面接の基本ルールとは?

面接でキャリアプランを聞かれた際はどう答えますか?

企業の方向性に合わせた具体的な内容を盛り込み、志望度の高さをアピールしましょう。 企業側は応募者の意欲や志望度、企業とのマッチ度合いなどを知るために、キャリアプランについて質問します。そのため、企業研究を徹底して行い、その企業でしか達成できないようなキャリアプランを答えましょう。また、5年後・10年後のキャリアプランを説明するだけではなく、企業の方向性と合致した回答ができるかがポイントです。面接の前に、今一度今後の自身の目標・キャリアプランについて考えてみましょう。キャリアプランの伝え方は「キャリアプランを作成する際の3つの考え方」をご覧ください。

企業から逆質問された際は何を聞けばいいですか?

企業への逆質問は、入社への意欲や志望度を感じさせる内容にしましょう。 相手の立場や役職にふさわしい質問がベストです。もし面接中に質問の内容が解決してしまった場合は「特にありません」と言わず、「説明いただいた内容で解決しました」など、一言付け加えるようにしましょう。また、待遇や休暇に関する質問は、仕事の意欲を疑われるリスクがあるので注意です。調べればすぐに分かる内容は控えましょう。詳しくは「面接中の『質問はありますか?』返答ハウツーまとめ」をご参考にしてください。

同時に複数の面接を受けることはできますか?

面接に必要な紹介状は、同時に複数枚を発行することが可能です。 枚数の上限はハローワークによって異なり、一度に3枚までのところもあれば、上限がないところもあるようです。自分が通うハローワークに確認しておきましょう。紹介状については「ハローワークの紹介状の役割は?受けとった後の注意点」で詳しく触れていますので、ぜひ参考にしてください。

内定が出たらハローワークへの報告が必要ですか?

内定をもらったら報告しましょう。 失業手当を受給している場合は、必ず報告して手続きををする必要があります。また、条件を満たせば就職祝い金や就業手当が受け取れますので、ぜひ「就職祝い金をハローワークで受け取る方法」もご一読ください。

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事