印刷業界の今後

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 業界図鑑TOP
  4. >
  5. 印刷業界TOP
  6. >
  7. 印刷業界の今後

「印刷業界に就職するのは辞めたほうが良いのかも…」と悩んでいる人もいるでしょう。IT化により経営不振が懸念される印刷業界ですが、解決策を見出すことで危機的状況を乗り越えようとしている企業も多数あります。課題との向き合い方によっては、印刷業界に一石を投じられる可能性も。印刷業界の現状や課題を把握し、志望企業について論理的に考えられるようにしましょう。

印刷業界とは

印刷業界とは、パンフレットやポスター、漫画などさまざまな媒体の印刷を行っている業界のこと。印刷業界では紙への印刷だけでなく、レトルト食品のパウチやお菓子の袋など袋状のものを加工する「製袋(せいたい)」も担っています。
普段手に取るものや目にするものの多くに印刷製法が取り入れられており、印刷物は常に私達の周囲にあふれています。日常生活上においても身近な存在である印刷物。それを生み出す印刷業界は、需要が高い業界だといえるでしょう。

印刷業界の主要事業

印刷業界の事業は大きく分けて、2種類あります。「出版印刷」と「商業印刷」に分かれており、企業はどちらかに注力しているのが一般的です。

出版印刷

出版印刷とは、出版社が発行する雑誌や漫画、文庫本の印刷を手掛けている事業のこと。私達が普段書店で手にする商品の印刷を担っている会社は「出版印刷会社」と呼ばれます。
出版社から依頼を受けた出版印刷会社は、印刷だけでなく製本まで行うのが特徴です。製本された印刷物は流通業者を介して書店へ届き、読者の手に渡ります。

商業印刷

商業印刷は、パンフレットや社内広報など企業向けの印刷物を手掛けている事業を指します。商業印刷はさらに「宣伝印刷」と「業務用印刷」に分けられるのが特徴。
チラシやポスターなど販売促進のための印刷物は宣伝印刷と呼ばれます。一方、カタログや名簿など社内で用いるための製品は業務用印刷と呼ばれ、印刷会社はマーケティングや発送のサポートを行う場合も。製品の在庫管理まで担っている会社もあり、同じ商業印刷でも宣伝印刷と業務用印刷では業務内容に大きな違いがあります。

▼関連記事
印刷業界の仕事

印刷業界の動向と課題

昨今ではインターネットが普及したことで、印刷業界は打撃を受けているといわれています。一般的に紙媒体の印刷物が完全に消失することはないといわれていますが、売上高自体は減少傾向にあるのが現実。これは、通販カタログは通販Webサイト、漫画や小説などの冊子は電子書籍というように消費者のニーズがデジタル媒体へと移っていることが原因です。
印刷業界の具体的な動向については、以下で紹介します。

出荷額

経済産業省が公表している工業統計によると、2017年の製品出荷額は5兆2,378億円。これは前年度の出荷額と比べると0.7%も低い値です。近年は減少幅がさほど大きくないといわれていますが、10年ほど前の出荷額が約7兆円であったことを考えると、IT化が印刷業界に与えた影響の大きさが分かるでしょう。

事業所数

出荷額だけでなく、事業所数も減少傾向にあります。工業統計のデータでは、2017年の事業所数は22,210ヶ所。前年度の事業所数と比べると4.3%も減少しており、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれていることが分かります。
印刷物の需要が低くなっていることで、事業所の存続にも大きな影響が出ています。

従業員数

2017年の従業員数は282,395人で、こちらも10年前と比べると10万人近く減少しています。事業所の倒産や廃業だけでなく、経営不振によって従業員をリストラせざるを得ない会社もあるようです。

中堅以下の会社は厳しい状況

印刷業界には2トップと呼ばれる大手企業があり、近年はこの2つの会社が販売市場の大半を占めているといわれています。印刷業界全体のニーズが落ちている中、中堅以下の事業所はさらに厳しい状況に置かれていると言えるでしょう。小規模な事業所では、印刷機の導入費や維持費がかさんでいることも多く、売上減少の打撃も受けやすくなります。

課題との向き合い方

時代の流れとともに変化していく消費者のニーズに対し、業界の経営戦略や商品展開もそれに沿った形に変える必要があります。電子書籍分野への参入や、他業界へのシフトチェンジなどの柔軟な対応は今後の印刷業界での勝ち残りにつながるでしょう。すでに電子書籍分野へ参入した企業や化粧品業界へシフトした会社も出てきています。

