退職のタイミングとは?

退職する際に気をつけるべきマナーはありますか?

退職を決意したら、退職予定日の1ヶ月~3ヶ月前に直属の上司へ相談するのがマナーです。相談するときは、会社に対する不平不満を退職理由に述べるのは避けましょう。詳しいマナーについては、「転職前にまずチェック!上司に相談する際のマナーとは?」でもご確認いただけます。

直属の上司へ伝えづらい場合はどうしたら良いですか?

伝えづらい場合でも、直属の上司に報告するのが退職マナーです。言いづらい理由にもよりますが、引き止めに合いそうで言えないという場合は、先に転職先を見つけておくと良いでしょう。退職の相談は言いにくいものと割り切り、冷静に対処することが大切です。退職相談のポイントは、「退職を言いづらい…という人にオススメの方法を大公開!」でもチェックできます。

会社を辞めるときの流れを教えて下さい。

退職するときは、退職予定日の1ヶ月~3ヶ月前に直属の上司へ相談するためのアポを取りましょう。相談日になったら上司へ退職する旨を伝えます。承諾を得たら「退職願」を提出してください。その後は退職日まで、引き継ぎや社内外へのあいさつなどしながら身辺を整理しましょう。
詳しい退職の流れが知りたい方は、「会社の辞め方や手順を解説!退職する際の注意点や理由例も紹介します」をご覧ください。

円満退職するにはどうしたら良いですか?

円満退職のポイントは、退職するタイミングに気をつけることです。繁忙期や重要なプロジェクト中は、上司の時間が合わなかったり、引き継ぎの時間を確保しにくかったりすることがあります。伝え方や引き継ぎが不十分だとトラブルの要因になる恐れがあるので、見極めることが大切です。そのほか、円満退職のコツは「【円満退職するために】相談の仕方やタイミングまとめ」を参考にしてみてください。

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事