感を味わえることでしょう。
より快適な空間づくりのためには、住む人のライフスタイルや使う人の利便性を考慮する必要があります。クライアントのイメージを具現化するには一定の難しさがある反面、満足のいく結果になったときは大きな喜びを得られるでしょう。
また、インテリアコーディネーターのきびしさは、生活リズムが不規則になりやすい点。お客さまの都合に合わせるのが基本のため、土日祝日や平日の遅い時間に打ち合わせをすることもあるようです。

ニーズ

少子高齢化にともないバリアフリーに対する意識が高まり、改築・リフォームに伴うインテリアコーディネートの依頼が増加傾向にあります。さらに、高齢者介護施設の増加により、介護事業所からの依頼も増えてきているようです。
また、古民家の改装や、過疎化が進んだ地域の再生にも注目が集まっているため、インテリアコーディネーターの需要は、今後とも高まっていくことが予想されます。

▼関連記事
インテリアコーディネーターの仕事
インテリア業界の仕事

インテリアコーディネーターは未経験でも目指せる?

インテリアコーディネーターは、未経験でも目指せる仕事です。学歴を問わない場合も多いため、高卒や大学中退の方でも挑戦しやすい仕事といえるでしょう。
ただし、インテリアコーディネーターとして仕事をするためには、専門知識やセンスが必要です。土台となる知識や経験がない状態からいきなり仕事をするのは難しいため、まずはアルバイトや就職を通して知識や経験を積むことが大切です。

▼関連記事
インテリアコーディネーターの仕事内容とは

インテリアコーディネーターの就職先

インテリアコーディネーターの就職先には、以下のようなものがあります。
これから求人を探そうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

住宅関連企業

インテリアコーディネーターの就職先として多いのは、住宅メーカーや工務店、内装施工会社、建築会社などの住宅関連企業です。戸建てやマンションを手掛ける住宅関連企業では、販売にあたって展示場やショールームを開設するのが一般的。インテリアコーディネーターは、展示場やショールームにおいて空間づくりを担当し、お客さまへ快適な居住空間を提案します。

設計・デザイン事務所

インテリアコーディネーターは、ショップやホテル、カフェ、レストランなどの設計やデザインを手掛ける事務所でも活躍しています。クライアントの要望を具現化するのはもちろん、コストや利便性などの観点からインテリアを提案することが求められる場合もあるようです。

インテリアショップ

インテリアショップや商業施設の家具売り場なども、インテリアコーディネーターによくある就職先です。住居やショップのすべてをコーディネートするのとは違い、販売する商品に合った展示を行い、空間をプロデュースします。インテリアの見せ方を工夫して、売上に貢献するのがインテリアコーディネーターの役割です。

不動産会社

不動産会社に就職する場合もあります。インテリアコーディネーターは、マンションや分譲住宅などのモデルルームのインテリアコーディネートを担当します。要望に応じてお客さまのインテリア相談に対応することもあるようです。

▼関連記事
「インテリアコーディネーター」になる夢を叶えた、24歳呉服店アルバイトの覚悟

インテリアコーディネーターに有利な資格は?

インテリアコーディネーターになるのに必須となる資格はありませんが、以下の資格を持っていると就職・転職に役立つ場合もあるでしょう。

インテリアコーディネーター資格試験

インテリアコーディネーター資格試験は、公益社団法人インテリア産業協会が主催する認定試験。受験資格に年齢制限はありません。
試験は1次・2次に分かれており、1次試験ではインテリアの歴史や仕事に関する内容など、2次試験ではプレゼンテーションや論文などが出題されます。

インテリアコーディネーターの中には資格を持たずに活躍する人も多く、必ずしも資格が就職や転職に有利になるわけではありません。
とはいえ、資格を取得しておけば、インテリアコーディネーターとしての基本的な知識が身についていることを証明できます。就職・転職活動の場では、インテリアコーディネーターに必要な能力や意欲をアピールできるため、持っておいたほうが有利になる可能性は十分あるといえるでしょう。

▼関連記事
インテリアコーディネーターの仕事に役立つ資格とは

インテリアコーディネーターを目指す3つの方法

最後に、インテリアコーディネーターを目指す方法を3つご紹介します。
自分の状況に合った方法を選択することが、成功への近道になるでしょう。

大学や専門学校でインテリアの専門知識を学ぶ

大学のデザイン学科や建築学科、インテリアの専門知識を学べる専門学校へ通う方法です。
インテリアコーディネーターには、商品知識はもちろん、色彩や建築といった専門知識が求められますが、建築・インテリア系の学校へ進学すれば、基礎から学べます。
特に、インテリアデザインに特化したコースでは、授業の中で専門知識やインテリアコーディネーターの資格取得に向けたカリキュラムを実施しているところも。在学中にインテリアコーディネーターの資格を習得することが就職の近道と考える学生も多いでしょう。

インテリア関係の企業へ就職してジョブチェンジする

卒業後、住宅メーカーやインテリア関係の企業へ就職して力をつけてから、ジョブチェンジする方法です。新卒採用などで専門知識や経験がない場合は、インテリアショップのスタッフや、住宅メーカーの営業職として採用されるのが一般的なパターン。経験を積みながら専門知識を身につければ、希望の職種へ移動でき、インテリアコーディネーターへの道が開ける場合もあります。

アルバイトから徐々にステップアップする

インテリアショップの店員や、設計・デザイン事務所のアシスタントのアルバイトからステップアップしていく方法です。
希望する住宅メーカーや設計・デザイン事務所の正社員募集がなかったり、就活がうまくいかなかったりした場合、アルバイトとして応募するのも一つの手。アルバイトとして学びながらインテリアに関する知識やセンスを磨き、正社員登用の機会をうかがっても良いでしょう。

「インテリアコーディネーターになりたい」「インテリアコーディネーターを目指せる就職先が知りたい」という人は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代を中心に求人紹介や就職相談を実施しています。専任のアドバイザーが、希望を丁寧にカウンセリングし、条件に合った就職・転職先をご提案。さらに、応募先書類の添削や面接対策のアドバイスなども行うため、1人での求職活動に不安を感じている方も安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