面接当日の天気は雨!持って行く傘の種類やマナー・注意点は?

面接当日の天気は雨!持って行く傘の種類やマナー・注意点は?の画像

この記事のまとめ

  • 面接に持って行く傘に迷ったら、コンパクトに収納できる折り畳みタイプがおすすめ
  • 会場に入る前に傘の水気をよく切り、面接会場の床を汚さないように気をつけよう
  • 派手な模様やデザインの傘は避け、スーツとバランスのとれる色合いのものを選ぼう
  • 折り畳み傘を持ち歩き、急な雨で面接書類が濡れないように対策すると安心

面接に着ていくスーツや鞄には気を配るという人も、どんな傘を持って行くか深く考えたことはないかもしれません。このコラムでは、就活時に使用する傘の選び方や雨の日の気配りについて解説していきます。面接準備を万全にしたいという人は、ぜひコラムの内容をチェックしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接にふさわしい傘とは

基本的に、傘の種類で合否判断されることはありません。普段使用している傘を持っていきましょう。

傘を面接会場に持ち込むことは少ない

一般的に、ビルや会場の入り口に設置してある傘立てに置いたり、受付で預かってもらったりするため、面接では傘を会場に持ち込むことは少ないです。面接官が応募者の傘を目にする機会は少ないため、普段使いの傘でも問題ありません。

雨の状況に合わせて傘を選ぶ

土砂降りや強風ならしっかりしている長傘、小雨やにわか雨の予報なら折りたたみ傘と、天気予報や雨の状況に合わせて傘を選びましょう。

ビジネスシーンを意識した色合いの傘がベスト

冒頭で述べたように、面接に持っていく傘の種類にこれといった制約はありませんが、あまりにも派手な柄や目立つ色合いの傘はビジネスの場にふさわしくないため避けるべき。傘の色は深緑や紺色、黒など、スーツに合ったものを選びましょう
また、色は落ち着いていても、大きな柄やフリルのついたデザインの傘を面接の場に持っていくのは、あまりおすすめできません。スーツを着た自分の姿とバランスの取れるデザインを意識すると、面接官に違和感を持たれる心配はないでしょう。

ビニール傘は避けるべき?

面接に持っていく傘はビニール傘でも問題ありませんが、ビニール傘に対していいイメージを抱かない人がいるのも事実。降水確率が高いなど、雨が降ることが予想できるときは普通の傘を持っていくことをおすすめします。
また、ビニール傘は特徴に欠けるため、その日選考を受ける応募者が多いと傘の取り違えが起こる可能性も。自分の傘が分からない、自分の傘を間違えて持って帰られたなどで帰り道にスーツを濡らすと余計なクリーニング代がかかってしまうので、できれば自分の物とわかりやすい傘を使うと良いでしょう。

面接に行くときは折りたたみ傘を常備するのがおすすめ

面接に行くときは、必ずカバンに折りたたみ傘を入れておきましょう。天気の急変でスーツや書類が濡れてしまっては、相手に与える印象が下がってしまいます。
折りたたみ傘も派手すぎないものを選び、万が一に備えてタオルと一緒にジッパーバッグやビニール袋に入れてからカバンに入れておくのがおすすめ。晴雨兼用傘なら、夏場の日光や紫外線対策にもなります。

面接に傘を持っていくときは気遣いを忘れずに

面接に行くときに傘を使用したら、会場に持ち込むとき周囲を濡らさないよう配慮しましょう。使用した傘は濡れており、長さもあるため扱うときは気遣いを忘れずに。折りたたみ傘も、適当に畳んでカバンにしまうと書類を濡らしてしまうので注意してください。

建物に入る前に水気をよく切る

雨のなか面接に赴いたら、会場に入る前に傘をよく降って水滴を落としましょう。水気の多い状態で持ち歩くと、床を濡らしてしまいます。水気を切ったらベルトでまとめて広がらないよう配慮を。カバンやスーツが濡れていたら、同じタイミングで拭いておきます。

傘立て・傘袋を活用する

建物の入り口に傘立てや傘袋が用意されることも多いため、上手に活用しましょう。見当たらなければ受付や採用担当者に確認してください。企業によっては受付で預かってくれることもあるようです。

会場に持ち込む場合は鞄の横に寝かせる

面接会場まで傘を持ち込む場合は、傘袋を使用したりタオルで水滴を拭き取ったりして会場を汚さないようにしましょう。
また、面接時は傘は鞄の横に寝かせ、鞄と平行になるように置きます。椅子の背もたれに掛けたり、机に立てかけたりしないよう注意。床に置くときは持ち手を面接官側にしてください。傘の先端を人に向けることはマナー違反です。

持ち歩くときは床につけないよう配慮しよう

面接会場に入退室するとき、傘の先端が床につかないよう気をつけてください。コツコツと音が鳴ったり、荒っぽい印象を与えたりします。

折りたたみ傘をしまうときは書類が濡れないよう注意

折りたたみ傘の場合は、濡れた傘を入れるビニール袋や、水滴を拭くためのタオルを持って行くと良いでしょう。濡れた折りたたみ傘をそのままカバンに入れてしまうと、書類が濡れてしまいます。
書類を濡らさないように折りたたみ傘を入れる袋を用意し、さらに書類はクリアファイルに入れて持ち歩くのがベター。雨がひどいときはクリアファイルに入れて、さらにジッパーバッグに入れるなど濡れないよう対策を行いましょう。書類を面接に持参するときのマナーについては、「履歴書はクリアファイルに入れるのが常識?」「持参した履歴書は封筒に入れなくて良い?手渡しする際のマナーも解説!」のコラムでご確認いただけます。

