明日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒から契約社員やフリーターになる場合の注意点

第二新卒から契約社員やフリーターになる場合の注意点

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

第二新卒から契約社員やフリーターになる場合の注意点の画像


第二新卒として、一旦、契約社員やフリーターになってから正社員への転職を目指す場合は、注意すべきポイントが3つあります。

キャリアプランにあった仕事を選ぶこと、正社員への転職決定時に契約先やアルバイト先を辞めるタイミング、そして正社員になる思いを持ち続けることです。
この3点についてご説明します。

 

第二新卒からキャリアプランにあった仕事を選ぶこと

第二新卒として転職活動している間は正社員になるつもりだったとしても、なかなか転職が決まらなければ、まずは契約社員やフリーターになるという選択肢もあります。
しかし契約社員やフリーターになる場合でも、自分のキャリアプランをしっかり描き、将来正社員としてどんな仕事がしたいのかを想像した上で、そのキャリアプランに役立つ仕事を選ぶ必要があるでしょう。
将来やりたい仕事の目標がないと、正社員になるための転職活動に身が入らず、予定外に契約社員やフリーターの期間が長期化する可能性がありますので注意しましょう。
 

フリーターから正社員を目指す場合はアルバイトを辞めるタイミングに注意

第二新卒から契約社員やフリーターとして働き、その後、正社員としての転職を目指す場合は、契約社員やフリーターの仕事を辞めるタイミングに注意する必要があります。
契約社員やフリーターであっても、与えられている仕事は責任を持って対応することが求められます。当然、転職が決まったからといって、契約社員やフリーターの仕事を投げ出して転職するのは社会人として許されることではないでしょう。
正社員の転職が決まりそうであれば、契約先やアルバイト先に辞める時期などについて早めに相談をしておく配慮が必要です。
どのような雇用形態であっても、やるべきことをきっちりやって、退職する会社にも理解してもらった上で転職することが重要です。
 

フリーター、契約社員を経て正社員になる思いを持ち続けること

契約社員やフリーターとして収入を得るようになると、その仕事を中心とした生活のリズムになっていきますので、転職活動のための時間を確保することがだんだんと難しくなってくる場合があります。仕事を覚えてくると、職場で頼られるようにもなっていきます。
そのうち、契約社員やフリーターで生活できるのであれば、今の生活を続けるのも悪くないと思い始めることも、正社員への転職活動に身が入らなくなる原因となります。
そのため、正社員への転職を望むのであれば、常に正社員になるという目標を強く思い続けることが大切です。

新卒の就活は同じタイミングで多くの学生が動くため心強さもありますが、第二新卒の転職活動は自分との戦いでもあります。そんな時目標を一緒に追ってくれる就活アドバイザーがいればより心強いのではないでしょうか。
ハタラクティブでは第二新卒で契約社員やフリーターから正社員になるための転職活動をサポートしています。ぜひお気軽にご相談ください!
 

こんなときどうする?第二新卒が抱えるお悩みQ&A

ここでは、第二新卒で契約社員やフリーターへの転職を検討されている方のお悩みにお答えします。Q&A方式で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
 

契約社員と正社員はどう違いますか?

 

契約社員と正社員の違いとは!」にもあるとおり、契約社員と正社員の大きな違いは、「雇用期間」「給料」「福利厚生」です。正社員は契約社員と比べて金銭面での条件が良く、雇用期間の定めがないことが特徴。一方、契約社員は正規雇用の方と比較して残業や休日出勤が少ないのがメリットといえるでしょう。

 

正社員登用制度について教えてください

 

正社員登用制度とは、契約社員やパート、アルバイトなどの雇用形態で働く方が、正社員へ転換する制度です。登用できる条件は、面接や筆記試験、勤続年数など、会社によってさまざま。正社員登用制度を用意している会社でも、それらがクリアできないと正社員になれない場合もあるので注意しましょう。この制度を設けている会社を受ける際は、登用実績や登用の条件について聞いておくことをおすすめします。詳しくは「正社員登用制度とは?特徴や注意点」もご覧ください。

 

契約社員でも5年経ったら正社員になれる?

 

契約期限のある労働者は、正社員ではなく、勤続5年が経過したら希望に応じて「無期転換雇用」に転換できます。「契約社員は知るべき!5年ルールとは」にもあるとおり、無期転換雇用と正社員は、雇用条件が同じというわけではありません。雇用期間のみの変更なので、給料や福利厚生など、そのほかの条件は変わらないこともあります。雇用条件を変えたいとお考えの方は、正社員への転職を目指すのがおすすめです。

 

就活のモチベーションを保つ自信がありません

 

「正社員を目指したいけれど、挫折しそう…」と感じている方は、ハタラクティブのご利用をご検討ください。就活アドバイザーが、あなたの適性に合った仕事を紹介します。もちろん、書類や面接対策もサポート。1人での就活に不安がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?