中卒の履歴書対策とは?

自分が中卒であることを正直に書くべきですか?

学歴詐称は犯罪。あらゆるリスクをはらんでいます。 必要書類の提出義務や会社の調査などで、詐称の事実は簡単に判明します。小細工はせず、学歴は正しく簡潔に事実を記載しましょう。もし学歴詐称が明るみになれば、内定が取り消しになったり、企業側に訴えられたりしてしまうこともあります。

中卒であることに引け目を感じ、自信が持てません…。

最初から諦めず、「中身で勝負」しましょう! 履歴書は、「あなた」のすべてを紙と文字で表している大切な書類です。人が初対面で外見を確認するのと同じく、履歴書でもまずは丁寧な筆跡などの「外見」をチェックされます。 次に学歴や肩書きなどの「社会的身分」、そして最後に志望動機・自己PRなどの「内面」にたどり着きます。中卒の就活では、外見をクリアしたうえで、何としてでも「内面」まで採用担当者に踏み込んでもらう必要があります。 そのため、学歴とは関係なく「一緒に仕事をしてみたい」「会ってみたい」と思わせるアピールが大切になります。言い換えれば、履歴書を工夫すれば、中卒の方でも「中身」で勝負ができるわけです。 詳しくは、このコラムの「中身で勝負!」を今一度チェックしてみてください。

中卒が面接で好印象を与えるためのコツを教えてください。

面接は第一印象が肝心。服装と身なり、挨拶や言葉遣いを気をつけましょう。 中卒からの就活では、どうしても学歴が不利となることが多いからこそ、「自分」という人材を直接アピールする面接での印象はとても大切です。第一印象で好印象を与えるため、服装や身だしなみには気を使い、正しい言葉遣いを心がけます。また、自信を持つことも大切です。中卒だからと引け目を感じて萎縮せず、堂々と受け答えをしましょう。自信を持って面接に臨めば、中卒だったとしても「適応力のある人材」と高い評価を得ることは可能です。「第一印象」と「自信に満ちた受け答え」で好印象を狙いましょう。詳しくは「中卒からの就活、面接のコツ」をご参考にしてください。

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事