新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「算用数字」と「漢数字」、履歴書で使うのはどっち?

「算用数字」と「漢数字」、履歴書で使うのはどっち?

公開日:

最終更新日:

「算用数字」と「漢数字」、履歴書で使うのはどっち?の画像

【このページのまとめ】

  • ・横書きの履歴書では、算用数字(アラビア文字)を使うのが一般的
  • ・固有名詞や慣用句、四字熟語などは漢数字のまま使うのが正解◎
  • ・パソコンで作成する履歴書の数字表記は、半角か全角どちらかに統一させよう
  • ・履歴書の最終チェックはプロの就活アドバイザーを頼るのが就活成功への近道

履歴書に数字を書くとき、算用数字がいいのか漢数字がいいのか…悩んだことはありませんか?
書類のタイプによっても異なる数字の書き方についてご紹介していきたいと思います。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書は算用数字と漢数字どちらを使う?

「123」という表記をする算用数字(アラビア数字)と、「一二三」と書く漢数字はどちらが適切なのでしょうか。
下記で詳しく見ていきましょう。

履歴書は横書き書類なので算用数字を使おう!

販売されている履歴書は横書きのものが多いのが一般的です。
書類の形式によって異なる数字の書き方ですが、横書きの履歴書には算用数字を用いるのが正しいと言われています。

固有名詞に入っている数字は漢数字でOK

学校名や地名などに漢数字が使われている場合はそのままの表記で問題ありません。
(例:私立第一高等学校、八戸、六本松、麻布十番など)

また、自己PRのときに用いることが多い四字熟語の漢数字も漢字表記でOKです。
(例:唯一無二、七転八起、一期一会、一言一句など)

数字が含まれる漢字はそのまま使ってもよい?

数字を含む漢字の例として、一生懸命、一時的、第一印象などが挙げられます。漢字の中に含まれる数字は漢数字で使うのが正解です。
横書きの書類で文章中に数字を含む熟語がある場合は、漢数字で記載しましょう。

年号を和暦(元号)にする場合の数字は何を使うのが正解?

学歴や職歴、生年月日、記入年月日を記載するときに、「和暦(昭和・平成)を使うときは数字も漢数字にした方がいいのかな」と気になったことはありませんか?

履歴書内では和暦か西暦か、どちらか一方に統一されていればOK…というのが一般的ですが、和暦を使用するからと言って、数字も漢数字を用いる必要はありません。
横タイプの書式であれば、年月日の表示は算用数字を用いるのが正解になります。

住所に含まれる数字も算用数字でOKです。しかし、ハイフン(1-28)を使うのは避け、丁目や番地などの漢字を用いて正式な住居表示を記載するのが望ましいでしょう。
(例:1丁目28番地3号)

履歴書を郵送するときの封筒の数字はどう書けばいい?

履歴書を入れる封筒は縦のものが多くみられます。縦の封筒を使うときのポイントは以下の通りです。

・郵便番号欄は横書きなので算用数字を使うのが正解◎
・住所を縦書きする場合は漢数字を使おう
・「0(ゼロ)」は「零」とは書かずに「○」を用いる

履歴書と封筒の住所の書き方が異なるため、その点に注意しながら作成しましょう。

パソコンで履歴書を作るときの数字は半角?全角?

一般的な決まりはありませんが、どちらか一方に統一することが重要です。
「2010」と「2011」といった文字表記が混在する履歴書はあまりよい印象を受けません。履歴書内で表記の違いが生じないように、同じ大きさの数字を使用しましょう。
英語表記も同様です。書類内では半角と全角のどちらかに統一させましょう。

採用担当者によっては、誤字・脱字や文字の半角・全角をチェックしている場合もあるようです。履歴書も立派なビジネス文書、と言われています。採用に大きく影響を及ぼす書類でもあるため、「自己チェックでは不安…」という人は、第三者に見てもらうことをオススメします。

履歴書チェックは就活支援のプロに頼もう!

誤字脱字や数字のチェックなどは身近な人に頼んでも発見できますが、正しい日本語の文章になっているか、ビジネス文書として間違ってる箇所はないかといったチェックはなかなか難しいものです。
そんなときに頼りになるのは、就活のプロとして活躍しているアドバイザーの存在。いくつもの就活支援に徹してきたアドバイザーだからこそ、経験と豊富な知識から最適なアドバイスをもらうことができます。履歴書の最終チェックをプロに託すことで、採用の確率がグッと上がる可能性も期待できるでしょう。

当ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが多数活躍中です。
「プロの人から履歴書をチェックしてもらいたい」「履歴書の基本的な書き方を知りたい」「どの程度の空白がOKなのかが判断できない」など、どんな相談にも対応いたします。履歴書以外にも、就活に関することであればどんなことでも対応可能です。お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