面接でどもるのをどうにかしたい…緊張を和らげる方法

面接でどもるのをどうにかしたい…緊張を和らげる方法の画像

この記事のまとめ

  • 緊張から面接で言葉につまったりどもったりすることもあるが、面接官は気にしていないケースが多数
  • 事前に考えられる質問の回答を考えておく、よく使うフレーズを練習する、面接マナーを確認するなど事前準備を行うのがおすすめ
  • 当日は時間に余裕を持って行動する、早口を避けて適切なスピードで話すことを意識する
  • 吃音を気にしすぎるとかえって上手く話せなくなる可能性が高いので、肩の力を抜いて面接に挑んでみよう
書類選考を通過して面接に挑んだとき、緊張から回答に詰まったり、どもったりすることもあると思います。
一度言葉に詰まってしまうと焦ってしまい、面接で十分に自分をアピールできなくなる可能性もありますが、緊張を和らげるにはどうしたら良いのでしょうか。
当コラムは、事前準備や当日のポイントなど面接に関する内容。選考を控えている方は参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接は誰でも緊張するもの!

面接で緊張するのが悩み…という方も多く、中には緊張から言葉に詰まったり、どもったりする人もいるでしょう。
しかし、面接は採用を決定する重要な機会。
そのため、年齢や性別、経験などに関わらず、どんな人でも緊張するものです。

さらに、どもりなどが面接に影響すると考える求職者もいるようですが、その限りではありません。
面接官は内容が聞き取れていれば多少のどもりは気にしないケースが多数。
言葉に詰まってしまうことを心配しすぎると、必要以上にどもりが出てしまう可能性があるため、適度に肩の力を抜いて面接に挑むのがポイントです。
そのためには、模擬面接などで練習を重ねて面接の空気に慣れるのがおすすめ。
練習することで自信がつき、本番での緊張が和らぐでしょう。

面接前に準備すること

面接の本番で緊張しないためには、事前準備を行うのが大切です。
効果が期待できるものを以下にまとめたので、参考にしてください。

まず、予想される質問に対する回答を準備しておくこと。
志望動機や自己紹介、前職の退職理由など考えられる質問に対する答えを準備しておくことで、当日に質問をされても焦ることなく回答できるでしょう。
また、「よろしくお願いいたします」「失礼いたします」といったよく使うフレーズを繰り返し練習するのもポイント。
緊張したり焦ったりすると早口になりやすいため、自分のペースで丁寧に話すことを意識するのも大切です。

さらに、面接中のマナーや立ち居振る舞いを覚えておくのも効果的。
事前にノックの回数や受付の対応、ドアの閉め方といったマナーを確認しておくことで、当日は焦ることなく面接に挑めるでしょう。

面接当日のポイント

前項では事前準備を紹介しましたが、当日のポイントにはなにがあるのでしょうか。

これまで時間ギリギリに会場に到着していたという方は、時間に余裕を持った行動を心がけます。
面接の前に履歴書を読み返したり用意した回答を確認したりすることで、緊張が和らぐ効果が期待できるでしょう。

小さな声は頼りない印象を与えてしまうため、どもっても気にせず適度な大きさの声で話すのも大切。
吃音があると「早く話し終えたい…」と考えることから早口になったり下を向いてしまったりするケースも見受けられるので、姿勢を正して前を向く、適切なスピードで丁寧に話すといった点にも気を配ります。

また、質問を受けたら会話を自分のペースにするため、「はい」と一度返事をしてから回答するのもおすすめです。
「どもってはいけない」と考えるのではなく、多少言葉に詰まったとしても積極性をアピールする姿勢を示しましょう。

模擬面接の相手を探している…という方は、就職エージェントのハタラクティブまでご相談ください。
ハタラクティブでは、就職や転職を希望する方を包括的にサポート。
就職カウンセリングや適性に合わせた業界・企業紹介のほか、提出書類の添削や面接練習なども実施しています。
採用担当者の目線からアドバイスを行うので、自分では気づけない改善点を発見することも可能です。
面接でしっかり自分をアピールできない、志望動機が固まらないなど、就職に関するお悩みならなんでもご相談ください。

関連タグ