高卒の就職活動とは?

高卒だと就職には不利ですか?

高卒だからといって就職に不利とは限りません。
ハローワークでは、若年層に向けた就職支援サービスを受けることができます。もちろん高卒者も受けることができるので、活用してみるのも良いでしょう。このコラム「わかものハローワークのサービスとは?」では、若年層向けの就職支援の内容を詳しく紹介しているので、一度目を通してみることをおすすめします。

高卒者を歓迎している企業がなかった場合は?

ハローワークで希望に合った求人がなかった場合は、就職エージェントの活用がおすすめです。
就活をより効率良く進められるでしょう。ハタラクティブなら就活アドバイザーがあなたに合った仕事を紹介してくれます。高卒者を歓迎している企業も多数あるので、まずはお気軽にご相談ください。

高卒の第二新卒とは?

高校を卒業したあとに新卒で就職をした仕事先を3年以内に離職し、転職活動をしている人を指します。
「第二新卒」とは、一般的に学校を卒業した後、就職をしたものの3年以内に離職をし、転職活動をしている人です。 よく比べられる「既卒者」とは、就職経験の有無が大きな違いでしょう。既卒は、主に内定がないまま卒業し、フリーターなど正社員ではない雇用形態で働く人を指します。ただし、「第二新卒」には「卒業後何年以内」という厳密な基準はなく、採用条件は企業により異なるので注意しましょう。

第二新卒で公務員を目指せる?

目指せます。
4年制大学の第二新卒であれば、国税専門官や地方上級公務員、教師など、幅広い選択肢があります。 公務員試験は、論文や面接の自己PRが重視される「社会人採用枠」での応募をおすすめします。第二新卒は、フリーター、高卒、大学中退の正社員より職歴をPRしやすいため、公務員就職に有利といえるでしょう。詳細は「第二新卒から公務員になれる?種類や採用試験について解説」をご確認ください。

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事