生活習慣の改善から働く土台作りをスタート【一般社団法人セレンディップ】

生活習慣の改善から働く土台作りをスタート【一般社団法人セレンディップ】の画像

はじめに

一般社団法人セレンディップは、滋賀県大津市に拠点を置き、就労支援事業を運営している団体です。人とのコミュニケーションが苦手、仕事が長く続かない、働きたいけど何から手を付けたらいいのか分からない…など、一人ひとりの思いに寄り添い、就労支援を行っています。

団体名のセレンディップは、スリランカの古い名前に由来しています。18世紀の英作家ウォルポールのおとぎ話に出てくる「セレンディピティ」という言葉をもとに、団体名がつけられました。「セレンディピティ」の意味は、「偶然と才気によって、さがしてもいなかったものを発見する」こと。素敵な寄り道ができる場所・予想外のものが見つかる場所でありたいという願いを込めて団体名をつけ、活動を行っています。本記事では、同団体の詳しい就労支援活動についてご紹介します。

セレンディップの就労支援事業

セレンディップが運営している就労支援事業は、働き始めたいと思っていても自信がなくて踏み出せない人のために、生活習慣の改善を通じて働く土台作りを行っています。
障害者総合支援法における自立訓練(生活訓練)を活用することにより就労支援事業を行っており、コミュニケーションが苦手、一人で就職活動が困難、仕事が長続きしない、不登校・ニート・ひきこもり経験者など様々な方が利用されています。

 

セレンディップの就労支援

3つの働くための土台

「生活習慣」「働き続ける力」「働く自信」の3つは、働くために必要な土台としてセレンディップが掲げているものです。ただ単に就職支援を行うだけでなく、「土台の上になりたつ就労」の実現を目指しています。

なかでも生活習慣は、働く土台のなかでも基礎といえる重要な部分だと考えられています。その生活習慣が整っていない日常的に毎日の外出習慣がない方が急に就職活動をしても、スムーズにいかなくなります。そのため、同団体ではまず生活習慣を整えることに重きを置いています。

働き続ける力と働く自信を身につけるためには、「問題と折り合いをつける」スキルの習得をサポートしています。就職したあとにも、新たな職場環境に慣れることや、職場内でのコミュニケーション、職場でのミスなど、働き続けることが難しく思えるようなさまざまな問題が起こります。このような問題に折り合いをつけていくスキルが、働き続けるためには必要です。同団体が特に重視しているスキルは、自己管理スキルと対人関係スキルの2つ。この2つのスキルを、日々の関わりや同団体のプログラムなどを通じて身につけられるようにしています。

はじめは就職活動に消極的でも、「やっとできた」と思える体験が増えるほど働く自信がついていきます。同団体では就労体験を重ねながら成功体験を積むことで、「やればできる」へのステップアップをサポート。一人ひとりに合わせた就労体験を重ねていくことで働く時間を少しずつ増やしていき、最終的には職場体験などをとおして希望する職種を見つけることを目標としています。また、安心して活動に取り組んでもらえるように、同団体のスタッフが一人ひとりに合わせたサポートを行っています。

就労支援プログラム紹介

セレンディップでは、働くうえで必要なスキルを身につけるだけでなく、習慣化するためのプログラムを用意しています。そのプログラムのポイントは、「働ける生活習慣」「働き続ける力」「想像できないことは体験してみよう」。以下では、具体的なプログラムの一部を抜粋してご紹介します。

調理

ここでいう調理とは、調理スキルだけではありません。PDCAサイクルや報連相など、仕事にも活かせるスキルの習得も目的としています。

調理準備

どのメニューにするか、どの材料が必要なのかなど、話し合う機会が多いことも調理準備の特徴です。下調べをしながら互いに意見を出し合うことで、対人関係づくりのノウハウも身につくように考えられたプログラムです。

コグトレ(Cognitive Training)

認知機能強化トレーニングであり、基礎学力や対人スキルなどをゲーム感覚で楽しく身につけられるのが特徴です。

イベント出店など

イベント出店や短期間のアルバイトなど、一人ひとりに合わせた就労体験を重ねていくことで働くことへの意欲や自信が身につきます。

雑誌制作

雑誌の簡易版を制作し、メンバーが自分の好きなことなどをまとめています。調理のプログラムで作ったレシピを「セレシピ」としてレシピ集に編集し出版しています。
「セレシピ」は公式ストアで販売中です。料理の初心者でも気軽に料理を始められるように、メンバーみんなで話し合い、レシピの分かりやすさや使いやすさを考慮した内容になっています。

プログラムスケジュールについて

同団体では2週間ごとにカフェミーティングを行い、プログラムスケジュールを決定しています。これまで、前述した就労支援プログラムのほかにも、ストレッチ・ヨガ・筋力トレーニングや農作業、写真散歩などさまざまな活動を実施。月曜日から金曜日まで、多彩なプログラムスケジュールが組まれています。

詳細情報

一般社団法人セレンディップ

関連タグ

  • arrow