参照元
日本印刷産業連合会
「印刷市場の動向」

印刷業界の今後の予想

今後の印刷業界はどのように変化をしていくことが予想されるのでしょうか?印刷業界の今後の展望について、以下で詳しく解説します。

企画力と低コストに二極化

今後の印刷業界は、印刷する前段階のデザインに力を入れる会社とコスト削減に注力する会社に分かれるといわれています。印刷するだけでなく、斬新なデザインを提案するサービスを展開することで、対応できるニーズの幅を広げることが可能です。また、低コストで技術を提供できれば、消費者の需要も高まることが考えられるでしょう。

設備の老朽化が顕著に

経営を存続できたとしても、設備は年々老朽化していきます。印刷機が老朽化すると、スムーズに印刷物を生産できなくなり、納期までのスケジュールにズレが生じることも。
しかし、機械の修理や買い替えをする余裕がない会社は、そのままの状態で運用せざるを得ない場合もあります。

現状のまま変化しない

特に事業展開などを行わず、現状どおりの経営スタイルを続ける会社もあるでしょう。印刷会社の中には、自社商品の開発は行わず、依頼を受ける印刷事業のみで成り立っている事業所もあります。今まで開発を行ってこなかった会社では創造力が不足していることも多く、新たなアイデアも生まれにくい状態に。今までと同じやり方でも受注競争に勝てれば、存続は可能です。

デジタル化でサービス拡大

紙への印刷だけでは売上が伸びないと判断した会社が、デジタル分野に参入していくことが考えられます。勢いのある分野に参入することで受注範囲も拡大し、売上アップが図れるでしょう。また、印刷技術だけでなく、日常業務もデジタル化していくことで、より効率的に業務を進められます。

業種転換を図る

印刷業ではなく、別の業界へシフトチェンジする方法もあります。業種転換は成功すれば経営の安定が見込めますが、失敗のリスクも大きいもの。いきなり業種転換をする方法は、できるだけ避けたほうが良いといえるでしょう。

印刷業界で生き残るためには

印刷業界が存続するための方法について詳しく解説します。なくなる可能性はないといわれているものの、年々印刷業界の需要が落ちてきているのも事実。厳しい状況のなかで取るべき手段を考えましょう。

専門性を武器にする

生き残るためには他社より優れた製品の開発が必要です。「コスパを重視する」「特殊印刷に特化したサービスを提供する」など、専門性を武器にできれば、受注も安定するでしょう。
特に、今までコストがネックで印刷を外注できていなかった企業をターゲットにするのがおすすめです。

独自のスキルや知識を身につける

先述のとおり、技術的に専門性を高めるのも1つの手ですが、専門知識を身につけるのも良いでしょう。美容サロンや病院など特殊な物品への印刷に特化した業者を目指すなど、専門知識があることで、一定のニーズを確保できる可能性があります。

新事業を考案する

別事業へのシフトチェンジではなく新事業を並行して行う方法であれば、リスクを減らしながら経営を立て直せる可能性があります。印刷業界の中で成長を見込めるとされる事業は以下のとおりです。

電子コンテンツ

徐々に取り組む印刷会社が増えてきているのは電子コンテンツ。印刷業界が低迷する原因ともなった電子書籍やデジタル広告事業へ参入する会社が増えてきているようです。印刷事業と融合し、データ管理やWebページの運営を手掛ける会社も。

エレクトロニクス

エレクトロニクス事業とは、半導体や液晶に関する開発や製造を指します。印刷事業を行っていく中で培われたコーティング技術などを活かし、独自の製品を生み出すことも可能なのです。これらの技術はまだ改良の余地が多く残されていることから、今後の伸び率が期待されている事業でもあります。

生活、産業

レトルト食品やチューブ製品、壁紙など、私達の生活に大きく関わる製品の製造を行っているのが「生活・産業事業」です。生活・産業事業は、大手印刷会社が市場の大半を占めているといわれています。コストや技術を工夫し、この市場に切り込むことができれば、厳しくなりつつある印刷業界でも生き残れる可能性が高まるでしょう。

