面接中にメモをとるのはNG?気を付けたいポイント

面接中にメモをとるのはNG?気を付けたいポイントの画像

この記事のまとめ

  • 基本的に面接中のメモは避けた方が良い
  • 勤務条件や入社までの準備などメモをとる必要のある内容は、許可を得てから書き留める
  • 面接官がメモをとったとしても、平常心を保って回答を続けることが大切
  • メモを見ながらの回答を避けるには、何度も面接の練習をすることが必要
  • 「面接対策に不安がある」という方は、エージェントの活用がおすすめ

「面接中にメモをとって良いか知りたい…」という人はいませんか?
このコラムでは、面接中のメモに関するマナーや、面接官がメモをとる意味などをご紹介します。就職・転職活動中の方は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

面接中にメモをとるのはアリ?ナシ? 

就職・転職活動時の面接は、企業から内定を得るための大切な試験。
「メモをとりたい…」と思う場面はあるかもしれませんが、基本的に面接中のメモは避けた方が良いといわれています。

面接では、採用担当者との円滑なコミュニケーションが大切。面接中にメモをとった場合、書き留めた内容を何度も見てしまったり、適度なアイコンタクトがとれずコミュニケーションに支障が出たりするかもしれません。

また、書いている時間は面接官を待たせることに。 
メモをとることで「採用担当者に熱意をアピールできる」と考える人もいるかもしれませんが、その企業で働く意欲は、ハキハキと話す姿勢や質問への回答で表現することが大切です。

どうしてもメモとりたいときは

面接の際、勤務条件や入社日までに用意するべき物など、書き留める必要のある話が出たときはメモをとっても良いでしょう。

ただし、メモをとるときは面接官に「メモをとらせて頂いても良いでしょうか?」と尋ねることが大切です。 
また、書き留めている間に悪い印象を与えることのないよう、短時間で要点のみを書くようにしましょう。

面接官側のメモにはどのような意味がある? 

面接の際、応募者に限らず採用担当者がメモをとることもあるでしょう。 

面接官が頻繁にメモをとるのは、「応募者への関心の高さの現れ」「採用のサイン」という説があるようです。
ただし、採用担当者は必ずしも応募者の良い点を書いているとは限りません。また、こまめにメモをとらないタイプの面接官もいるため、メモの量・有無が採用に関係しているとは一概には言えないでしょう。

面接官がメモをとったとしても一喜一憂せず、平常心を保って回答を続けることが大切です。

メモを見ながら回答しても良いの? 

面接に緊張はつきもの。緊張によって伝える内容を忘れてしまう場合もあるため、「あらかじめ用意したメモを見ながら話したい…」と思う人は多いかもしれません。 

しかし、面接中にメモを見ながら話すことは避けた方が良いでしょう。
職務経歴の質問にメモを見て答えるのは、事実確認として容認する企業があるかもしれません。しかし、メモを見ながらの自己紹介や自己PRは熱意が伝わりづらく、応募者のコミュニケーション能力を疑われてしまう可能性も。
「面接中は緊張して話す内容がわからなくなる」という人は、自信を持ってハキハキと話せるよう、練習を何度も行って十分に対策しましょう。

「面接についてアドバイスをもらいたい」「面接対策に不安がある」という方は、エージェントの活用がおすすめです。

ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。2013年より厚生労働省の優良職業紹介事業者として認定されています。

当サービスは、経験豊富なアドバイザーが応募書類の添削や面接対策をマンツーマン体制で行うのが特徴。 

ご利用は無料のため、「正社員未経験」「転職活動は初めて」という方も気軽にご相談ください!

関連タグ

  • arrow