面接で傘が必要な天気のときは事前準備を忘れずに

面接の日が雨の場合、交通機関が乱れる可能性もあるので早めに向かうのがおすすめ。濡れたときのために替えの靴下やストッキング、タオルを用意することも忘れないようにしましょう。

余裕を持って早めに向かう

雨の日は、予想していなかったトラブルに巻き込まれることも珍しくありません。天候によって交通機関に遅れが出たり、服が汚れてしまったりすることもあるでしょう。雨の日は時間に余裕を持って面接会場へ向かうと安心。トラブルに巻き込まれなかったとしても、早めに着くとゆっくり面接練習のおさらいができるというメリットもあります。不測の事態にでも十分対応できるような心構えが大切です。

カバンや靴には防水スプレーを

面接で使用するカバンや靴には防水スプレーをかけておきましょう。防水スプレーをかけておくと、雨が中まで染みにくくなります。汚れも取れやすくなるので、使用後のケアも簡単になるようです。

靴下やストッキングの替えを用意する

濡れた状態の靴下やストッキングで面接を受けても問題はありませんが、替えたほうが気持ちもスッキリします。カバンに予備の靴下・ストッキングとタオル、濡れたものを入れる袋を用意しておきましょう。

書類はクリアファイルに入れる

前述したように、書類が濡れてしまうと文字が滲んだりだらしない印象を与えてしまうため評価が下がります。折れや汚れを防ぐためにも、書類を持ち歩くときは必ずクリアファイルに入れてください。

面接前には身だしなみチェック

雨の日は湿気で髪の毛が広がったり、メイクが落ちやすくなったりします。スーツに汚れや水滴がついている可能性もあるため、面接前に必ず身だしなみを確認しましょう。
そのとき靴もチェック。ウエットティッシュなどで汚れを取っておくと好印象です。面接に履いていく靴の選び方で迷っているなら、「転職・就活面接にふさわしい男性靴と女性靴をご紹介!」のコラムをご覧ください。

タクシーを使うのも手

面接当日に雨が降っており、どうしても濡れたくない場合はタクシーを使うことも検討しましょう。電車やバスなどの公共交通機関と比べると割高になってしまいますが、面接に万全の体制で臨みたい方にはおすすめです。特に、どうしても入りたい企業の面接や、第一志望の企業に面接に行く際などに利用してみてください。
ただし、雨の日は車を使用する人も増えるため道が混みやすくなります。遅刻しないよう時間に余裕を持って行動し、どうしても遅刻してしまうときは「面接に遅刻…。マナーと誠意で挽回を!」のコラムを参考に対応してください。

面接時の持ち物、本当にそれで大丈夫?

今回のコラムのテーマは「傘」でしたが、ほかにも面接の際に持っていくと便利なアイテムや、当日のマナーを確認しておきましょう。
就職・転職支援のハタラクティブでは、面接の際に必要なマナーをはじめ、就活の基本から指導を行っています。ハタラクティブのサービス内容は、求人紹介や書類・面接対策、企業とのやり取りの代行など。若年層の就活に豊富な知識を持ったアドバイザーが在籍しているため、「フリーター経験しかなく正社員になれるか不安」といった方にも的確なアドバイスを提供できます。

ハタラクティブは未経験OKの求人を多数用意しているので、アルバイト経験しかない方や就活が初めてという方も安心してご利用いただけます。
「仕事を探したいけど、1人では不安・・・」
そんな方は、ハタラクティブに登録して初めの一歩を踏み出しましょう!

面接と傘に関するQ&A

最後に、面接と傘に関する疑問や質問をまとめました。面接に傘を持っていくべきかと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

面接時の傘の色にマナーや決まりはありますか?

面接時の傘の色に決まりはありませんが、黒か紺色が無難です。ほかの小物と同じく、スーツに合う色やデザインを選ぶのが基本。派手な色や柄は避けましょう。スーツに合わせる小物の選び方は、「面接で好印象を与えるスーツの選び方はコレ!」のコラムでご確認いただけます。

面接時に傘ではなくレインコートを着ていくのはダメですか?

就職面接でレインコートを着るのはあまりおすすめできません。レインコートはかさばりますし、室内で脱ぐと周りを濡らしてしまいかねないからです。傘で対応しきれないほどの暴風雨など、状況によっては使用しても問題ないですが、基本的には傘を使用しましょう。

面接へ行く途中に雨が降ってきたら?

面接に行く途中に雨が降ってきた場合、濡れた状態で訪問するのは避けたいためコンビニなどでビニール傘を購入しましょう。余裕があるなら普通の傘を購入しても問題ありません。急な雨にも対応できるよう、少しでも雨が降りそうな時は、折りたたみ傘を持って行くのがベスト。入念に準備を行い、面接に備えましょう。

面接で傘を置くときのマナーは?

カバンと並行になるように床に置いてください。また、先端を人に向けることはマナー違反なので持ち手側を面接官に向けて置くのがポイントです。 面接では、傘の置き方以外にも評価対象となるマナーが存在します。面接のマナーに自信がなければ、ハタラクティブまでご相談ください。就活サポートに長けた専任アドバイザーが、受かる面接マナーについてお伝えいたします。

この記事に関連するタグ