印刷業界で今後求められる役割

ここでは、これからの印刷業界で求められる技術や役割について解説します。新規事業の開拓を試みている印刷会社が増えてきていることで、印刷業界で求められる仕事も多様化してきています。印刷業界の中で、今後需要が高まるとされている仕事は以下のとおりです。

マーケティングプランナー

マーケティングプランナーは、製品の促進のために有効な企画を提案する人。依頼を受けて印刷を行うだけでなく、取引先の商品の特徴やターゲット層を踏まえて、より利益を出せるようプランニングします。企画時点から製品に関わることで、継続依頼を受けやすくなるのも特徴です。

販売ソリューション

製品を取り扱っているスーパーやサロンに打診して、販売促進を行うことを販売ソリューションといいます。中には、販売ソリューションとマーケティングを一括で担って、トータルプランニングを行っている会社も。必要な工程や人員は増えますが、他社との差別化が図れる戦略でもあります。

編集プロダクション

編集プロダクションは基本的に出版社が担っていた仕事ですが、印刷会社が一括して請け負うパターンも増えてきているそう。書籍などの企画や編集、出版までを印刷会社で行います。

プリントショップ業務

取引先企業だけでなく、商店や個人からも受注を受けて印刷物を作成する「地域密着型サービス」も今後が期待されている事業です。低コストをアピールできれば、学生など若年層の需要も高まるでしょう。

このように、印刷業界全体で見ると売上や事業所数が減少しているものの、事業範囲を拡大することで危機を乗り越えている会社が増えてきています。技術力の向上や業務の多様化により、印刷業界の今後はさほど暗いものではないといえるでしょう。

印刷業界に向いている人の特徴

事業拡大が加速している印刷業界ですが、どのような人が向いているのか解説します。印刷業界の今後を知った上で、応募を迷っている方は自身の適性についても考えてみてください。

真面目で几帳面な人

真面目さが大切であることはどの業界でも同じですが、印刷業界はミリ単位のミスすら許されない世界です。クライアントが求める印刷物のクオリティを追求できるような人は、印刷業界に向いているでしょう。

物を作ることが好きな人

ものづくりが好きな人は、印刷業界で有意義な仕事ができるでしょう。すでに商品化されているものはもちろん、新たな製品の開発に携われることも。斬新なアイデアを提供できれば、経営の安定にも貢献できる可能性があります。

コツコツと努力ができる人

印刷業界ではアイデア力が求められる場面もありますが、基本的には地道な作業を繰り返す仕事です。コツコツと努力を積み重ねることができる人は、印刷業界で大いに活躍できるでしょう。

チャレンジ精神が旺盛な人

先述のとおり、印刷業界では新たな戦略を実行する企業が増えています。何事にも前向きにチャレンジできるようなアクティブな人は、印刷業界で重宝される人材となり得るでしょう。

◆志望動機は印刷業界の今後を踏まえて書くのがコツ
印刷業界を志望する方のために、志望動機のポイントをご紹介します。印刷業界の選考では、いかに今後を踏まえたアピールができるかが重要だとされています。効果的なアピール方法を知り、印刷業界への就職を成功させましょう。

印刷業界でなくてはいけない理由を話す

今後の経営状態が心配されている中、それでも印刷業界を志望した理由を具体的に伝えます。「印刷技術に感動したことがあり、同じ感動をほかの人にも届けたい」など、印刷物を通してやりたいことや叶えたいことについて話すとより効果的でしょう。

志望企業独自の強みに触れよう

業界を志望した理由について言及したら、次はその企業でなくてはいけない理由について伝えます。同業他社ではなく、その企業で働きたい理由を話しましょう。志望企業独自の技術や製品について話すことで、志望度の高さを理解してもらえるはずです。

採用するメリットをアピールする

自身を採用することで、どのようなメリットがあるのかもアピールすることが大切です。仕事に対する意欲も大切ですが、それだけでは会社側のメリットとしては弱め。自分の長所やスキルを活かし、どのように貢献するビジョンを持っているのか話しましょう。

「印刷業界の企業選びに迷っている」「印刷業界の選考を受けるときの注意点を知りたい」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、企業選びや書類の添削、面接対策などを行っている就職支援サービスです。
保有している求人はすべて取材を行った企業なので、社内の雰囲気なども具体的にお伝えできます。
カウンセリングを通して、あなたに合った求人を紹介するので、「適性が分からない」とお悩みの方も安心です。サービスは全て無料で提供していますので、お気軽にお問い合わせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?