転職時の書類郵送…送付状は必要?

転職時の書類郵送…送付状は必要?の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職時には、送付状を同封することでビジネスマナーが身についていることをアピールできる
    ・送付状があることで、志望度の高さや丁寧さを印象づけられる可能性もある
    ・内容に決まりはないが、宛先や自分の連絡先、頭語と結語などを正しく記載しよう

応募先の企業に履歴書を送る時、「送付状」を同封するべきか、内容はどうすれば良いのか悩んでいませんか?
こちらのコラムでは、送付状が人事に与える印象や送付状の書き方などを説明しています。転職時の書類郵送でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

◆転職時の書類郵送に送付状は必要?

まずは、送付状とはどのようなものかを学んでいきましょう。

送付状は、応募先の企業に履歴書や職務経歴書を送る際、同封する書類のことです。添え状やカバーレターとも呼ばれます。
郵送時に封筒の中身が何かを記載しておくものなので、履歴書を持参して手渡しする場合には必要はありません。

送付状の有無で合否が決まることはなく、書類選考に影響する可能性は高くありません。しかし、転職時には送付状を同封することでビジネスマナーが身についていることのアピールになるでしょう。
また、採用担当者に「志望度の高さ」や「丁寧さ」といったプラスの印象を与えられる可能性もあります。

◆送付状の内容

基本的に送付状のフォーマットに決まりはなく、書く内容も自由です。手書きでもパソコン作成どちらでもかまいません。
内容量は、A4用紙1枚程度で簡潔にまとめましょう。
送付状に記載しておくと良い内容を、下記に挙げてみました。

・日付
書類を作成した日付ではなく、ポスト投函日を記載します。履歴書、職務経歴書と日付を合わせましょう。

・宛先
書類を送付する先の会社名や部署名、担当者名を記載します。担当者が分からない場合は、部署名の後に「採用ご担当者様」と記載しましょう。

・自分の連絡先
郵便番号、住所、電話番号、名前を記載します。電話番号は連絡のつきやすいものにしましょう。

・頭語と結語
必ず頭語と結語を使いましょう。難しく感じますが、頭語と結語はセットで使うので、「拝啓」「敬具」と記せば問題ありません。

・時候の挨拶
前文の挨拶として、季節に合った時候の挨拶を記載しましょう。

・同封書類の種類と枚数
箇条書きで、同封書類の名称と枚数を記載します。

これら以外にも、最後に「面接の機会をいただけますと幸いです」という挨拶を加えても良いでしょう。
自己アピールを記載する場合は、あまり長くならないよう簡潔にまとめることがポイントです。




◆送付状の作成例

送付状の書き方を学びましたが、ここでは作成例をご紹介します。

○年○月○日
株式会社△△
人事部 採用ご担当者様
             〒自分の住所 東京都渋谷区□□□□ □-□-□
              連絡先 090-□□□□-□□□□
              名前 △△ △△

      応募書類の送付について

拝啓 ○○の候、貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

この度、貴社求人に応募させていただきました、△△△△と申します。

つきましては、下記の通り応募書類を2点同封しております。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご査収ならびにご検討のほど、宜しくお願い申し上げます。

                                  敬具

          記

      ・履歴書 1枚
      ・職務経歴書 全2枚

                                  以上
          

転職時の書類郵送における送付状の内容や書き方について説明しましたが、いかがだったでしょうか?
企業によっては書類の郵送を求められることがありますが、面接前後の企業とのやり取りは悩むところでしょう。
そのような方には、転職エージェントの活用がおすすめです!
ハタラクティブは、プロのアドバイザーが企業選びや書類作成、面接対策など幅広くサポート。
効率的な転職活動を目指す方は、ぜひご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION