中卒から目指す介護職員

少子高齢社会の現代で、介護職は要介護者が増える一方で若い社員の人手が不足しています。
そのため介護業界は中卒から大卒まで、高卒認定資格がなくても幅広い学歴の方に正社員のチャンスがあります。

就職できる職場の選択肢はどのくらいあるのか、介護の仕事ならではの特徴は何か、どのようなタイプの方に向いている仕事なのかなど就職活動前に知っておきたい介護職の情報をチェックしましょう。

介護の現状

現代日本は少子高齢社会で介護される側の高齢者に比べて働き盛りの若者の割合が少ない状態です。

家庭では『老老介護』と呼ばれるように介護をしている要介護者の子どもの世代が既に高齢者であったり、両親が仕事を持つ家庭では祖父母の介護をまだ学生の孫がしていたりなど様々な問題が生じています。

また身寄りがなく孤独死してしまったり、介護施設に入所できても社員から虐待されたりなど悲しい出来事も多々あります。

介護業界は人材募集の対象が幅広く、学歴不問の求人が多数あるので、中卒で高卒認定資格がなくても就職が望めますが、
正社員として仕事をすることを考えるならば利用者やその家族がどのようなサービスを必要としているか、社会でどのような問題が起こっているかなど情報に敏感になることが重要なのではないでしょうか。

介護の職場

正社員求人を出している職場は介護施設が多いですが、施設にも色々な種類があります。

医療措置を重視している介護老人保健施設、在宅介護が困難な方が入居している介護老人保健施設、平日にご家族が仕事や学校に通っている間お預かりしている日帰りのデイサービスなどがあります。

またご自宅を訪問する訪問介護というサービスもあり、これらはNPOや医療法人などによって運営されています。
いずれも募集要項には学歴不問と記されていることが多いため、高卒認定資格がない中卒の方でも社員になれるチャンスがあります。

特別な資格が必要ないという職場は多くありますが、訪問介護員1〜2級や社会福祉士、ケアマネージャーなど資格を取得すれば就職先の選択肢を広げられます。

介護職の特徴

介護は学歴も特別な資格も不問の求人が多くあります。
就職先にもよりますが、仕事を始めたばかりの頃は力仕事が多いでしょう。

社会福祉士やケアマネージャーなどにキャリアアップすればデスクワークの割合が増えますが、デリケートな利用者の体を運ぶことが多いので慎重になる必要があるため、体力だけでなく神経をすり減らす仕事でもあります。

またシフト制の施設であれば夜勤もあるでしょう。
正社員の募集は多めですが、契約社員やアルバイトなど募集している雇用形態は幅広くあります。
インターンの募集も多くあり、正社員登用も目指せるので中卒や高卒、フリーターの方でも就職しやすい業種と言えます。

なお介護の対象となるのは高齢者だけでなく、身体や知的などの面で障害がある方も含まれています。
職場だけでなく介護対象者も幅広いので自分に向いている職場や職種をよく考えて求人を探すと良いでしょう。

介護に向いているタイプ

介護業界は中卒で高卒認定資格がない方やフリーターの方でも就職しやすい業種ですが、正社員に向いているのはどのような方でしょうか。

最も向いているタイプの方は、職場や求人内容を問わず、常に周囲を気遣える方でしょう。
どのような職種でも利用者だけでなくそのご家族ともコミュニケーションが欠かせないので、介護業界には他人をお世話するのが好きな方、気配り上手な方が多くいます。

またキャリアを積んだ方でない限り、多くの社員の仕事はデスクワークではなく利用者の体を支えたり食事や入浴を手伝ったりするものなので体力が求められます。
利用者は皆さん優しい方ばかりではなく、中にはプライドが高い方もいるので、厳しいことを言われてもへこまない精神力も必要です。

また経験に応じて資格を取ってキャリアアップできるので、向上心を持ち続けられる方にもオススメの業界です。

介護の仕事の募集対象は幅広いので、中卒の方が就職しやすい仕事と言えるでしょう。

しかし職場や職種だけでなく利用者のタイプも数多くあるため、まずは自分がどのような環境で働きたいか、どのような人の力になりたいかなどを分析する必要があります。

悩んだときはハタラクティブのコンサルタントがご相談に応じます。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